最近のトラックバック

2015年9月11日 (金)

あの丼選手権レシピをコンテストにw

2011年11月にこちらの広場の仲間内で行われた丼選手権。私はふざけた「くぱぁ丼」で出場して笑いを取ったのですがw(その様子はコチラ)、この度、私めは、なんとあのくぱぁ丼を!!思うところあって、巨大レシピサイトのクッ○パッドの丼レシピコンテストに応募してしまおうととち狂った思い立ったのであります(笑)。(副賞1万円の文字に目がくらんだだけなのですがね!!)

・・・レシピの生い立ちには書けませんが、当時のちよ呑になんか降りてきたのよね・・・。このひらめきをずっと何かに活かしたいと思っていたので、今回のレシピコンテストは渡りに船!ええい、やってしまえ~!!

一般的な天津丼は、たいてい醤油色した甘酢あんがかかっています。新たに作って写真を撮らねばなりませぬ(さすがにくぱぁ丼そのままは出品しませんw)。それに今回は新作レシピのコンテスト。たまごの部分のアイディアを活用し、新たにあん部分を考えて新作としてUPしようじゃありませんか。

いざ勝負dash

前回は思いつきで作りましたが、今回はレシピ確立のために全て計量して見直します。

20150908_01今回もこちらの材料を使用します。

卵2個、ネギ1/4本、そしてたまごスープのもと1個。

201520111101_012011年11月の写真も使えるところは使ってやりますw

まず、たまごスープの素に袋の表示どおりにお湯を160cc注いでたまごスープを作ります。

20150908_02出来たスープの写真は時を超えて2015年9月のもの。

20150908_03前回同様、ざるや茶漉しなどを使い、これをスープと具に分けます。スープはだいたい120ccほどになりました。

20150908_04卵2個を割りほぐし、斜め薄切りにしたネギと、分けた具を入れ、塩1つまみ、コショウ少々で味をつけ混ぜます。

20150909_02スープの方を使い甘酢あんを作ります。選手権のときは塩あんでしたが、今回は甘辛い甘酢あんです。小鍋に入れ、醤油小さじ1、砂糖小さじ1、酢小さじ1、オイスターソース小さじ1を入れて沸かします。沸いたら一旦火を止め、用意しておいた水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1と1/2+同量の水)を入れてよく混ぜ、再び火をつけ弱火で透明になるまで軽く火を通します。

レシピを簡単にしようとして、初日は酢醤油の代わりにポン酢大さじ1にしたのですが、使ったポン酢が実に果実味豊かな(ゆずやら蜜柑やら入ってました)かけぽんで、フルーティーなあんになってしまい、卵との相性が悪く、2日目はやめました。普通の味ポンならいいのか、まだ迷っているところであります。どっちも書いておいてあとで見直そうっと。

20150908_05小さいフライパンを強火にかけ、ごま油大さじ1/2を熱し、卵液を流しいれます。すぐには混ぜず、固まり始めたら大きく混ぜ、表面が軽く固まったら半熟状のまま裏返します。(ああ写真が手振れでピンボケだ~~が、これしかない・・・)

20150908_06裏返してもう片方も少し焼きますが、実はまたしても初日に焼きすぎてしまい、2日続けて同じものを作ることになりました。4年前と全く一緒ですw 焼きすぎたら美味しくないって書いていたのに、やってしまいました。これは初日の写真。けど、載せてやりますw 卵料理はスピード勝負なのであんまり撮っているヒマはないのです。ちなみに甘酢あんの写真は2日目のものだったりします。1日目のはピンボケでした。4年前の写真もですが、初日と2日目の写真も混在しています(笑)。

20150908_07で、レシピの続き。

あらかじめ丼によそっておいたご飯の上に、焼けた卵を滑らせ、上からあんを掛け、青味の野菜(青ネギやグリーンピース等)を飾ったら出来上がり。

写真を撮りながらだと、焦ってしまってほんとに大変。

20150908_10本当はもうちょっと卵がとろーんとしていてほしかったのですが、こっちの写真の方がいいので使っちゃいます(笑)。ややピントが甘いんですが・・・。

20150909_052日目の写真。卵はトロトロでしたが・・・実はひっくり返すときに失敗してしまい、一部(向こう側)が崩れました(笑)。あんで誤魔化しておりますが、ネギも青ネギじゃなくて軟白ネギの青い部分だし、オイスターソースが足りなかった分、醤油をちょっと入れすぎたりで、この写真はボツにしました。色もちょっと濃いでしょ。ちーっとしょっぱかったbearing (レシピは修正しました!)

20150909_06ここにはボツ写真も記念で載せておきますhappy01 ごはんはこっちの方が美味しそうなのに、残念。

20150909_01卵液の写真もこちらは2日目のもの。初日の写真はネギしか見えなかったので、撮り直しました。しかしネギの白い部分ばかりなので、焼いている写真とちょっと違うので、こちらもボツ。。。

20150909_03じゃあ、焼いている写真も2日目にすればいいじゃん!と思ったら、なんだか初日の方が美味しそうだったりします(角度かなあ?)。難しーっ。まあ、大して変わらないので、誰も気が付かないとは思うのですが。ま、こちらに記念掲載^^

そしてそして!

調べたら関西は甘酢あんじゃなくて、塩あんだって言うじゃないですか!!甘酸っぱくないんだって。

私め、知らず知らずのうちに、くぱぁ丼に塩あんを使っていたのです♡

というわけで、こっちの写真も使っちゃうことにしました!(ちょっとレタッチしました)

201520111101_02なつかしの・・・。まあ、まじめに作ったお料理ですから、許可してくださいな♡ 作り直す気力はなかったのです・・・。(締め切りがあるから!)

ちよ呑らしいでしょ?(笑)

◆まとめ◆

■簡単☆即席!天津丼■

たまごスープの素を使って、ふわふわトロトロの天津丼が簡単に作れちゃいます。具はスープに入っているので、用意する必要なし!追加する具はネギのほかにキノコなどを入れてもいいし、何もなくてもいいです!(よく加熱したい食材はあらかじめ炒めるか、レンジでチンしてください)

○材料(1人分)
・ご飯 茶碗1杯分強
・卵 2個
・ネギ 1/4本
・たまごスープの素 1個
・塩 ひとつまみ
・こしょう 少々
・ごま油 大さじ1/2
・青ネギなど青味の野菜 少々

甘酢あん
・醤油 小さじ1
・酢 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・オイスターソース 小さじ1
・片栗粉 小さじ1と1/2(同量の水で溶く)
※醤油と酢の代わりに味ぽんを入れるときは 大さじ1

塩あんの場合
・塩 小さじ1/4
・酒 小さじ1
・薄口醤油 少々
・みりん 少々(なくても可)
・片栗粉 小さじ1と1/2(同量の水で溶く)

で、無事に投稿&コンテストに応募。はたして、評価やいかに。(3名の受賞者以外個別に評価は来ませんw)

Cpicon たまごスープが天津丼に変身!? by 呑(どん)

↑伏せておきながら掲載する私w (あとでレシピ名変えました)

2015年4月25日 (土)

熊本のデコポンに夢中♪

旬も終わりかけかもしれませんが、滑り込みの記事!(いつもか・・・)

昨年友達に教えてもらってから、熊本産のデコポン(不知火)に夢中なんです。lovely 私も友達も色々試してみた結果、やっぱり熊本産が一番美味しい!ってことになったのでした。

いろんな種類の夏みかんが出てますけど、デコポンは特に甘くて濃厚!

※デコポンという名称はJA熊本の登録商標らしく、一般には不知火(しらぬい)とか、デコみかんとか言うそうです。清美オレンジとポンカンを掛け合わせて作った品種なのだそう。

去年あるお店で1個だけ試しに買ってみたのがすこぶる美味しくて、今年も同じお店で探して見たのですが、3月中旬は未入荷でした。他の農園のものはあったので買ってみたのですが、ちょっと酸味がありました。これは去年の味じゃない。やっぱり同じ農園じゃないとダメなのかな?・・・で、入荷まで少し待ったら買えました!こ、これなのーー!!この味なのーーーー!!

20150419_01

あるお店とは、九州のアンテナショップ。沖縄のものもあるので、ゴーヤーなんかも一緒に売ってます。

この写真は2回目に買ったもの。最初に見つけて買ったのは4月頭でした。3月下旬には入荷すると言われていたけれど、すぐに行けなかったので。

1個220円です。

20150419_02そう、中村農園さんのじゃないとダメなの!heart04

4月頭に買ったのは1個だけなんですが(貧乏なので・・・coldsweats01)、ネットで調べて、気合を入れて選びました!

色が濃くて!重くて!表面のつぶつぶが滑らかで細かいもの! デコはあってもなくてもいいけど、樹勢が強いときに出やすい・・・つまり栄養いっぱいってこと!?と思って、デコ付きのを選びました。

これがまた、すこぶる美味しかったの!(写真はありません^^;)

剥いているうちからいいニオイ!甘いのはもちろんのこと、中のつぶは滑らかで絹のよう!なんて優しい舌触り!そして味が本当に濃厚!アミノ酸が多いのかな?このコクは他の夏みかんにはないんじゃないかな!!

人生で食べた蜜柑の中で一番美味しい!!!!happy02 素直にそう思いました。

あまりに美味しかったので、しばらくぼーっとしてしまいました。・・・当然もっと食べたくなります。1個を家族3人で食べたし^^;

4月中旬、リトライ。

20150419_03あらら、なくなった?↑この紙には露地物の出荷は4月~6月って書いてますよ~。と思ったら端っこにあるのを発掘。

売れ残りでちょっと安く、1個220円→180円になっておりました(私が最初に買った時の残りのもよう)。5個くらいあったうちで、なるべく色の濃くて重いものを3個選び出して買って来たのがこの写真のものです。でも前回より、ちょっと色も薄くて軽かったです。それでもスーパーで買うものより美味しいはず!ちょっとお安くてお得なはず!?

20150419_04デコポンは外の皮もそれほど厚くなく、内袋も薄くて、本当はそのまま食べられます。温州みかんのような感じ。タネもほとんどなくて、たまに1個くらいあるかな、ってところ。

でもねー、うちの家族は剥いてあげないと食べないの!

まずはデコなしから・・・1房ずつに分けてから、包丁を使って丁寧に薄皮を取り除くこと20分。

20150419_05綺麗に剥けました!(つまみ食いされそうなのを写真を撮るから!と阻止)

20150419_06どう?ジューシーそうでしょ!!じゅるる!!本当は、1回目に買った時の方が若干色が濃いんですけどね。

20150419_07日持ちしなさそう、というか味が落ちたらもったいないので、3個ともすぐに頂いたのですが、写真手前のデコありが一番甘かったです。固体差ありますね。

残念ながら、最初に食べたものに比べたら若干の酸味はありましたが、でもやっぱりここのは味が濃くて、コクがあるのでした。

お気づきでしょうか?中に入っていた紙にURLが書いてあるのを。そうウェブサイトがあるのです。そして、なんとネット通販をしているじゃないですか!→コチラにリンク貼らせてくださいね!

あんまり美味しいので、熊本の中村農園さんからネット通販で直接買おうかなとも思ったのですが、熊本→北海道までの送料が・・・!shock1450円かあ・・・。2箱買えば送料無料だけど、そんなに消費しきれないし・・・。

20150419_08

というわけで、4月中旬に追加を買いに行ったら、残りがお安くなっていたという事の次第でした。

お近くの方は、一度お試しくださいませね!アンテナショップにないかな?

2015年3月12日 (木)

伊予柑マーマレードin2015

またも間が空いて、しかも昨年末のクリスマス市の(ショボイ)写真掲載が遅れたまま、先に次の記事でごめんなさい(1人いつまでもお待たせしてる方がいるのに・・・)。

訳あって、先にこちらを載せちゃいます。

2月頭には届いていた伊予柑。なんだかんだでや~~~~っと3月6日~7日にかけて、伊予柑マーマレードを作りました。

20150311_01

7日(土)には、毎年物々交換している方とお会いする予定がありました。相変わらず締め切りがないと動かないちよ呑。しかしこの機会で作ることが出来ました。

最近、写真を撮るのが億劫で億劫でたまらなかったので、写真撮影の事を一切考えずに、いきなり作ることに決めました。なので、製作過程の写真はありません。作り方や作業手順は昨年と同じです^^ 去年の様子はコチラ

レシピはクックパッドにも載せてあります。有難いことに、つくれぽ(作りましたフォトレポート)が5件寄せられました。恐れ多い!

Cpicon いよかんマーマレード by 呑(どん)

***

今回も、いつもの愛媛県産EM栽培無農薬伊予柑で、6個強使い(半個分くらい食べました^^)、果皮は3個分、茹でた果皮と果肉の合計は1210gで、加熱時間はおよそ55分でした。瓶6本+味見分少々が出来ました。2本嫁に行き、1本は食べかけなので、写真は残った3本です。

砂糖の量は35~40%くらいを考えていたのですが、先日母がカステラを作った残りのグラニュー糖を量っていたら、ちょうど33%の重さ分だったので、新しいのの封を切るのも面倒ということで、その分量で作りました。

でもね~、今年の伊予柑はちょっと酸っぱい気がします。届いてから今までに何個か剥いて食べましたが、去年の方が甘くて味も濃くて美味しかったかも。このマーマレードもヨーグルトに入れるにはちょっと物足りない。40%にしておけばよかったかもです。去年は40%で作って甘いと思ったのよね。農産物は毎年味が違いますよね(これも楽しみの1つですが)。

まだ残ってるので、また作ろうかな~。(ちょっとしなびてるけどね笑)

20150311_03

伊予柑マーマレードは、作らなくて後悔することはあっても、作って後悔することはありません。やっぱり香りがいいです。そして家の中も翌日までいいニオイ!

写真を撮らないでサクサク作業していたら、初日の作業時間は3時間(掃除込み^^)、2日目は1時間ちょいでした。やっぱり早いわ。

***

そうそう、クッ○パッドといえば!1月下旬に連絡が来まして、当レシピをmovie動画化して公開したい(sign01)ということで承諾のお願いがありました。私は快諾しつつも、このマーマレードは時間も手間もかかって大変ですよ、他にもっと簡単で電子レンジでも作れるレシピがいくつも載ってますよ~とお返事しました。お話は・・・流れたようですcoldsweats01 実際に作ってみてボツになったのか、作る前にボツになったのかは分かりませんが、決定のお知らせも、動画集に他のマーマレードもありませんcoldsweats01 スタッフさんにピックアップされるレシピは、簡単・手軽な物のが多い印象がありますが、動画はたまに4分超えの本格的なチョコレートケーキなんかもあったりするので、私は余計な事を進言してしまったのかもしれませんcoldsweats01 ・・・ま、いいや。

2015年2月 4日 (水)

恵方ロールちゃん2015その2

先日から節分ロールちゃんを食べたい食べたいと言っていたら、昨日、恵方巻き(本物の巻き寿司の方w)を買いに行った家族が買って来てくれましたhappy01 down

20150203_01

節分仕様クロールちゃん無事捕獲!!

20150203_02

双子の兄弟のお兄さんの方!先日のシロールちゃんは妹です。

20150203_03こちらも丸かぶりはせず、いつも通りに食べやすく切ってしまいました。最近チョコの方が好きなのですが、シロールちゃんの笛食いパッケージの方が先に欲しかったので、この順になったのでした。

夕方私も同じスーパーに行ったのですが、もう1本も残っていませんでした。

節分で宣伝して、以後定番として置いておいてくれればいいのに~。結構知らない人多いんですよ。

【(ロールちゃんの)過去の関連記事】
好きすぎて(2011.11.05) ←秋の収穫祭、ダブルチーズ
今月のロ――ルちゃん(2012.1.14)←いちご
じーじロールちゃん捕獲。(2012.3.12)←抹茶&小倉
シロールちゃんも食べてみたけど(2012.4.11)←ホイップクリーム
ティラミスロールちゃん捕獲。(2012.05.03)←ティラミス
カルピスロールちゃん捕獲(2012.7.25)←白いクリーム
おいもロールちゃん捕獲(2012.9.18)←2色のおいも
牛ロールちゃん再び捕獲(2012.11.10)←濃厚ミルククリーム
水玉模様のいちごロールちゃん捕獲(2013.1.16)←いちご
えほークロールちゃん捕獲(2013.2.3)←チョコクリーム
じーじロールちゃん再び捕獲。(2013.3.10)←抹茶&小倉
チョコバナナロールちゃん(2013.6.3)←チョコバナナ
レアチーズロールちゃん(7~8月)(2013.9.2)←レアチーズ
ロールちゃん秋の収穫祭ふたたび(2013.9.25)←秋の収穫祭
ティラミスロールちゃん再び(11~12月)(2013.11.5)←ティラミス
今年も水玉いちごロールちゃん (2014.1.16)←いちご
じーじロールちゃんみっけ!(2014.3.5)←抹茶&小倉
トロピカルロールちゃん捕獲(2014.6.9)←トロピカルフルーツ
おいもロールちゃんやっと捕獲(2014.10.25)←スイートポテト
恵方ロールちゃん2015げっと(2015.2.2)←ホイップクリーム

2015年2月 2日 (月)

恵方ロールちゃん2015げっと

クリスマス市の記事もまだだというのに、こちらも早く載せないと節分が終わるということで、とりあえずこちらを先に書きますー。(kたんごめんよ~sweat01

20150130_01

恵方巻き便乗、恵方ロールちゃんw しかも食べかけcoldsweats01

ロールちゃんが撤退してしまい、すっかり姿を見なくなった行きつけのスーパーで発見して捕獲。去年も節分前に、恵方巻き関連商品として3種類出ておりましたが、今年はシロールとクロールのみですweep 期間限定品や地域限定品は今は出ていないのです・・・crying

去年はいちごロールちゃんも売ってたのに・・・weep → 今年も水玉いちごロールちゃん

20150130_02

節分限定パッケージとして、今年の恵方付きhappy01 笛食い・・・・・・1本500キロカロリー超えのロールちゃんを、1人で丸かぶりは・・・しないよ・・・sweat01

20150130_03

定番商品で、いつもの味でした。多分3日までしか置いてないのだろうし、その後も入荷しないだろうから、クロールちゃんも捕獲したいです。…出来るかなあ(雪の降り方次第!)

ロールちゃんとは関係ないですが、ついでに、こちらののむヨーグルトも。down

20150130_04

最近、余市産のリンゴとかブドウを使ったお菓子などの商品に、マッサンロゴが付くようになりました。

20150130_05s

ニッカウヰスキー余市蒸留所も工場見学が大盛況というし、朝ドラ効果すごいですね。大行列で見学しているニュース映像を何度も見ております。

あの工場見学は、2種類のウィスキーを無料で試飲できるのがウリですが、仕込みから熟成まで10年かかるというし、10年前にこの大人数を見越して増産していたとも思えず、ちょっと心配になったりもしてます。賑わって景気が良くなってくれるのは大いに嬉しいニュースですけどね~。

ちなみにヨーグルトは江別の小林牧場のもので、中にぶどうゼリーのクラッシュしたものが入っています。果汁6%だそうですが、結構果実感あります。姉妹品にリンゴappleもあります。

【(ロールちゃんの)過去の関連記事】
好きすぎて(2011.11.05) ←秋の収穫祭、ダブルチーズ
今月のロ――ルちゃん(2012.1.14)←いちご
じーじロールちゃん捕獲。(2012.3.12)←抹茶&小倉
シロールちゃんも食べてみたけど(2012.4.11)←ホイップクリーム
ティラミスロールちゃん捕獲。(2012.05.03)←ティラミス
カルピスロールちゃん捕獲(2012.7.25)←白いクリーム
おいもロールちゃん捕獲(2012.9.18)←2色のおいも
牛ロールちゃん再び捕獲(2012.11.10)←濃厚ミルククリーム
水玉模様のいちごロールちゃん捕獲(2013.1.16)←いちご
えほークロールちゃん捕獲(2013.2.3)←チョコクリーム
じーじロールちゃん再び捕獲。(2013.3.10)←抹茶&小倉
チョコバナナロールちゃん(2013.6.3)←チョコバナナ
レアチーズロールちゃん(7~8月)(2013.9.2)←レアチーズ
ロールちゃん秋の収穫祭ふたたび(2013.9.25)←秋の収穫祭
ティラミスロールちゃん再び(11~12月)(2013.11.5)←ティラミス
今年も水玉いちごロールちゃん (2014.1.16)←いちご
じーじロールちゃんみっけ!(2014.3.5)←抹茶&小倉
トロピカルロールちゃん捕獲(2014.6.9)←トロピカルフルーツ
おいもロールちゃんやっと捕獲(2014.10.25)←スイートポテト

↑このスイートポテト味を最後に、期間限定品が出ておりません・・・公式サイトチェック済み(先日リニューアルしました)。このままフェイドアウトなのかと、心配になります。。。

2014年12月23日 (火)

クリスマスローズの刺繍のリース

更新が滞ってて、またも溜め込んでしまいました。

けど、リクエストも頂いていたので(←その割に遅いな!)、なんとか書いて、クリスマスに間に合ってよかった~!このブログでは何度も書いてますが、24日の日没nightからクリスマス節が始まります。xmas

クリスマスローズは、ヨーロッパ原産キンポウゲ科ヘレボルス属に分類される植物の総称です。バラではないのだけど、今頃咲くものから2~3月に咲くものがあるそうです。イギリスではバラのないクリスマスの時期に咲くからそういう名前を付けたのではないかな。(うちのご近所さんでは5~6月に咲いているのを見たような気がしますけどw)

20141205_05こちらの作品は、オーガンジーという薄くてスケスケの布に、ちまちまと刺繍糸で刺繍し、切り取って整形したものです。私の作品ではなくて母が作って、9月の展示会に出品したものなのですが、どなたともご縁がなかったらしく戻ってきました。2つ出品して、ピンクのバラのリースの方はお嫁入りしました。

こちらのクリスマスローズの方は、母の肝いりの作品だったにもかかわらず、私は出品前からどうにも気に入らなくて、もし戻ってきたら私が好きに作り変えていいという許可をもらっておりました。

9月中に手元に戻ってきていたのですが、私も5年に1度のイベントがあったり、その後の資料の整理やら、ブドウジャム作りやらあって、少し放置していたのですが(いつものことね・・・)、アドヴェントに入ったので、お尻を叩かれるように作業を始めました。写真は12月3日のものです。

20141203_01まず、徹底的に分解しました。ビフォーの写真はあえて撮りませんでした。なんだか影響されそうで。言葉で書くと、ゴチャっと固められて土台に貼り付けられていて、花もつぶれて苦しそうでした(・・・って、教室の方に手伝ってもらったものだったのですがsweat02ごめんなさいsweat01)。

それと、展示会では時間がなくて作れなかったヒイラギの実も追加で作ってもらいました。本当はヒイラギの葉も要るんですけど、クリスマスローズの葉っぱが一杯あるからもういいと言われてしまいました。

ちよ呑は、刺繍は出来ません。立体に整形するだけです。

分解してみると、花びら(植物学的にはガク)がゆがんでいることに気が付きました。製作したときの道具を掘り起こして調べてみると、型紙を作った時点でゆがみがあったようです。たしか5月くらいから製作を始めていたと思いますが、その時には気が付きませんでした(母は私が指摘するまで全く気が付いていませんでした)。サイズ調整の必要があって、頭がいっぱいになっていたそうですが、私が型紙から作ってあげたらよかったです。ま、立体にする時になんとか誤魔化しましょう・・・。

20141203_02私が大きく変えたかったのは、花の形と蘂(しべ)の形。ペップという造花の蘂を使うのですが、この種類しか入手できなかったというので、なんとか手元の材料でやるしかありません。

画像検索してみると、中心部に低い塊があって、その周りに長いのが一周してあるように見えます。手元の造花ペップは両側に花粉の膨らみがあるので、真ん中で折らずに長さを大胆にずらしてワイヤーで縛ったりして色々やってみました。まずは実験的に2つずつ。でもちょっと違うかなあ。

20141203_03リースの土台もちょっと整形しなおしてゆがみを取って置きました。これ、すごく硬くて、バラの時もペンチで無理矢理こじあけてワイヤーを通したりしたので、手がパンパンに腫れてしまいました。9月の本番直前の練習に腫らした手で行ったっけなあ・・・と思わず回顧。

あ、リースとしては小ぶりです。直径20cmくらいかと。バランスを見て、上下を入れ替えることにしました。

20141203_04花の裏側はこんな感じ。クリスマスローズとしてはありえないファンタジーな形になっていたので、なんとか本物に少しでも近づけるように作り変えました。付け根からこんもりしたのと、ペップがわしゃーっと出て来たところはいい感じかな。

裏側までびっしりと刺繍してあります。母はかなり大変だったようで、夏中ずーっとチクチクやっていたうえに、晩夏の追い込みもすごく大変そうでした。せっかくだもの、可愛くしてあげたいです。

20141203_05ペップの束ね方を、参考資料どおりにしたのも用意してみました。思い切ってハサミを入れ、長いものと短いものを2重に固めてみました。ボンドが乾くのを待って2日かけて作りました。乾く前にいじると、バラバラに崩壊しましたcoldsweats02 ちょっと大変だったけど、こっちの方がクリスマスローズらしさが出る気がします。全部こっちでよかったか・・・でも上のは上ので、そのまま活かすことにします。

ワイヤーで束ねたあと、根元にふんわりと薄緑色のティッシュを巻きます。これが植物学上の花なんだとか(ついさっき知りましたw)。

資料によると、薄黄緑色の水彩ペンで着色するのだそうですが、持っていたペンがあまりにも強烈な緑色だったので使えず、色鉛筆でもダメ。入浴中に古い記憶を辿り・・・確かあれがあったはず・・・と古い画材を掘り出しました。20年ぶりに使ったかも!?パステルをカッターナイフで削って混色して塗りました。なんとか思った色になりました。

これを花びらに挿して固めて成形してボンドを乾燥させます。ちょこっとだけワイヤーで固定して一晩置きました。ワイヤーをJの字に曲げて、タオルを干すところに引っ掛けて並べて干したら可愛かったです。wink

20141203_06今度は葉っぱの方。太いワイヤーを補強のために絡ませます。結構な太さになったので、テープは巻かなくて良いと判断。2つを1つに束ねる必要もないと思ったので、単体で使うことにします。そのほうがリースの上で自由に動くと思いますし。

20141205_02日付が変わりまして、5日。材料が全部揃ったのでいよいよリースに付けて行きます。リボンは元々付けてあったもの。こちらもお世話になった方から頂いた物なのでこのまま使わせて頂きたいと思います。雰囲気ピッタリで、いいものを頂きました。

20141205_03全部そろったと思ったら、あらら、花のワイヤーにテープを巻かないといけなかったのね。と慌てて巻き巻き。ついでに、太いワイヤーが足りなくて細いままだった葉っぱ数本にも巻き巻き。

20141205_04まずは中心から。どの花をメインにしようか考えて、母が一番好きだろうなと思う段染め糸で刺したマーブル模様の花を中心に持ってきました。

実は、出品前と戻って来た直後には、こうしたいという具体的な構想が頭にあったのですが、2ヶ月ですっかり忘れてしまいました。coldsweats02がびーん・・・もう仕方がないので、今日この瞬間の感性で、えいやっと作ってしまうことにしました。母が撮ったビフォー写真(嫁入り前写真)は手元にあったのですが、あえて見ないように・・・。自分を信じて突き進むのだ!

この写真を撮るために支えにしたのは、私がビーズアクセサリーを作る時に使う平やっとこと丸やっとこです。今回大活躍・・・w

20141205_06というわけで、土台に巻き始めてから3時間半、あーでもないこーでもないとかいじりながら、全部の花と葉っぱを配置したらこんな感じになりました。左上の3つは、ちょっと迷ったのですが、手元の参考資料をみたら、こんな感じに固めてあったので、つぶさなければいいやと、1つ、離れた所に小さな塊を作ってしまいました。

20141205_07最後にリボンを巻いて、ワイヤーなど隠しつつキラキラさせて完成としました。夜が明けました(笑)。fuji

完成!の前に、あれ?リボンの長さがギリギリだぞ?という不思議な現象が起き、場所や回数を調整しながら何度か巻き直しました。後で知ったのですが、元々あった向きと逆向きに巻いたようですw ま、いいっか~sweat01 この日の私の感性はこうだったという証しなのだ。本当は豊かに垂れてくるくる巻いているリボンがあったのですが、全然垂れて来ないので、そこはもう花のゴージャスさを前面に押し出すしかありません。(前はリボンがメインみたいなところもあったのでw)

20141205_08

というわけで、ようやっと玄関に飾ることが出来ました。窓越しの朝日が壁に当たり、さらにその陽を左下からレフ板代わりの物を使って当ててみました。夜中の写真とは発色が違いますね。

影響を受けないようにと、製作中には見ないようにしていたビフォー写真を、先日見たのですが、色の順番こそ違えども、なんだか似たような感じになっていました(笑)。しっかり持っていた構想をすっかり忘れてオロオロしながら分解するうちに、元あった形を記憶してしまったのかも(笑)。特に左上の3つ固まっている所なんかはまるで復元したみたいですcoldsweats01

8個の花を均等に配置するなんて方法もあるかと思いますが、そういう構想は降りてこなかった私。土台が見えなくなるまで、材料を沢山使って盛り盛りに飾るのもちょっと違うと思います。

クリスマスローズは本当は下向きにちょこんと咲くのですが、リースはそれを束ねたものだから、これでいいんじゃないでしょうかね~?がっちり留めたので、大きく動かすことは難しいですが、葉っぱにも花にも全てワイヤーが入っているので、気分に合わせて向きを変える事は出来ます。来年はまた違う感じになっているかもしれません。catface

読了ありがとうございました。xmasMerry Christmas to you!present

2014年10月30日 (木)

とうきびご飯とコーンポタージュ(2)

とうきびと枝豆は、お湯を沸かしてから畑に収穫に行け、というほど、もいでから時間が経つとどんどん甘味が減るそうです。そう聞いてから、どちらも近所の直売所で買うことにしています。

先ほどのとうきびご飯の後ろに移りこんでいた小道具(笑coldsweats01)、何故ご飯を炊いたのにまだ残っているのかといいますと~

コーンポタージュを作るためなのです!happy01

子供の頃は母に教わって、缶詰のコーンで作っておりましたが、このところは生のとうきびから作ることにしています。ただ面倒くさいので、年に2回くらいしかやりませんが^^;ペーストにして冷凍しておくといいんですけどねー、冷凍庫いっぱいですしねー。

いつもeye目分量です。あまりにテキトーなので、レシピとして確立しておりません。気分で味が変わるかも?

まず材料。とうきびとタマネギと、バターと牛乳と、固形スープの素(コンソメとかブイヨンとか)、白コショウ。

20141021_06

本当はご飯の分と合わせて4本買ったのですが、虫食いだから、とオマケを1本付けてくれましたscissors ほじって取ってくれたので、問題ありません。

20141021_07

とうきびご飯の時のように、実を包丁でこそげます。残った芯の方も、峰討ちにします(笑)。いやいや、胚芽のあま~い部分がちゃんと取れるんですよ。とうきびの実取り専用の、ぐりぐりとやるとごっそり取れる器具も売ってますが、持ってないので包丁でやります。どうせ粉砕しますから。

20141021_08

タマネギはざっくりとみじん切りにしておきます。

20141021_09

鍋にバターを溶かし、

20141021_10

しんなり透明になるまで炒めます。ここでしっかりやらないと、甘味も深みもないスープになっちゃいます(とうきびの甘味だけだと、なんか単純で複雑さが足りないのです)。といっても色が付く前でいいので、そんなに長くかかりません。

20141021_11

そこへとうきびを投入(写真はほんの一部ね)。軽く炒めます。

20141021_12
ヒタヒタになるくらい水を入れて煮ます。アクが出てくるのですくいながら、少し煮ます。

20141021_13

煮えたなーと思ったら火を止め、ハンディタイプのミキサーで粉砕します。って、すげー飛び散ってますbearing この後掃除することになりましたwobbly 従来型のミキサーの方がよかったりして・・・。

で、で、ここがちよ呑らしい所なのですが、

漉します。

20141021_14
またしても、万能漉し器大活躍(いつものヤツです)。

だってねー、皮が残るんですよねー。名残だから少し硬いってのもあるかな・・・、なんてガシガシやって、これだけ残りましたdown

20141021_15

↑人間の消化器では消化しなさそうなやつ。

20141021_16

↑こっちが漉した方。この状態で冷凍しておくとシーズンが終わっても楽しめるのかも。

20141021_17

ペーストを鍋に戻し、マギーブイヨン顆粒と牛乳を少々入れます。牛乳をいっぺんに入れると混ぜにくいので、少しずつ混ぜながら足していきます。

20141021_18

これを火にかけてアクを取りながら煮るんですが、なんと牛乳が300ccしか残ってなくて、切れてしまいましたー。

20141021_19

明日足すことにして、今日の作業はここまでにします。味見も明日までお預け~。

20141021_20

翌日、ダバダバと牛乳を足します。今日も目分量。粘度が高くて対流しないうえに甘いから焦げやすいので、泡立て器で絶えずかき混ぜながら沸かします。お玉よりいいみたい。

20141021_21

最後に塩梅(塩加減)を見て、ホワイトペッパーを振って、出来上がり。マギーブイヨン顆粒を2本も入れたらちょっと塩分きつかったかも?でまた牛乳を入れたりしましたが(今度から1本か1と1/2本にしよう・・・)、適当な粘度になるまで牛乳で伸ばしたりして調節するのでした。

最初に水で煮るときに、水っぽくなるのを避けるために、ヒッタヒタにしすぎたのか、結局牛乳は全部で600~700ccくらい入れたと思います。多くね?生クリーム入れないからいいかw

そんなこんなで出来上がり。

20141021_22

パセリの葉cloverでも飾りたかったですが、ないので、そのまんまシンプルに。小さいツブツブは胡椒です。若干器の選択を間違えた感もありますが、まあ良しとしましょう。

熱いので火傷に注意しながら頂きます(粘度高いからね)。マグcafeで飲もうとするとちょっと危険かも。

缶詰も手軽だし、コーンスープの素はもっと手軽ですが、生のとうきびでしか出せない味に、遅れ馳せながら今年を舌鼓を打ったのでした。ぽんnote

とうきびご飯とコーンポタージュ(1)

先日、もう10月も下旬ですが、近所の農家直売店に行ったら、まだとうきび(とうもろこし)が売っていました。他は大体9月いっぱいで終わりでしょうかね。

9月はバタバタしていて、あまり直売所にいけなかったので、もう名残ではありますが、ずっとやってみたいと思っていた炊き込みご飯にしました。

20141021_04

Cpicon とうもろこしの炊き込みご飯… by みっこ*mikko

↑作り方はコチラからどうぞrestaurant動画もついてて分かりやすく、お味もオススメです~って、とうきびの季節、終わっちゃいましたね・・・。去年見かけてから、何度もリピートしています。

詳しい作り方はリンク先を参照して頂くとしますが、さらっとご紹介。

20141021_01

芯を一緒に炊き込むと、すごく美味しくなるのです!!(写真は2合でとうきびは2本、でも芯は1本分…3合炊きですし)

この炊き込みご飯、炊いているときからとうきびのいい~~~~ニオイがして来て、ワクワクするのですが、一番気分が盛り上がるのは、炊きあがってお釜の蓋を開けるとき!dash

20141021_02

黄金色じゃあああ!!dollarshine (いえ、黄色です。)

一面鮮やかな黄色に胸を躍らせ、芯を取り除き、まぜまぜ&蒸らしで出来上がり。

20141021_03

↑つくれぽボツ写真。上の小道具要らなかったし(笑)、盛りが少なめで、いまいち美味しさが伝わらん!ご飯の写真は盛り盛りがいいですね。

んで、名残のとうきびは若干甘味が弱かったものの、それでも十分に甘くて、食感もしゃきしゃきで美味しいのでありましたgood 旬のとうきびだともっと味も濃くて美味しいですよ。

9月のある日、NHKのある番組(働く人のお昼ご飯を追いかける番組)を見ていたら、富良野の農家さんの作る、これとほぼ同じとうきびご飯が紹介されました(分量は出なかった)。番組では、おにぎりriceballにして、さらに鉄板で焼き、バター醤油味にしていました。これも絶対合う!!見た後、小さく握って試しました。とうきびが更に香ばしくなるのです!good

しかしとうきびはもう終わってしまったと残念な時には、同じ方のレシピで調味料の分量も同じコチラもおすすめ!↓

Cpicon ホクホク♪さつまいもご飯… by みっこ*mikko

↑作り方restaurant
20131201_02↑これは私のつくれぽ写真camera

先日、従妹が母娘3代で遊びに来たのですが、2歳の子も妊婦さんも喜んでモリモリ食べてくれましたhappy02

ただ、レンジで温め直すときはアツアツにすると甘味が飛んでしまうので、注意が必要です。あんなに甘いと聞いていたのに、残り物を晩に頂いた私の分は、甘味が飛んでおりました・・・sad

長くなったので、記事を2つに分けます。次はコンポタ!

2014年10月27日 (月)

モンテール「パンプキンの手巻きロール」を食べて

食べた順番と逆に記事にしていますが、こちらはモンテールのロールケーキ。

20140921_01

こちらも期間限定商品。ハロウィーン商品らしく、一応今でも売ってますが、多分10月31日までかと思います。

カボチャのスイーツというだけで、一目ぼれで購入lovely そして食べたのは9月。この写真は9月21日のもの。丸一ヶ月前に食べた感想を今から書きまーす!pencil (2~3回食べてますが、最後に食べたのは確かこの時。)

20140921_02

まず、生地がしっとり、ふわっふわ。そして中のクリームもとろーりで、でも決してくどくなく、どこかデンプンっぽい舌触りなのです。クリームまでカボチャの舌触りを意識したのかー、よく出来てるなーと思ったら、裏の材料表示に、「白インゲン豆」とありました。なんと、デンプンっぽい食感を出すために、豆まで使っていたとは!小技が効いています。

洋酒なのか、スパイスなのか、ほんのり香る香りも心地よくて、2~3回リピートしました。これは2切れ入りのもの。6切れくらい入ったパッケージも見かけました。これはオススメですよー。カボチャのモンブランプリンも出てますが、こっちの方がちょっとお安いので、そこもオススメポイントですscissors

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ふぅ、なんとか秋のスイーツの感想を3連荘で書きました。

新しい商品を食べたら、上記商品の味を忘れてしまうと思って、新しく買ったハーゲンダッツの「和みあずき」も冷凍庫にしまったままです(笑)。あと、ビールもw

和みあずきを買うために、今年も出てきてくれたハーゲンダッツ・パンプキンをまだ買っていません。ダッツで一番の大好物だというのに!!31日までに買わねばdash。やっぱりちゃんと更新しないと、いろんな所で滞ってしまってますねcoldsweats01 おしまい。

2014年10月26日 (日)

期間限定ハーゲンダッツ「和栗」を食べました

ハーゲンダッツからこの秋、期間限定で発売になっている「和栗」。

20141002_01
期間限定に目がない私は、すかさず目を付けた!(付けてから買うまでしばらくあったのだけどwそして掲載まで更に月日は流れたのでした・・・)

食べたのは、なんと10月2日!24日前の感想を今から書きまーす!

20141002_02

up中身up

「和栗」というと、真っ先に思い浮かべるのが、栗きんとん。あのお正月のまっ黄色のではなくて、茶巾絞りになっているやつ。岐阜県中津川のが有名ですね。あのねっとり滑らかなのが大好物なのです。お土産に頂いたものにはまり、東京まで買いに行ったこともありますw(岐阜まで行けなかったものですから・・・)

今時期、六花亭にも売っているのですが、どうもあの滑らかさはなくて、ちょっとポフポフしています(粉っぽいって言えばいいのかな)。中津川のはもっとシルキーなんですよね。

んで、その大好物を思い浮かべながら、食べたわけです。

20141002_03

例によって、食べかけ写真coldsweats01up 開けてすぐの写真でも分かるかと思いますが、線が入っている部分が栗ペーストのよう。昨年のカボチャのように中にもっと沢山ドロッと入っているかと思いきや、掘ってもこれで終わりでしたw

そして、食べてみて思ったのは、栗!というよりクリームです!(いや、洒落じゃなくてsweat01)といった味が全面に出てました。乳脂肪の味が勝ってしまって、「濃厚アイスクリーム(若干栗風味)」といった印象になってしまいました。(クリーム味を欲している時にはすごくイイです)

私の和菓子っぽい先入観が強かったのでしょうけど、、、

和栗は栗きんとんがええわ・・・。japanesetea

«おいもロールちゃんやっと捕獲

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ