最近のトラックバック

« ホイル焼き選手権(貧乏焼き編) | トップページ | パスタ選手権 »

2011年10月15日 (土)

肉まん選手権

前回のホイル焼きに続いて、今度は肉まんで腕を競おうというもの。広場に集う人のブログを料理ブログ化させる恐ろしい企画だが、最近手の皮膚の状態も良いので、みるちゃん、かおたん、ばんちゃんに続いて4人目のチャレンジャーとなってみる。今回は難易度が高いらしく、あちこちから失敗という声が聞こえてくる。(lll゚Д゚)

レシピはあちこちから寄せ集めたものを、自分で少しアレンジ。たくさん作っても余るし、少しだけにしても大丈夫そうなので、4個分までに減らしてみる。

手作り肉まん 材料(4個分)
・強力粉 50g
・薄力粉 50g
・ドライイースト 3g
・砂糖 大さじ1と1/2
・サラダ油 小さじ1
・40℃位のお湯 60cc

豚ひき肉 80g
干ししいたけ(水で戻す) 小2枚分
タケノコの水煮 20gくらい
長ネギ 1/3本
しょうが 1片

醤油 小さじ1
オイスターソース 小さじ1
酒 小さじ2
砂糖 小さじ1
塩 1つまみ
コショウ 少々
ゴマ油 少々

20111015_01 まず、皮を作る。粉類をボウルに入れ、混ぜ合わせ表面が滑らかになるまでこねる。久しぶりすぎて、こんなにチカラがいるものか、としばらく格闘。深夜で冷えてきたのに暑くなってくる。そそ、深夜なので照明を落としてます。今回の写真は電球色でお届けします。

20111015_02 途中生地が硬くてまとまりそうにもないので、お湯を足したりして、こねること10分。もういいやと思ったところで、薄く油を塗ったボウルに移し、お湯を沸かして火を止めた蒸し器の中で、2倍の大きさになるまで20分ほど発酵させる。最初はオーブンのパン発酵モードを使おうと思っていたけど、どうせ後で蒸し器も使うし、洗い物が減っていいなと思い、ばんちゃん方式を採用。え?パクり?節電節電。

20111015_03 発酵させている間に肉あんの準備。野菜類をみじん切りにし、残りの材料全部を混ぜ合わせる。上の材料は後で調整・加減したものだけど、これはちょっと醤油が多くて、色も濃くてしょっぱくなってしまった。

20111015_04 そうこうしているうちに20分経ったので、発酵完了、と思った。今写真を見ると、2倍とまで行ってなくない?なにせド深夜にコソコソやっている。しかも写真を撮りながら。家族に見つかったら何を言われるか分からない。ビクビクしながらやっていたので、指を挿した跡が戻ってくるのもかまわず、さっさと次の工程に進んでしまった。

20111015_05 打ち粉(強力粉)をした台の上に生地を取り出し、4等分したら濡れ布巾をかけておく。1つずつ10cmくらいの円形に薄く伸ばす。・・・のですが、ちんたらちんたらやっていたため、生地を乾燥させてしまう。上は慌てて濡れ布巾を掛けたの図。濡れ布巾も後で蒸し器に使うので、さっさと用意しておけばよかった。乾燥してしまった表面はちょっと水をつけたりして内側へ持ってきてごまかしておこう。

20111015_06 4等分した肉あんを包み、中心にひだを寄せながらとじる。・・・のはずが、閉じない!!粘土細工は得意だったのに!!何回やっても閉じない!!くっつかない!!乾燥してるせいだ!!餃子の皮みたいに水をつけてもダメ。仕方なくぎゅーーーっと引っ張ってくっつけてみたのが右端。でもすぐにヒニョ~ンと開いてくる。もういい。あんまりいじって底に穴が開いても困る。蒸せば膨らむから、なんとかなるかも?というか、もうこれ以上どうしようもない。乾燥がさらに進んで生地が割れてきちゃったから。

5cm角に切ったクッキングシートの上に乗せ、蒸し器に並べ12分蒸す。フタには布巾を挟んで、水滴が肉まんにかからないようにする。

20111015_08 中火で蒸すこと12分。蒸し上がり。期待したけど、やっぱり閉じなかったw肉汁が踊ってるのが見える(^^)この写真は蛍光灯下。皮が白く見える。

20111015_09 再び電球下で出来上がりの図。直径8cmくらいになった。形が無骨でお客さんには出せないけど^^;自分で食べるならヨシとしよう。。。うむ。。。

20111015_10 割ったところ。ああ、マクロにしたらまたしても手ブレだああ!たけしさんにタイマーと三脚案を伺っていたのに、真夜中で準備できなかった!んで、先述の通り、ちょっとあんの味が濃かった。皮は割りともっちり。甘みがあって美味しい。イーストのニオイがなんだか懐かしい。

総括。もっと手際よくやって乾燥に注意。霧吹きも用意するべきだった。あんを包むのは熟練の技が必要。前に和菓子職人修行中の若者が出ている番組で大福とまんじゅうを包むシーンを見たけど、すごく大変そうだった。見るのとやるのとでは大違い。厚さにムラが出来ないよう、なおかつ綺麗に素早く閉じるように、練習が必要に思う。


えっと。ジョークの分かる方だけ続きを読んでください。それ以外の方はここまでにしておいてください。

・・・続き。本当にいいの?(/ー\*)

みるみるちゃんの無理な注文熱い熱いご要望にお応えして、4個のうちの1つをこうしてみましたよ!

20111015_aa ピンクがいいんでしょ!ピンクが!!皮をよけておくのを忘れて、無理やり引っ張ってとじた肉まんから千切って作りましたよ!水で溶いた食紅を上からちょんちょんと塗る。画像小さくしておくから、物好きな人は拡大してください!

20111015_ab_3 蒸しあがり。うわあああ!!なんだこの表面は!!!なんかゴツゴツしてる!!プニプニできない!!肉まんを先に撮影して冷めちゃったから、とかいうのではなさそう。生地作りの段階で既にこうなる要因があるのだろうね。乾燥に気をつけてしっかり発酵!と。今度は手際よく写真なんか撮らないでサクサク作るよ。

家族に見られる前に食べたけど、実はこっちの方がしっかりと閉じた分(閉じあわせた面を下にした)肉汁がたっぷりで、中身はこっちの方が美味しかった。ただ皮は上の方が薄く、閉じ合わせが厚くなってしまった。一応しっかり空気も入っていて、ふわんふわんしていたけど、均一の厚さにする方が食感もいいんだろうな。練習しないとね。

みるみるちゃん、ばんちゃん、こんな結果になったけど、これでいいかな!?

« ホイル焼き選手権(貧乏焼き編) | トップページ | パスタ選手権 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

パイパイマン作って載せてしまったのねw
復活早々、このブログの行く末が気になりますw
ぱいまんの記事の最後に俺の名前も出てますな・・・。
ちとシワシワだけど、ピンクだし大満足だわよ!
これからも更なるワイヒーを期待しております~。

わお~まるでお料理本みたいに写真が撮れてるね(^O^)
しかも、すべての工程が綺麗だわん。
やっぱり皮作りと餡を包むところで苦労するんだねーほんとにむずかしそう(;ω;)
でも、おいしそうだしね❣朝から食べたくなっちゃったよ~^^;

パイマン・・きれいでワイヒに見えないよ~
上の写真・・・布巾から見えてる方が セクシーでいい感じね(*´v゚*)ゞ
そうか、、、みるちゃんの要望なのね~ぷぷぷ。

夜中にこっそり一人で、ぱいまん・・・違った肉まんを作っているちよ呑
想像してみました(ノω`*)ノ” ムフフフフッ-

美味しそ~ですdelicious
妃リンゴが作ると皮が固くなってしまって・・・(|||_|||)ガビーン
市販の肉まんを電子レンジのタイマー長すぎて堅くなった感じ(´・ω・`)

みるみるちゃんの反応が楽しみ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

こんにちは~。

本当に作ったのね~♪

これは・・・Dカップ?^^

ぱいまんの方がコメント多い件。

>ばんちゃん
もう既にワイヒーブログとして確立してしまった感があります。
思えば最初のアバター遊びの時も私の殻を破ったのはばんちゃんでした。
ウヒヒヒヒ。

>ぽぴさま
お褒めいただきありがとう。自分ではデジカメを持っていないので
親のをコッソリ借りて撮ってるのよ。親もまさかこんなものを写しているとは…
決して知られてはいけない。データが完全に消えたかどうか
よくよく確認してから返してるのよ^^;

チラリズムいいでしょ。ぽぴさまも目の付け所がなかなかワイヒーだわ!!

>妃リンゴさま
こんな生地、じゃない記事にまでコメントありがとう^^;
そそ、電子レンジかけすぎるとカッチカチになるよね!
それよりももっとこうモッチリというか、とにかく
ぽよんぽよんとしてツンツンしたくなるような感じには
ならなかったのよ。何事も練習ですね。

>ぴろたん
私は桃饅頭にしたかったのに(中はジャガイモあんを検討)、
2人がどうしてもぱいぱい言うのに押されてしまいました。
ちょっと小さいけど、ふくらみ具合はDくらいあるかもね
・・・しかもお椀型だわね

( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°
( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°( ゚∀゚)o彡°

とても綺麗でおいしそうですね。
しかし・・・しかし非常にもったいないです、
おっぱいまんとは2つで1つではないですのか!!?

>みるみるちゃん
おっぱ・・・はっきり書くなよw
みるみるちゃんのリアリティ追求の精度には誰も適わないYO!!
次も期待してますw

おぱいが・・・きれいw

肉まん、ひだを寄せて包むのがすごく難しそう;
しかし今回の選手権、優勝はちよねー?

>ひなたん
そっちかいwww
皮にもっと改良の余地ありですよ。
もっとツヤツヤぷるぷるふわふわのほわんほわんにしたいなー。
ばんちゃんもその後腕を上げてるらしいから
優勝かっさらっていくんじゃないかなw

真夜中読んでふいたww(*^ー゚)bグッジョブ!!

>コゴックタマ
コゴックタマもこのブログの行く末を案じているのね・・・
と思いきや思いっきり楽しんでいただいているご様子ヽ(○´3`)ノ

なにか、自分でハードルを上げてしまったようだ。
もう普通の物は作ってはいけないらしい。。。
ひY料理人。そんな称号はいりませんよ!!

早速お邪魔しました!!

だっはっはっはっ!
2つ作って欲しかったlovely
じゅるるる…sweat02

やっぱり、皮作りが難しそう~

>だーさま
笑ってくれてよかった~A^^;)←お呼び立てしておいてビビってたw
やっぱペア、2つで1つかw
たぶんね、もう2~3回作ると慣れると思うのよw
作るのはもちろん、だーさまの頭の上に載ってる
ちゃんとヒダの寄った肉まんよw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212355/52993808

この記事へのトラックバック一覧です: 肉まん選手権:

« ホイル焼き選手権(貧乏焼き編) | トップページ | パスタ選手権 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ