最近のトラックバック

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

トースト!トースト!!トースト!!!

あまりにトーストネタを引っ張るので、タイトルが先にネタ切れ^^; やや強引にイタリアワインのest!est!!est!!!に掛けてみました・・・(;´▽`A``

今日は大晦日ですが記事2本立てです。年をまたぎたくない記事を一気に掲載。



◆その10 ぽぴちゃんのピザトースト◆修正版

K3340136レタスは小さく千切り(芯の方なので元々小さい)、マヨはチョンチョン、ケチャップも少しなら大丈夫だろうと思い切って入れました。

20111231_06_2冷蔵庫を捜索したけどハムは無かったので、またしてもベーコン。でもなるべくハムの味に近づけようと、脂身を切り落としました。

20111231_07チーズはレタスを覆うように気をつけて配置。そしてオーブントースターへ!

20111231_08焼き上がり!(隣は軽くトーストしたパンにホテルオークラのチョコレートスプレッドを塗ってをさらに焼いたものです。素焼きで焼き上がったトーストに塗るよりも、サクサクして好きなんだもん)

んで、肝心のこちら!うまいじゃないのー!!delicious!前回と全然違う。

まず香り。焼けた肉とレタスとパンの香りが、もう何年も食べてない市販のハンバーガーみたいになった!そしてケチャップ!たったあれだけでも全然違う~~~!たしかにピザトーストになった!!ピザソースたっぷりじゃなくてもピザ味だ!チーズとよく合う!!美味しいじゃないの~~~~!!

すっかり興奮してしまった。ぽぴちゃん、やっとできたよwink教えてくれてありがとうheart04前回変なの作ってごめんなさい<(_ _)>

20111231_04
おまけの写真。今日は珍しく晴れています。朝8時半頃、変な模様になった庭の雪に斜めの日が差していました。お正月、晴れてくれるかなあ。この頃毎年雪かき三昧。そんなんじゃ皆疲れちゃいます。低気圧も少し休みなさいねっ!!

リストウォーマー完成!(でも片方ね!)

20111231_01
じゃーん!shine

2度ほどいた末にゴム編み部分を3号針、模様編み部分を4号針で編みなおし、また3号針でゴム編みを編んだところで放置していたリストウォーマー、年を越してはいけない気がして仕上げました。(アバター広場のまちでhimi_chanに会ったお陰です・・・happy01

何も考えずに2目ゴム編みを選択していたのですが、実は2目ゴム編み止めをしたことがなかった!1目ゴム編み止めなら何度も経験があるのですが・・・、2目になった途端頭がぐるぐる(@Д@;)

2目ゴム編み止めはやめて、簡単だという評判のstretchy wound なんとか(←超うろ覚えcoldsweats01)をやろうかとも思っていましたが、一度引っ張ると伸びるとも言うし、やはりここでちゃんと苦手を克服しないといけないでしょう!短いんだし!と一念発起。

かぎ針の基礎本を物色したついでに、棒針の基礎本最新版を見たら、最初の表目に段数リングを通しておいて目印にしたら良いとあって、そのアイディアを頂戴しました。(写真の背景は手持ちの基礎本で1986年初版ですとw)

長い3号針が邪魔になって、1針ごとに糸がひっかかってイラッと来たので、使いづらくて眠っていたミニ輪針を導入(写真左)。俗にアメリカ式と言われる編み方で持ち方が独特らしく、ミニ輪針は持ちにくいし、力が入ってゲージは狂うし、筋肉痛にはなるしで、私(と母)には合わず、一度使ったきりでしたが、こういう使い方もできると新たに発見confident

2目ゴム編み止めの原理も理解し(たつもりでもすぐ忘れる)、飛び地の表と表~、隣接の裏と裏~、隣接の表と表~、飛び地の裏と裏~♪などとブツブツ言いながら仕上げました。

20111231_02s

himi_chanからのリクエスト、着用写真。でもこの頃少し良くなったとはいえ、手荒れしまくりの手なので小さめにね(拡大しません)。少し長めにしました。

これでマウスを握る手が少しでもしゃっこく(冷たく)ならないといいな~。

20111231_03s
もう片方どうしようね?マウス握る手用なら片方でいいし・・・。

ココログ広場で遊んでなければ午前中にも出来るんだろうけどsweat01

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

今日の「全然関係ない記事にこっそり混ぜるひと言」コーナー。私的な備忘録です。つい最近分かったことなので今年のうちに。

クリスマス・イヴのイヴが夕方から夜のことなのは知っていましたが、てっきりクリスマス「前夜」のことだと思っていました。現在の暦では午前0時が1日の始まりですが、調べると、教会暦は日没が1日のスタート。降誕祭(クリスマス)は12月24日の日没をもって始まり、25日の日没で終了。そしてそのうちでも24日の日没から翌25日の夜明けまでの部分を「イヴ」と呼ぶそうな。イヴは前夜じゃなくて当日!(教会暦ではね)

eveの語源はeveningと同じevenにあるそうな。ここからは憶測だけども、evenは「分ける」だから、1日を分ける日没の時間帯をeveと呼んだのではないかな。それが後に夜明けまでを指すようになったと。しかし間違っても前日の日中の事ではない。

クリスチャンではないので、間違いがあったらご指摘くださいね~。と最後には丸投げ^^;

2011年12月29日 (木)

トーストシリーズ、さらに追加&進化

まだやってないの、ありましたわ。それも残り物再利用系。

それに前回の心残りもあります。スーパーでまた例のパンを見つけたので購入。初回のトースト八変化のポテトサラダ・トーストのところでご紹介したヤマザキのごはんdeブレッド(北海道限定販売)。コイツでリベンジを図りたいと思います。あ、賞味期限が近くて30円引きです(翌日までか・・・)。

20111228_01

このパンは、ローカル番組で工場見学をやっていたので作り方をじっくり見たのですが、3本の細長い生地を職人さんがものすごい速さで三つ編みにして成型して焼きます。

袋を開けるとこうdown 一般的な食パンより小さいです。メジャーの意味ないなw

20111228_02_2

このパンで試すのは、「その9 海苔チーズ・トースト」の改良版。



◆その9 海苔チーズ・トースト ちくわ乗せ◆

20111228_03まずはチーズを乗せて・・・

K3340128ちくわをON。

あれ?今気付いた・・・。

前回のhimi_chanさまのコメント:
>チーズはスライスでもシュレッドでもどちらでもよいですがその下にちくわやきんぴらごぼうを敷いてもいいですw

なぬー!ちくわはチーズの下か!またやってしまった_| ̄|○ わたくし、お料理レシピを暗記するのがものすごーく不得意なのであります。手順も分量もすぐに訳が分からなくなります。まあ作ってしまったので仕方がない、続けます。

K3340129最後に焼き海苔の出番。パンが小さいので、前回と同じ海苔がはみ出るくらい。前回大きいまま焼いて食べたら、海苔だけがびろーんと出てきたので、とりあえず6分割くらいに切ることに。小皿におしょうゆも用意。海苔がはみ出るとコゲると思ったので、醤油をつけたあと、少し重ねるようにして乗せたところ・・・、

20111228_06_2焼き上がりは重ねた所がくっついたまま縮んでしまって、切り分けた意味がなーい!

しかし、お醤油の香ばしい香りがして、前回少し物足りなく思っていた塩気もプラスされ、さらにさらに!!チーチクの味がする!!完全におつまみじゃん!!この順番で乗せると、ちくわにお醤油が塗らさる(←これも北海道弁か?)のでちょうどいいかも?

ちょっと残念だったのは、ごはんで作ったパンなら相性いいかと期待しましたが、ごはんdeブレッドは甘味の強いパンだったことが判明。ポテサラのときより強調されて感じました。次はやっぱり、フランスパン+きんぴらごぼうだなdash

※ ※ ※

「その10 ぽぴちゃんのピザトースト修正版」は一旦お休みにして、先にコチラを作りました。

◆その11 麻婆トースト◆

20111228_07コチラ、画面の右は母作の麻婆豆腐の残りですcoldsweats01。大きくカットした豆腐部分は全部食べました。崩れて破片になったものだけわずかに混ざっていますが、ほとんど肉と薬味とあんです。味付けは和風で醤油と味噌味が濃いめ。結構ピリ辛ですが、花山椒や甜麺醤は入っていません。なので、味噌味のピリ辛肉あん、といったところ。

20111228_08_3これをパンに塗り、

20111228_09チーズを乗せて、オーブントースターで焼くだけ。

20111228_10こんがりと焼くと、なぜかジューシーになるので、伸びるチーズと格闘しつつ、ハフハフ言いながら食べます。うちの家族は誰も食べたことがないのですが、私はこれが結構好きなので麻婆豆腐の時は肉あんだけ少し取り分けておくのです。もちろんご飯の上に乗せてもおいしいです(そのときはチーズは使いません)。

まだ掲載してないトーストがありました。料理本で見た「長ネギとちりめんじゃこのトースト」、クッ○パッドの「ヨーグルトトースト」。それと、みるだあさんオススメのマヨタマトーストだな。まだまだバリエーションあったのね^^;

2011年12月28日 (水)

寒波その後

クリスマス寒波で大荒れと聞いていたので、それなりに身構えていたのですが、こちらは結局肩透かし?代わりに大変だった地域にお住まいの方からは悲鳴のようなつぶやきが、ココログ広場で散見されました。雪かきお疲れ様でした・・・think

肩透かしとはいっても、ここは市内でも有数の豪雪地帯。それなりには降りました。ドカ雪でもないけど毎日降ってます。こんな中、年賀状印刷のために切れたインクを買いに行く私。

20111227_01_3

これ以上視界が悪くなったら遭難しそう・・・。

20111227_02s_2

を。少し止んで来たwink 新雪はせいぜい足首のちょい下くらいまで。

20111227_03s
暗くて見づらいけど、横断歩道のボタン。ちゃんと見えるように掻いてくれる人がいるのね。

その後無事にインクとパンをゲット。帰りはチラチラに変わってくれました。
全然、吹雪でもブリザードでもない普通の雪の日の光景でした。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

全然関係ない記事にこっそり混ぜて書くシリーズ。

冬至の次の日。

20111223_02

小豆とかぼちゃのいとこ煮の残りに、焼いた餅を入れて食べました。残りなのでかぼちゃは溶けてツユダクです。

2011年12月26日 (月)

目指せトースト十変化

前回クリスマスとは全く関係の無い、「食パン七変化、ならぬ、トースト八変化」という記事を書いたところ、あたたかいコメントが寄せられ、さらにトーストの案を2つ頂きました。早速試した感想をコメント欄にも少し書きましたが、写真もあるので別記事に仕立てました。



◆その9 海苔チーズ・トースト◆

himi_chanさまのコメントには、
>溶けるスライスチーズ+焼き海苔 うまいですぜ。
男っぽく勇ましく書いてありました。スライスチーズが無いので、シュレッドチーズで代用。さて、焼き海苔はチーズの上だろうか、下だろうか。分からないので半分ずつにして両方試すことに。

20111226_01_2

20111226_02

up手巻き寿司の時に切るのに失敗した海苔を使用w^^; シュレッドチーズも袋の底の砕けたものを使用sweat02

5分も焼くので、燃えたり焦げたりしないか、気をつけて見ていましたが、元々黒いのでよく分かりません。食べてみると・・・上にした方の海苔がパリッパリに!こっちの方がうまいかも!おつまみの味がしました。昔よく親のおつまみを分けてもらって食べたのよ。スライスチーズを海苔で挟んだやつ。これ、ちくわも入れたくなってきたぞ。

しかしあれなのよ、案の定、食べているうちに海苔だけがピローンと出てきたのよ。次は刻み海苔かちぎって乗せてみようかな。韓国海苔もいいかもね。



◆その10 ひまぽぴ風ピザ・トースト・・・でいいのかな?◆

ケチャップ使用とのことですが、トマトは体調が悪くなってNGなのでピザトーストにならないけど、とりあえずケチャップ抜きで試してみました。しかもハムがなかったのでベーコンで代用。さらにシート状のチーズもなかったんで、シュレッド・チーズで代用。これじゃ全然別の物になってしまうだろうか((・(ェ)・;)) それに・・・はて、レタスをいっぱい、とはどう乗せるのだろう?とりあえず、小さめのを1枚ちぎって広げてみよう。

20111226_03

20111226_04_3

20111226_05

レタスのフチがコゲて、なんか別の物が出来ましたー!\(^o^)/

食べてみて、ん・・・ちょっとクドいかも??作って食べ終わってから気が付いたのです。コメントをくれたヒマラヤンポピーさんは、こう書いていました。

>私は食パンにレタスいっぱい載せてマヨとケチャップをチョンチョンかけて
>ハムを置いた上から大きいとろけるチーズを載せてオーブンで焼きますよん!

マヨはチョンチョンです。こんなにどっぷりかけては胸焼けしても当然です。ハンバーガーに挟まってる位で良かったのです。しかもレタスの下にマーガリン塗っちゃったしsweat02ぽぴちゃん、ごめんなさい、もうちょっと改良します。。。その前にレタスは刻むのかどうか教えてください。<(_ _)>ぺこり

2011年12月23日 (金)

食パン七変化、ならぬ、トースト八変化

なんだか久々のお料理ネタ。実は10月から撮り溜めていた写真なんですが、不鮮明で美味しくなさそうに写ってるのはカメラのせいで、もう仕方がないのでこのまま記事にしちゃいます。ご容赦くださいませ。

どこにでもあるフツーの食パンbreadをいかにアレンジしてボリュームを増して食べるか。夜食マスター^^;として、普段こんな感じで食べてますってのをご紹介。焼くのはその5以外全てオーブントースターで、テフロン加工のトレーを使用。なければアルミホイルで。バターorマーガリンのみを塗る、ジャムを塗る、市販のクリームを塗るってのは除いてあります。



◆その1 マヨポテト・トースト◆

Toast01_pcbkd

Toast01_pcprb

皮を剥いて薄く切ったジャガイモを(これは例によってインカのめざめだわね…)
ラップに並べ、軽く塩コショウし、包んだら電子レンジで2分ほど加熱。うちは未だに500Wだから時間かかるのね。1分ずつひっくり返さないといけないしw それを食パンの上に並べ、マヨを絞って焼く。それだけ。パンにバターを軽く塗るかどうかは、カロリーを摂りたいかどうか次第。そうでなくてもボリュームがあるので、しっかり食べたい時用です。



◆その2 マヨ風味カボチャペーストのトースト◆

 Toast02_pmkbkd

Toast02_pmkpr1_3

Toast02_pmkpr2

マヨ風味というかマヨネーズ味なんですが、これが手っ取り早いのでつい使ってしまいます。マヨラーじゃないし、それほどマヨが得意じゃないんだけどね。

材料は余ったおかずの「カボチャの煮物」です。これをレンジで温め、スプーンの背でつぶした所にマヨネーズを加えて練ります。それを食パンに直接塗って、オーブントースターで焼くだけ。5分焼いて、焼き目も付かずに地味ですが、パンの裏はこんがり焼けています。ほんのり甘くほんのりおかず味(ほんのりダシとお醤油の香りがするのでね)。



◆その3 ベーコンチーズ・トースト◆

Toast03_bcbkd1

Toast03_bcpr1

Toast03_bcpr2

Toast03_bcpr3

Toast03_bcbkd2

これが一番頻度の高いトーストです。毎日に近い。ベーコン半枚~1枚を細く刻んでパンに乗せ、上からとろけるチーズを乗せます。この順序じゃないとなんだか上手く行かないのでこだわってます。もしくは、最後の写真みたいに、チーズだけ乗せてトーストし、フライパンでカリカリに焼いてコショウを振ったベーコンをパンに乗せ、パンを2つに折って挟んで食べたりもします。脂が多いベーコンの時にはよくそうします。



その4 はちみつバター・トースト

Toast04_hbbkd1

Toast04_hbpr1_4

Toast04_hbbkd2

バターを塗って蜂蜜をかけ、焼くだけという単純なトーストですが、蜂蜜の香りを思い出し、たまに無性に食べたくなります。1枚目の写真は撮影で分かりやすくと思い、焼き上がってから蜂蜜をかけましたが、本当は最初に両方とも塗ってしまってから焼くと、蜂蜜もバターも熱で溶けてパンにしみ込み、3枚目の写真みたいに表面がサックサクになります。そっちの方が好み。



◆その5 フレンチ・トースト◆

Toast05_frtbkd

Toast05_frtpr

これのみフライパンで焼きます。卵液(卵1個と砂糖、牛乳)は目分量で作りますが、私のコダワリとしては、パン部分が白く残ってるのはng 表面だけじゃなく中まで完全に沁みてないと嫌なんです~。子供の頃に母から教わったもので、ヨソ様がどうしているのか全く知らないのですが、多分卵液は牛乳も多めで、甘くてゆるいと思います。完全にしみるように、パンをひっくり返すのはもちろん、細い箸でブスブス穴をあけて吸わせます。卵液が余るということはないです。全部吸ってくれます。
バターかマーガリンを引いたフライパンで、トロ火に近い弱火にしてじっくり焼きます。焼き上がりはプリンみたいにフワッフワのトロットロになりますhappy01



◆その6 ポテトサラダ・トースト◆

Toast06_psbkd

Toast06_pspr

ものすごーく単純な作り方w タイトル見てえっ?と思われたかな。夕食の残りのポテトサラダを塗って焼くだけ。その1より材料が多い分、もっと複雑な味に。下は焼く前の写真だけど、ほとんど変わらないw きゅうりもパリパリして美味しいよ。ちなみに、ちょっと小さめなこの食パンはご飯(道産米ななつぼしを炊いたもの)を原料にして作ったパンで、ヤマザキのごはんdeブレッドというパンです。残念ながら北海道限定発売ですが、もっちもちで美味しいよ。



◆その7 シナモンシュガー・トースト◆

Toast07_csbkd

Toast07_cspr_10

バターかマーガリンを塗ったパンに、グラニュー糖とシナモンパウダーを混ぜたものをまんべんなくかけて焼きます。砂糖が溶けずにジャリジャリ言うので、それがダメって人にはダメですねcoldsweats01 これを焼くと部屋中にシナモンの香りが広がります。



◆その8 ベーコン&オニオン・トースト◆

Toast08_bobkd

Toast08_bopr_3

その3のベーコンチーズ・トーストと似た感じなのでこっちをカットして「七変化」で収めようかと思ったけど、最近はまって続けているのでこちらも掲載。チーズがないのでローカロリーかも?

昔よくピザトーストを作っていた時から、オーブントースターで焼いてもタマネギが辛いと思っていました。ところが、某巨大料理レシピサイト^^;;で見かけた方法だと、なんとタマネギだけを先にチンすると辛味は抜けるし甘味は増す!たったそれだけの事なのに、今まで全く気が付かなかった。

タマネギ1/6個とか好きな量をスライスしてお皿にでも入れ、もったいないのでラップもせずに40秒くらいチン。かけすぎるとフチが焦げるので注意。それを軽くマーガリン等を塗ったパンの上に並べ、ベーコンを乗せ、コショウを振ってオーブントースターで焼く。ベーコンの時は塩は振りません。タマネギの甘味と味がストレートに味わえます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

市販のクリームやスプレッドだと、黒ゴマクリーム、パンに塗るきなこクリーム、ピーナツバター、ホテルオークラのメープルスプレッド、チョコスプレッド、キユーピーのパン工房シリーズなどもよく食べてます。それと上記のパンのいずれかを組み合わせて食べることが多いですが、気分によっては炙っただけで食べてしまうこともあります。

ここ数年これ以上レパートリーが増えないから、しばらくはこのままかなっ。

2011年12月22日 (木)

明日から大荒れクリスマス寒波

20111222_01
暗いけど、あえてレタッチとかしません。実際にどんよりで暗いんだもの。明日から大荒れの天気予報。一体どうなるのかねー。

2011年12月20日 (火)

文様の模様↑↓

写真は幅120cmだか117cmだかのナイロン地なんですが、これって・・・down

20111216_03
どっちが上?どっちが下?sign02

上下反転させた写真も掲載してみましょう。

20111216_04_4
フランス王朝ブルボン家に使われてるユリの紋章(調べたらあれはアヤメなのか)も、中央下の方は葉っぱのようなものが三叉になってるし、花びらも下に向いてカールしてるし、ううーむ。

20111216_05
なんか模様が逆なような気がしながらも、前回1月ほど前に作った色違いもこれと同じ向きで作ったから、揃えないと変だと思って、こっち向きにしちゃったcoldsweats01 舞台衣装を入れる衣装カバー。頼まれて作りました(;´▽`A`` (ご先方様からは模様に関して特に指定も指摘もなかったデス…) もう舞台衣装は作ってないけど、アフターサービスでこうして作ることもあります。

2011年12月19日 (月)

ビーズキットでスイーツ[その3]

お待たせ。抹茶パフェですhappy011日で一気に作ってしまいました。

20111215_01_2
MIYUKIビーズ スウィーツ・チャーム3 No.50 抹茶パフェ

20111215_02まずは、例によってグラスの底から。最も小さい丸小と三角ビーズです。あ、寸法が分かるようにメジャー入れて撮影するの忘れたΣ( ̄ロ ̄lll)全部…。

20111215_03作りながら手を止めて撮影するのはちょっと面倒だけど、後から見たらどんどん出来上がって行くのが面白かったので、今回もこまめに撮ってみました。

20111215_04全部透明ビーズでグラスを編み編み・・・

20111215_05縁の方は抹茶の色が入ってきて、ちょっとワクワク。
20111215_06上部まで編んでグラスの完成。それと例の「グラスの中身」とホイップクリームのパーツを作ります。左の列の中央、こげ茶色の丸い玉はなんだろう。あんこ玉?^^;

20111215_07上の写真のホイップやあんこ玉??などをグラスに編みつけて縁を飾って行きます。

20111215_08ピーチパフェの時と同じく天辺のパーツを抹茶ミルク色で作ったら(中央の円錐っぽいパーツ)、全てのパーツとビーズを合体させます。

20111215_09Tピンを丸やっとこで曲げて、ポールチェーンを付けたらチャームの完成!やはりピーチパフェより時間は掛かりませんでしたー。あちらはグラスの編み方から既に複雑だったからねぇconfident

20111215_10
こっちもツリーにぶら下げておきますbleah

ビーズキット、残るは最難関のクマとウサギ。きっと3倍くらいの時間がかかります・・・。(;´▽`A``年内にやるかどうか~(笑)。

2011年12月15日 (木)

再びミュンヘンクリスマス市へ

ビーズで抹茶パフェも作ったけど、先にこちらをUP。一昨日載せたホワイトイルミネーションに引き続き、ミュンヘンクリスマス市 in Sapporoにも行ってきました(写真はクリックで拡大します)。

20111212_24 こちらも雪が積もりました。除雪で出た雪の山も出来たようす↑。まだまだ少ないけどね。

20111212_25 宇宙の領域くんも健在。周りにうーっすら見える白いものは雪です。チラチラ降って来ました。

20111212_26_2寒いので飲食スペースのテントもにぎわっています。中にストーブがあります。

ここからは、前回あまり撮れなかったクリスマス関連の雑貨を扱うお店をご紹介。

20111212_27

20111212_28 スパイス・オーナメントのお店。

20111212_29 レースの窓飾りのお店。会場からカメラを北に向けて撮ると、背景に市役所のビルが写ります。kazamidoriさんのブログで、ドイツのクリスマスマルクトはどこも市庁舎前の広場でやってると伺って、札幌も偶然にも市役所前だ!と驚きました。ドイツの歴史的建造物と違って、近代的なビルだけども、土曜日には窓の明かりをツリー型xmasにするなんていうサービスもしてるそうです。

話が逸れました。レースで出来たクリッペ(キリスト誕生絵巻)を探してみたのですが・・・、

20111212_30 売れてしまったようです。

20111212_31 代わりに軒先を飾っていたのは犬の飾りdog

20111212_32 今日もサンタさんはサービスよく会場内を回っていました。雪の中ごくろうさまです。

20111212_33 ステンドグラスと電飾のお店。(真正面から撮ってないのはビビってるからです…)

20111212_34 これはアロマキャンドルを入れるものらしいです。

20111212_35 トナカイの毛皮を身にまとったサンタさん。毛皮は本物です。horse

20111212_36 色々見てたら降って来ましたsnowけど、もうちょっと回ります。

20111212_37 今年初出店、スペインパエリア。

20111212_38 お菓子のおうちheart04

20111212_39 どのお店もディスプレイが凝っててカワイイshine

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

一周しかしてないのに、体がガタガタ言うほど寒くなった!早くグリューワイン(温かいスパイス入りのワイン)を~~~!!目をつけてある例のお店(前回の記事参照)へGO!!

20111212_40

20111212_41 一番右のスタンダードを注文。なぬ?人気No.3?2と1は確認しなかった~。多分ソーセージセット\950でしょう。

20111212_42 ほい、これで¥500moneybag せめてもうちょっと上まで注いでくれや・・・。つか、テーブルが真っ白なんですけど・・・。

全然あったまらないので、ストーブのあるテントへGO!!run

20111212_43 混んでるw

んで、こちらのグリューワインのお味ですが、前回のお店のものよりも、果汁っぽい。フルーティーというんじゃなくてジュース割りっぽい感じ。後でお店に戻って裏のラベルを見せてもらうと、思いっきり日本語で、「クローブ、シナモン、アニス、オレンジ、レモンを入れた(以下略)」という説明文が書いてありました。多分、オレンジピール(皮)じゃなくて果汁が入ってるのね。こりゃ、ワインが濃い分、前回の方が好みかなconfident

あとは日本のお店が出してるのも売ってるんだけど、どうしてもスパイスが薄めになって物足りないのよね~(その方が日本人好みらしい)。マルクトの始めの頃、口に合わなくて大量投棄されているのを見たからなあ。

・・・なんて事を考えながら、テントの中でストーブに当たって、後から来た家族連れのお子さんとお話ししながら飲んだら、少し暖まりましたwine

後で近くにあるNHKについてる温度計を見たら、-2.4℃と書いてありました。そりゃ寒いわっ。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

16日追記:

公式ページでは「海外から出店」の文字で隠されてしまったクリッペの写真。紙媒体の公式パンフレットをやや強引にカメラで撮影しました。スキャナーないねん・・・。

20111216_01 ↑クリックで少し拡大します。この写真の左上のがクリッペかと。
でもこの書き方なら、窓飾りレース=クリッペ、みたいに読み取れるよねえ??20111216_02 拡大図!多分これのことだと思う。うまや、上げ底の飼い葉桶、ベツレヘムの星、聖母と天使、キリスト生誕絵巻、これがクリッペの窓飾りだよね??

2011年12月14日 (水)

ビーズキットでスイーツ[その2]

前回の[その1]の続きです。グラスの中身を作って盛っていきます。

20111214_01 「グラスの中身」。なんだか分からないけど、ドーナツ状というかただの輪っかsign05

20111214_02 パフェのトップになるところ。天辺から下に向かって編んでいきます。でもなぜだか不思議な配色。不規則だし…。

20111214_03 それにしても小さすぎる!!「グラスの中身」はこのまま糸始末をして終わりです。

20111214_04 トップの方にクリームを付けます。上から作ってるので、「乗せる」じゃないのよね。

20111214_05 天辺の不規則な並びだと思った所は、こうして白いクリームの上にカラーのフルーツソース(?)を螺旋(らせん)状に付ける部分と、ちゃんとつながるようになっていた!レシピ考えた人すごいな!!

20111214_06_2 真上から見ると時計回りにらせん状になっています。

20111214_07 これで、編んで作るパーツ作りは完成。あとはこれに大小さまざまなビーズを混ぜながら合体させて行きます。

20111214_08 セロハンテープは抜けないようにするための仮止め。全部をTピンに通したら仮止めして、グラスとトップのパーツにビーズを入れながら編んで繋いで行きます。

20111214_09 Tピンを曲げて輪を作り、チェーンを通したら完成!謎のパーツ「グラスの中身」は透明ビーズの網目の隙間からチラッと見えます。凝ってるなあ。しかし今回は本当に小さくて大変でした。ふぅ。肩凝った~。

20111214_10 せっかくなので(?)、これもクリスマスツリーに下げてみましたhappy01 姪の気に入れば即プレゼントpresentとなるでしょう。プレゼントはxmasツリーの下に置くのが本式らしいしね。

あ~っこれ、抹茶パフェも買ってあるんだ~。もう1つ作らないと~~~!!

2011年12月13日 (火)

再びホワイトイルミネーションへ

20111212_6

20111212_18

前回行った場所ですが、雪が積もったので再び写真を撮りに行ってみました。いかんせん同じ場所なので似たような写真が多いですが、前回撮りそこなった場所も撮って来たので追加で載せますね。(写真はクリックで拡大します)

20111212_9 前回行かなかった1丁目の愛のツリーsapporo。なんで愛かというと、ツリーの前にあるテレビ塔の展望台から見下ろすと、この赤い光の輪がハート型heartになるのだとか。展望台は有料なので行きませんでした~。

20111212_10 3丁目のツリー。

20111212_11 ツリーの根元を前回とは別角度から。この日隣町の岩見沢市では1mも降った局所的ドカ雪というのに、札幌市中心部はうっすら積もってる程度ですね。

20111212_12前回kazamidoriさんからコメントを頂いた3丁目のスズランをアップで。スズランは何十年か前に市民の公募で決まったという札幌市の花です。

20111212_1320111212_21  こちらは4丁目の青い光の絨毯、クリスタルリバーの後ろ側にありました。札幌市の木、ライラック。ちゃんと花びらが4枚の十文字になっているのがいいね。ピンクのとうもろこしじゃないよ。

20111212_15

こっちは4丁目の例のクリスタルリバー。前回書いた「橋のようなもの」とはコレ↓

20111212_16順番待ち~。

この橋中央から撮った写真が、前回と、今回の2枚目に載せた写真です。舞台裏を公開(。・w・。 )

20111212_19 これも橋の上から。青い光が消えた瞬間。どうです?うっすらですが、積もりましたよ。

雪が光を反射して、綺麗に見えるかな~?

20111212_22_2 20111212_23 ・・・と思ったら、なぜかピントが合わなくなってしまいました。

橋の真下にも電球は続いていて、下が透けて見えるようになっています。

20111212_17 お友達と写メでキャッキャッ言ってたJKとhappy02

20111212_7 ついでなので地味~~~だけど、一応ホワイトイルミネーションの企画の1つなので、撮りました。駅前通り大通公園からすすきの方面を眺める。例年にくらべて随分縮小しました。けど、3月に地下歩行空間が出来てから、みんな地下を歩くようになったので、縮小の方向でいいんじゃないでしょうか(なくなっちゃうのは寂しいけどね)。

20111212_8こっちは南北じゃなくて東西方向の南1条通り。 1丁目と2丁目の間から西を向くの図。ちょっと分かりにくいけど、この辺はhimi_chan想い出の場所だとか(^^)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

最後に、会場を戻って大通公園3丁目から東を眺めたところです。写真を撮った順番と記事は一致してないんだけどね。

20111212_14 すずらんの葉の先、上の方に丸い光が。

20111212_20 なにかと思ったら、十六夜、いや十七夜の月がぽっかり出ていました。

2011年12月12日 (月)

ビーズキットでスイーツ[その1]

今日もこちらのビーズキットからの製作。ペースを上げています。snaildashdash

20111015_13_2 MIYUKIビーズ スウィーツチャーム3 No.51 ピーチパフェ
完成すると4.5cmほどの小さいチャームになります。これまた孫が好きそうなピンクだと母が買ったもの。難易度(製作時間)が★★★★☆で結構かかりそう。

20111015_14 すぐに作るつもりで、10月に写真を撮っていたようです。

20111212_01_2 グラスの底(脚)の部分。

20111212_02

20111212_03 グラス部分を編み上げていきます。

20111212_04 グラス部分が完成したところで、今日はここまで。今日は割りとマクロ撮影が出来たようなので、先日のクリスマスリースの写真も追加しておきます。

20111212_05 完成予定図と。この後中身を作って盛っていきます。

2011年12月11日 (日)

私も皆既月食

皆既月食、というタイトルでの新着情報をチラチラ見掛けます。私も便乗しちゃいましょう。(1日に2つ記事を書くのは初めてだわー)

昨晩の札幌は曇っていて時々雪もチラついていたので、観測はすっかり諦めてココログのアバター広場で遊んでいました。話の途中で、ふと窓の外を見ると雲が切れていたので、「見てくる!」と中座して慌てて外に出たら、8割ほど欠けた月を見ることが出来ましたmoon3

20111210_07 カメラ(コンパクトカメラ5倍ズーム)で撮ると明るい部分が膨張して、実際より太くなってしまいますね。地球の影になっている部分ももうちょっと赤黒かったです。

写してすぐに戻って来たのですが、どうせなら皆既食の瞬間を見たいと思い、時間を見て外に出ようとするとまた雲がかかり、空が真っ白になって、おまけに雪も降って来ましたsnow

こりゃダメだとまちに戻り、少し話して23:25頃、窓の外を見ると雲が切れて星が見えている!shine

「また見てくる!」と中座して、コートやマフラーに手袋と耳当てを掴み、急いでまかなって外に飛び出しました!

20111210_08 おお、全部欠けてる!newmoonsign03カメラではぼーんやりですが、肉眼ではやや不気味なほど神秘的な月が見えていました。(マクロでブツ撮りはピンボケになるのに、こんな暗い月が撮影できるとは!)

赤い月、と聞いていましたが、思ったより赤く見えなかった気がします。というのも、昨年の12月も札幌では皆既月食を観測できました。(他の地域は天候が悪くて見えなかったらしいですね)その時は欠け始めながらの月の出だったので、角度も浅く、皆既食の時でも大きく赤黒く見えましたが、今回はほぼ南中で皆既食になったので、月も小さく、思ったより(昨年の記憶より)赤くないように思いました。

この写真を撮ったあと、すぐに真っ白で分厚い雲に覆われてしまい、今も曇ったままです。月が戻る方は全く見ることが出来ませんでしたが、部分食と皆既食はチラチラッと見ることが出来ました。次の皆既月食は3年後らしいです。

アバター広場のまちでお話していたみなさん、何度もせわしなく中座してごめんなさい。体はすっかり冷えたけど、お話も月見も両方出来て楽しかったです。全国に散らばる皆で同じ月を見たっていうのも、なんだか良かったです(^-^)

テープヤーンでミニマフラー

昨日書いたビーズの記事に続き、これまた手づくりフェスティバルで買ってきた毛糸です。

20111210_01 スキー毛糸(元廣) ルビーフラット スパンコール 104番
ややレンガ色がかったワインレッドというより臙脂色で銀のスパンコール入りshine

私のじゃなくて、母のなんですが、なぜか自分で編まないで私にやらせようとする。1日で編めるし、去年も100均の毛糸で3本編んでいるので、ま、いっか。やってあげようじゃないの。

ちなみにこの写真、全部本物と色が違う~!!レタッチしてもダメでした。蛍光灯だからかな。

20111210_02 んで、毛糸を買ったら編み方の説明書が付いて来たので、その通りに編み始めます。糸端は3目分ほど折り返して7目針に掛けます。

20111210_03 それからガーター編みを繰り返します。そのまま1玉分編んで、最終段で伏せ止めをすれば出来上がり、というもの。

20111210_04 サクサク編んでいたら、なんとショック!!玉(というかカセか)の中に結び目が!普通の毛糸でも結び目がある玉に当たると、糸始末の手間が増えるのでアンラッキーと思ってしまうのです・・・despair

百均の糸は「縫え」とありましたが、この毛糸の場合は、3目分ほど重ねて編めばそれで良しとのこと。本当にほつれて来ないのでしょうか・・・。

などと言っているうちに、残りの毛糸が短くなり、7目編める分+半端分だけになったので最終段とし、伏せ止めをして糸始末をして終わり。・・・のはずが、最後に引き抜いた糸が、通し方が悪かったようで、しっちゃかめっちゃかの、ぐっちゃぐちゃの、わやわやに絡まってしまった!!!

はしごになっている部分に、フリルの部分をねじって通してさらに他の段を巻き込んだらしく、もう何がなんだか分からない状態に!最悪は切るか?まで行きかけたけど、格闘の末、なんとかほどけた!

ここまで複雑に絡んだのは、毛糸の糸端が癖で縮まっていたせいだと思い、アイロンで伸ばしてから編み直しました。最初からそうすれば良かったのにねー。編み始めは縮んだままやったよ^^;

20111210_05

今度は慎重に糸始末をして、出来ました。普通は1時間くらいで出来るそうですが、こんなところでもsnailパワーを発揮。2時間半掛かりました・・・。shock

20111210_06ちなみに、私が使った棒針は8号短針。指示書にはなんとも大雑把な指定が。イベントのブースでは店員さんは14号で編んでました。何でもいいのねw 私は長い針だと邪魔になるので、持っている短針の中で一番太いものを使いましたが、輪針でも良かったのか。今頃気付いたけど、ま、いいや!coldsweats01

母は気に入ってくれましたよーwink キラキラshineのスパンコールが綺麗で顔周りが華やかです。粒が大きくないのでそれほど派手ではなく、肌に当たっても特に気にはならないそうですhappy01

2011年12月10日 (土)

ビーズのクリスマスリース

もう2ヶ月も経ちますが(早い!!)、10月に記事にした手づくりフェスティバルで買って来たMIYUKIビーズのキットです。

20111209_04

その中から、これをチョイス。必要な材料は全部揃っています(なくしても大丈夫なように多少の予備も入ってるよ)。

20111209_05

MIYUKIビーズ マスコットファン クリスマスシリーズ6 No.55 ツインカラーのリース

作業工程の全てをすっ飛ばして、出来ました。テレビを見ながらで、1箇所間違えてやり直したけど無事完成。

20111209_08大きさは3cmくらいで、リースの葉に当たるところは大小のスパンコールと丸小ビーズで出来ています(あまりのピンボケっぷりに、12日に写真を差し替えました)。ツインカラーとあるのは、表には赤の、裏には青のビーズで飾りを付けているからです。隙間から青が少し見えるかな。

20111209_07

まだ出してなかったxmasツリーを急いで出して他の飾りと一緒にぶら下げました。去年も同じシリーズの別のリースを作ったので、一緒に並べてcameraパチリ。ちなみにこのツリー、30cmのミニサイズですが、飾りがついて105円でした。木製お人形さんのオーナメントセットも105円。scissors

あ~クリスマスに間に合った~!coldsweats01 (今年のアドベントって11月27日からだったのね…υ)

2011年12月 9日 (金)

ラムレーズンチョコ(゚д゚)ウマー

20111209_01 冬季限定のチョコレート、ラムレーズンがウマイ!deliciousこの冬は2種類ゲット。どちらもちゃんと(?)アルコール入りで、食べるとちょっとポーッとするかもgawk

20111209_02 ラミーは横長が2本で、メルティキッスは縦長が4本入ってます。ラミーは勢い余って1本全部食べてしまうので、(1本までとするなら)メルティキッスの小分けの方が罪は軽いかも?coldsweats01

20111209_03

チョコレートはビターが好きですが、ラミーの方はちょっとクリーム分が多い感じ。でもレーズンは多めだと思います(今年になって減った!という噂アリ)。メルティキッスはチョコレートはクリーム多めながらもスッと溶けて、油っぽくない。でもレーズンが少ないと思う!もうちょっと食べたい!

こうやってバクバク食べてしまうのね・・・。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

関係ない記事に混ぜてこっそり報告。

20111208_01 編みかけのリストウォーマー、ここまで編んで、あとは上のゴム編みだけ!と思ったら、写真ではボケてしまいましたが、下の2目ゴム編みがなんだかだらーんとしてゆるい。本体の模様編みの方が案外縮む編み方だったようで、ゴム編みの方の縮み方が足りずにだらしなーい感じ。針の号数を小さくして編むべきだったようです。

なんだか気になる・・・。びよーんと伸ばしてみても、やっぱり気になる、手に通してみても、気になる・・・気になる・・・。

ええーい!こうしてくれるわ!!down

20111208_02

進まない~!snail...

2011年12月 6日 (火)

クリスマス市とホワイトイルミネーション後編

後編は夜の写真です・・・とその前に、昼に撮った写真がもう1枚あるのを思い出しました。こちら↓

20111129_08

会場内のヴァイナハツパビリオンという名の休憩小屋の中にひっそりと置いてあるミニチュアの模型です。聖なる御子誕生のシーン。Kちゃん、クリッペちゃんとあったよ!!この厩(うまや)の横幅が50cmくらいなので、イエスさまは3~4cmくらいではないかと思います。

ドイツでは「クリッペ」と言うそうです。Kちゃんが教えてくれました。飼い葉桶という意味だそうです。本場ドイツでもクリスマス・マルクトには欠かせない物だそうですが、本物の動物を使ったクリッペには笑わせてもらいました。そんな本場のマルクト情報が満載のKちゃんことKazamidoriさんのブログはコチラ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

それでは、夜のシーンへ参りましょう。

20111129_18

昼よりも一層混んでいます。なんか会場が暗いな~と思ったら、カウントダウンが始まり・・・、

20111129_19

宇宙の調w・・・なんだっけ?ああ、「宇宙の領域」か、と周りの木に施したイルミネーションがパッと点灯しましたflair6時ちょうどだったのね。これ、毎正時にやってるみたい。ついた~という歓声と拍手を背に聞きながらシャッターを切り、会場内をまたぐるっと回ります。

20111129_20 昼間グリューワインを買ったところ。

20111129_21 しゃがんでも引いてもフレームに収まらない宇宙の領域くん。後ろのテレビ塔のイルミネーションは色を変えて輝いてるのに、あえて白いままの領域くん。(上の写真と比較してみて!)

20111129_22 ぐるっと回って反対側から。右の白いテントは雪と風除け付きの飲食スペースです。前編で雪のないハンパな日に来たと書きましたが、ここの公式ブログを見てみたら、吹雪の日にも撮影していて、斜めに降る雪の粒で光が霞んでいました。そりゃ視界悪くなるよな。この日で良かったかもしれない。

20111129_23 昼も撮ったアーモンド屋さんの前から。ドイツ人のおっちゃんだけ顔出してみた^^;

20111129_24 会場内にはサンタさんがいて、気軽に撮影に応じてくれます。結構人気者。親子で撮影している所を後ろから失礼してパチリcamera(豊かな白ヒゲを蓄えた外国人っぽい人が入ってますhappy01)あれ、サンタさん、今年はプレゼントの入った大袋を持ってないぞ?pouch←こんなやつ。公式ガイドブックによると・・・今年は日曜日に1,000円以上のお買い上げで抽選会に・・・有料か!dollarしかも抽選か!bell

全体的に大雑把な写真しか撮れませんでしたが、また来ることを誓い(グリューワインを飲みにね!)、クリスマス市の会場を後にして、隣の大通公園3丁目~4丁目に向かいます。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

続きまして「第31回さっぽろホワイト・イルミネーション」の写真です。公式ページはコチラ

クリスマス・マルクトは大好きで毎年何度も行きますが、イルミネーションの方は実はあまり来たことがありませんでした。けれどもここに載せる写真を撮ろうとやってきました。

20111129_25 3丁目会場。手前に白いゲートがあって、その向こうにある青い山は夏の間噴水だったところに設置したツリーです。廃油を燃料にして発電しているのだとか。あちこちで記念撮影をしていましたが、聞こえて来るのは中国語っぽいです。

20111129_26 ツリーの根元には沢山のスノーマンやらサンタさんやらの飾りが光っています。このツリーも青⇔赤に色が変わるみたい。

20111129_27 次は4丁目会場。信号を渡って見えてきたこの青い魚網のようなものは何だ??

案内のある方まで進むとなにやら人垣が。みんな撮影ポイントと書いてある、鉄パイプを組んで作ったやぐら?か歩道橋みたいな物に乗るために列を作って待っていたので、私も加わってみました。

20111129_28

うぉー!これすごいじゃん!魚網かと思ったら、「crystal river」と書いてありました。大河を表現したものだそうな。

20111129_29 順番が来て、やっとセンターへ。三脚にビデオカメラmovieを据えて動画を撮ってる人もいました。私もデジカメの動画で撮ればよかったかなー(しかしバッテリー残量が少なかったのだ!)。

20111129_36 ここから見ると、3丁目のツリーと2丁目の白いツリー「宇宙の領域」くんと1丁目のテレビ塔がちょうど重なって見えるのね~(領域くんは枝だけね)。不鮮明なのはコンデジの限界にて失礼。

20111129_31 そして手前の大河。銀色にキラキラしたものだけ残して、あ、消えた、と思ったら、

20111129_32 奥から青い光がザーッと迫ってきて

20111129_33 波になって押し寄せて来る!!

20111129_34 ザバババババーン!!wave あ、これ海じゃなくて川だったか。

20111129_35 橋の足下までこんな風に照らしてくれています。いや~これ綺麗だったわ~。初めて見たわ~。一通り見終わったので橋から降りて振り返ると、みんなセンターで詰まってました。いつまでも見ていたくなるよね。雪が積もるとどうなるのかも、ちょっと興味あるよね。

ここでカメラのバッテリー切れ。どうせ5丁目~8丁目はたいしたものもないし、節電で少し規模の小さくなった駅前通りや南1条通りは、クリスマス過ぎても雪まつりまでやってるし、で、ホワイト・イルミネーションのレポートはこれにて終了!待っている間に結構冷えた!地下に潜るぞ!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

話は戻って、ミュンヘン・クリスマス市で買ったものをご紹介。

20111206_02 中央のクリスマスカードが今回買ったもの。東京に住んでいる友達が毎年このシリーズのカードを楽しみにしてくれていますwink(オッサンタだけどね。去年はオバサンタだったw)。その友達は偶然にもKちゃんと同じハンブルクに住んでいたことがあって、やはりそこでマルクトにはまったそうで、懐かしく思ってくれているそうです。

カードを買うと上のカワイイ袋に入れてくれます。その横のカードは公式ハガキ、ブーツの絵のラリーカードともに人気絵本作家のそらさんの絵です。JR北海道のICカードKitacaのエゾモモンガの絵もそらさんの手によるものです。ほんわかでカワイイ。札幌市もマルクトが10周年記念で張り込んだらしい。

左のレースで出来た飾りは以前のクリスマス市で買ったものです。今年もスパイス飾りの隣にお店を構えていました。レースで出来たクリッペもあるんだって!これは本当は窓飾りだそうです。壁に掛けてたYO!!(裏表あるし・・・)

20111206_01 こちらはひつじのラムキンr-mark。手前左がサンタラムキン。クリスマスカードコレクションのブースで売ってます。

出会いはちょっと遡って、2003年だったかな、初めて行ったクリスマス市で初めて見かけたものの、その場では買わず、以後すご~く気になってました。春が来て、夏が来て、秋が来ようかというそのとき、ふとネットを検索してみたのです。

ラムキンという商品名を覚えていたのに助けられ、作家さんのブログを見つけることが出来ました。記事を読むと直近にご自宅で展示即売会をするとあり、突撃することに決めました!作家のおおいえさんは、突然の訪問で全くの初対面ながら、いきさつをお話すると歓迎してくれ、ともに手仕事と音楽の趣味を持つという共通点からすっかり盛り上がってしまい、以後とてもよくして下さっています。先日もひつじコミュニケーションでお会いしました(「ボレロその3」で書いた日の事です)。こちらは趣味であちらはお仕事ですけどねw

初めて買ったラムキンは手前中央の豆ラムキンですが、イベントごとに1つずつ増え、いまでは7匹に増殖。最近は増殖のペースも止まっているのですが、おおいえさんの会社はもっともっと大きくなって毎日忙しく活躍されています。ブログはコチラ。これもクリスマス・マルクトでの出会いがきっかけとなってつながったご縁です。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

後編の最後にもおまけ。

前編のおまけはカラスのカップルでしたが、こちらはイルミネーションの中にいる丹頂鶴のカップル。丹頂鶴は一度つがいになったら一生相手を替えないのだとか・・・。

20111129_30

昼もカップル、夜もカップル、おひとりさまで行った私に対するあてつけですか!pout

2011年12月 5日 (月)

クリスマス市とホワイトイルミネーション前編

お待たせしました。先月末クリスマス市に行って来たのをレポします。カテゴリーはなんだか分からないので、とりあえず旅行・地域ってのにしておきます。このレポを1人だけ確実に待たせてる人がいます。クリスマス・マルクト(市)本場ドイツ在住のKちゃん。かなりショボイけど見てねcoldsweats01

札幌市は同じ年に冬季・夏季オリンピックを開催したという関係でドイツのミュンヘンと姉妹都市なのですが、提携から39年経った今でもドイツかぶれな^^;イベントを色々とやってます。そのうちのひとつが、この「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo 2011xmas。クリスマス市はミュンヘンだけじゃなくてドイツ国内各地で大々的に行われているこの時期ならではのイベントですが、友好関係を示すためにこの名前を冠したのでしょう。

前置きはともかく。

20111129_03

マルクトの会場は大通公園2丁目の半分ほど。写真は西側入り口前から東を望む。正午少し過ぎなのですが、どんより~。翌日には雪で真っ白になりました。雪があった方が札幌らしいのに、なんともハンパな日に行ったものだわw

このイベントは今年で10年目。ビアガーデンの時には使わないのにこの1ヶ月のためだけにこの小屋が用意されてるんですねえ(カワイイから許す)。

20111129_04_2 

2丁目のシンボル、ホワイトツリー・・・という名前かと思ってたのに調べたら「宇宙の領域」なんていう名前が付いてたよ(゚0゚)。このオブジェを中心にして囲むように市が立っています。Kちゃんが「広いの?」なんて聞いてくれたけど、ぶっちゃけ狭いです。公式ページの出店紹介というページに会場マップがあります。端から端まで何mだろう。(イベントが終わったらリンクは切れるかもしれません)

20111129_05

ともかく、市では可愛らしいクリスマスの飾りやドイツ(っぽい)料理を中心にした屋台料理のお店が立ち並んでいます。規模は小さくてもこの雰囲気は大好き!毎年ワクワクします。上の写真はスパイスデコレーションのお店。クローブやシナモンといったスパイスで作ったクリスマスの飾りを売っています。

買わないのに写真だけってのは大変に気まずくて(多少写ってますが・・・)、遠景でご勘弁ください。m(_ _)m写真は全てクリックすると多少^^;拡大します。

20111129_06 キャンドルのお店。奥は電飾のお店だそうです。

20111129_07

毎年定位置にあるロースト・アーモンドのお店。飲食ブースの端っこですが、中で作ってるので、ここから甘~~いニオイが漂ってきます。気軽に試食させてくれますよdelicious

20111129_09

こちらは反対側の飲食ブース。今年からなぜかスペイン人がやってるスペイン・パエリアのお店が出店。巨大パエリア鍋があって昼も夜も人気でした。今回は写真に撮れなかった。<(_ _)>スペイン語で許可を得ないといかんのか・・・。

20111129_10

死角にあった「小樽ビール」のメニュー表をパチリcamera!小樽の本店も元々ドイツかぶれした^^;お店ですが、マルクトのメニューも立派にドイツ風です。(夏のビアガーデンにも出店するここのヴァイスビールbeerはとっても好みです。がしかし、この日の気温は0℃近いのよ)

20111129_11

近寄ってみる。Kちゃんの好物リンゴのケーキはコレ(一番右下)ではないだろうか?appleアプフェルって教えてくれなかったっけ?説明書きには「温かいデザート」「アップルパイを卵とミルクの温かいバニラソースで召し上がっていただきます。」と書いてあります。おいしそうねhappy02

下は別のお店。

20111129_12

おお、ミュンヘンの白いソーセージもある!ここは肉メニューが充実してるなあ。

ぐるっと回って大好物のグリューワインをどこで買うか決める。各お店で味が違うんだけど、飲んでみるまで分からない。聞いても美味しいよーとしか答えてくれないしねー。一昨年だったかなんて、ただ温めただけの赤ワインを出すお店があって、すごい味になってた。スパイスも甘みもナシ!普段甘いワインは飲まない私もビックリwobbly温められて酸味だけ鋭く立ってた!こんなのグリューワインじゃない!金返せレベル・・・crying

※グリューワイン:クローブやシナモンなどのスパイスと甘味を入れて温めたホットワイン。

そんなんで、グリューワイン選びは慎重になったのです。値段は400円と500円のがあるけれども、経験から、本場直輸入のものの方が美味しいと思うので、今日はここの上の写真のにしてみました。

20111129_13

はい、これで500円。(+容器デポジット代100円←後述します)

20111129_14

比較するものがないと分かりにくいでしょうから。手を添えてみます。Kちゃんに一番アピりたかった所。一口も飲む前でこの量weep500円です。Kちゃんのところはこの3倍以上の量で半額です。それでも買わずに居られない私。ちなみに保温ポットから注いでくれましたcoldsweats01

容器デポジット代とは:この会場での食べ物はすべて使い捨てではなく、再利用できる樹脂製の食器を使っています。食べ終わった後は回収してボランティアが洗っています。確か最初の年からそうしていたと思うのですが、去年から急に返却すると100円戻ってくるというデポジット制度を採るようになりました。驚いたので去年係の方に「もしかして、戻ってこなかったとか?」と聞いてみたところ、「相当数が返却されなかった」とのご返答。リターナル容器をお持ち帰りか!!記念品が欲しいなら有料のマグだって売ってるのに・・・。┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ

んで、こちらのグリューワインのお味は、、、う~む。スパイスの香りもするし、甘味も甘すぎず程よく入ってるんだけど、なんだろう。何かが物足りない。元々のワインもそれなりに美味しいのになー。他のお店も試してみたくなってきた。

他にドイツ直輸入のグリューワインと謳ってるお店はあと2軒。ただし1軒はここと同じ瓶が店頭においてあった。ということは中身は一緒か。もう1軒に狙いを定めておこう。

20111129_15_2

あつあつのホットワインとはいえ、ぶっちゃけ、アルコールが㌧でないので^^今日はこの1杯だけにして後日の楽しみとしましょう。狙いを定めたのはこちらのお店↑。店頭のデコレーションがカワイイので思わずパチリcameraチェリーでもリンゴでもないノーマルのグリューワインは一番左の瓶だね。

・・・昼の写真がここまでなので、今日はここまで。写真が多いので(たいした写真はないのだが・・・)、前後編に分けます。1枚ずつレタッチするのに疲れてしまった。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

前編の最後におまけ。

日本ではなぜかカップルイベントという風潮もあるが、こんなカップルを発見down

20111129_16

カラスのカップルheart04 この真下にはステージがあって、ゴスペルライブとかやるんですけど。これじゃ出演者の頭にぽたーりじゃんかw 音を出したら逃げてくれるかな?

2011年12月 1日 (木)

北欧ニット展

先日ひっそりと予告した林ことみさんの北欧ニット展に行って来ました。

20111129_01

写真は表の看板だけでごめんなさいυちなみにこの看板の後ろ側に真っ直ぐ数十メートル歩けば右手に時計台が見えます。

この看板の写真は、最新刊の「編地を楽しむリストウォーマー」(詳しくは右サイドバーにある注目の本って所から辿って見てね)の表紙を飾っている作品の写真ですが、これも全部展示してありました!目の前に本物がある!!(*゚∀゚)=3 ムッハー 表紙以外に本の中に載っている作品も綺麗に並べて展示してありました。もちろん他の本の作品や北欧の写真パネルも多数ありました。

拙い感想をほんの少々。

編地が凝ってる!どの作品も、これどうなってるんだろう?と思わせる楽しさがあります。裏側まで覗いて見ちゃった。

実際に生で見れて良かった点は、質感がリアルなこと(当たり前かw)。シェットランドレースの繊細さと、繭玉みたいになっている部分をじっくり見れて惚れ惚れしちゃった。糸もよくこんな細いのを紡いだな~。

ドミノ編みの作品も、フェルト化させてある物までしっかり実物を見ることが出来ました。網目が見えなくなるまでフェルト化させたものもありましたが、いつか編みたいと思っていたバッグは割りと網目が見える程度の軽いフェルト化でした。折角編んで作った作品ならやっぱり少しはその痕跡を残したいかな。

ほかに、靴下のかかとの種類は沢山比較して見れたし、かぎ針編みのフィンランドの巾着も、編み込み豚のあみぐるみも想像よりももっともっと可愛らしくて楽しかったです。

林さんの作品もそうだし、北欧や北ヨーロッパの写真パネルを見ても思いましたが、レースなどの一部の作品以外は、どの作品も色使いがビビッドでカラフル。写っているニッターはほとんどがお婆ちゃんなんだけれども、実に明るい色合いの服を着て明るい色の作品を編んでいます!日が短くて暗く、そして長い冬を楽しく乗り切るための工夫でしょうか。北海道の高齢者はグレーの割合が非常に高く、ドブネズミ・ファッションと揶揄されているのをどこかで聞いたし、若い人も、何年か前のファッション誌で札幌は黒の割合が多いとありました(多分今も変わってないでしょう)。街の個性なんだろうか?皆本当にグレーや黒が好きで着ているのかな。いやどうだろう。しばらくはカラフルに影響されそう。でも全身真っ赤とかにはしませんよ(゚ー゚; 一応カラーコーディネートの世界では、アクセントカラーは全体の5%まで、という基準があります。小物などで上手に取り入れて行きたいものです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

こちらは、私が一昨年くらいに編んだ編みかけのリストウォーマー。やはり林さんの本「北欧ワンダーニット」に載っている作品を元に編んだもので、エストニア・スパイラルという技法。上の看板写真でもちょうど3時の方角に同じ技法の作品がありますね。(^^)

20111130_01

編みかけ?一応完成してるじゃん、とお思いでしょうが、実はサイズが合わないのです。半分で幅8.5cmくらい欲しいところが、7cmしかない。同じ時期、同じ糸、同じ針で編んだものはちゃんと出来たのに、なんの手加減かこれだけ細く詰まって編みあがってしまいました。直すのも面倒で放置(;´Д`A ```

実際に林さんのリストウォーマーを目の前で見たら、もっと太くて、もっと短かったです。短くても手首だけ覆っていれば随分あったかいそうです。今はこっちの作品よりも、今編みかけの方を早く仕上げないと。これを書いている間も袖口がスースーして寒いです(今日は真冬日!snow)。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日のおまけ。先述したように、この作品展が行われていた会場のすぐ近くに有名な観光スポットである時計台があります。大通公園に行くために前を通ったのですが、借りてきたカメラの調子を見るために1枚撮影してみました。曇天でどんよりしてるけど、この翌日には寒波で真っ白に。雪景色じゃなくて吹雪模様でうまく写らなかったかも。

20111129_02_2

取説を読んでないので使い方が分からないんだけど、なんとかなりそう(^^; 次回の記事は、このカメラを使って撮った写真で、大通公園で行われているミュンヘン・クリスマス市とホワイトイルミネーションをご紹介します(*ゝω・)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ