最近のトラックバック

« 北欧ニット展 | トップページ | クリスマス市とホワイトイルミネーション後編 »

2011年12月 5日 (月)

クリスマス市とホワイトイルミネーション前編

お待たせしました。先月末クリスマス市に行って来たのをレポします。カテゴリーはなんだか分からないので、とりあえず旅行・地域ってのにしておきます。このレポを1人だけ確実に待たせてる人がいます。クリスマス・マルクト(市)本場ドイツ在住のKちゃん。かなりショボイけど見てねcoldsweats01

札幌市は同じ年に冬季・夏季オリンピックを開催したという関係でドイツのミュンヘンと姉妹都市なのですが、提携から39年経った今でもドイツかぶれな^^;イベントを色々とやってます。そのうちのひとつが、この「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo 2011xmas。クリスマス市はミュンヘンだけじゃなくてドイツ国内各地で大々的に行われているこの時期ならではのイベントですが、友好関係を示すためにこの名前を冠したのでしょう。

前置きはともかく。

20111129_03

マルクトの会場は大通公園2丁目の半分ほど。写真は西側入り口前から東を望む。正午少し過ぎなのですが、どんより~。翌日には雪で真っ白になりました。雪があった方が札幌らしいのに、なんともハンパな日に行ったものだわw

このイベントは今年で10年目。ビアガーデンの時には使わないのにこの1ヶ月のためだけにこの小屋が用意されてるんですねえ(カワイイから許す)。

20111129_04_2 

2丁目のシンボル、ホワイトツリー・・・という名前かと思ってたのに調べたら「宇宙の領域」なんていう名前が付いてたよ(゚0゚)。このオブジェを中心にして囲むように市が立っています。Kちゃんが「広いの?」なんて聞いてくれたけど、ぶっちゃけ狭いです。公式ページの出店紹介というページに会場マップがあります。端から端まで何mだろう。(イベントが終わったらリンクは切れるかもしれません)

20111129_05

ともかく、市では可愛らしいクリスマスの飾りやドイツ(っぽい)料理を中心にした屋台料理のお店が立ち並んでいます。規模は小さくてもこの雰囲気は大好き!毎年ワクワクします。上の写真はスパイスデコレーションのお店。クローブやシナモンといったスパイスで作ったクリスマスの飾りを売っています。

買わないのに写真だけってのは大変に気まずくて(多少写ってますが・・・)、遠景でご勘弁ください。m(_ _)m写真は全てクリックすると多少^^;拡大します。

20111129_06 キャンドルのお店。奥は電飾のお店だそうです。

20111129_07

毎年定位置にあるロースト・アーモンドのお店。飲食ブースの端っこですが、中で作ってるので、ここから甘~~いニオイが漂ってきます。気軽に試食させてくれますよdelicious

20111129_09

こちらは反対側の飲食ブース。今年からなぜかスペイン人がやってるスペイン・パエリアのお店が出店。巨大パエリア鍋があって昼も夜も人気でした。今回は写真に撮れなかった。<(_ _)>スペイン語で許可を得ないといかんのか・・・。

20111129_10

死角にあった「小樽ビール」のメニュー表をパチリcamera!小樽の本店も元々ドイツかぶれした^^;お店ですが、マルクトのメニューも立派にドイツ風です。(夏のビアガーデンにも出店するここのヴァイスビールbeerはとっても好みです。がしかし、この日の気温は0℃近いのよ)

20111129_11

近寄ってみる。Kちゃんの好物リンゴのケーキはコレ(一番右下)ではないだろうか?appleアプフェルって教えてくれなかったっけ?説明書きには「温かいデザート」「アップルパイを卵とミルクの温かいバニラソースで召し上がっていただきます。」と書いてあります。おいしそうねhappy02

下は別のお店。

20111129_12

おお、ミュンヘンの白いソーセージもある!ここは肉メニューが充実してるなあ。

ぐるっと回って大好物のグリューワインをどこで買うか決める。各お店で味が違うんだけど、飲んでみるまで分からない。聞いても美味しいよーとしか答えてくれないしねー。一昨年だったかなんて、ただ温めただけの赤ワインを出すお店があって、すごい味になってた。スパイスも甘みもナシ!普段甘いワインは飲まない私もビックリwobbly温められて酸味だけ鋭く立ってた!こんなのグリューワインじゃない!金返せレベル・・・crying

※グリューワイン:クローブやシナモンなどのスパイスと甘味を入れて温めたホットワイン。

そんなんで、グリューワイン選びは慎重になったのです。値段は400円と500円のがあるけれども、経験から、本場直輸入のものの方が美味しいと思うので、今日はここの上の写真のにしてみました。

20111129_13

はい、これで500円。(+容器デポジット代100円←後述します)

20111129_14

比較するものがないと分かりにくいでしょうから。手を添えてみます。Kちゃんに一番アピりたかった所。一口も飲む前でこの量weep500円です。Kちゃんのところはこの3倍以上の量で半額です。それでも買わずに居られない私。ちなみに保温ポットから注いでくれましたcoldsweats01

容器デポジット代とは:この会場での食べ物はすべて使い捨てではなく、再利用できる樹脂製の食器を使っています。食べ終わった後は回収してボランティアが洗っています。確か最初の年からそうしていたと思うのですが、去年から急に返却すると100円戻ってくるというデポジット制度を採るようになりました。驚いたので去年係の方に「もしかして、戻ってこなかったとか?」と聞いてみたところ、「相当数が返却されなかった」とのご返答。リターナル容器をお持ち帰りか!!記念品が欲しいなら有料のマグだって売ってるのに・・・。┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ

んで、こちらのグリューワインのお味は、、、う~む。スパイスの香りもするし、甘味も甘すぎず程よく入ってるんだけど、なんだろう。何かが物足りない。元々のワインもそれなりに美味しいのになー。他のお店も試してみたくなってきた。

他にドイツ直輸入のグリューワインと謳ってるお店はあと2軒。ただし1軒はここと同じ瓶が店頭においてあった。ということは中身は一緒か。もう1軒に狙いを定めておこう。

20111129_15_2

あつあつのホットワインとはいえ、ぶっちゃけ、アルコールが㌧でないので^^今日はこの1杯だけにして後日の楽しみとしましょう。狙いを定めたのはこちらのお店↑。店頭のデコレーションがカワイイので思わずパチリcameraチェリーでもリンゴでもないノーマルのグリューワインは一番左の瓶だね。

・・・昼の写真がここまでなので、今日はここまで。写真が多いので(たいした写真はないのだが・・・)、前後編に分けます。1枚ずつレタッチするのに疲れてしまった。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

前編の最後におまけ。

日本ではなぜかカップルイベントという風潮もあるが、こんなカップルを発見down

20111129_16

カラスのカップルheart04 この真下にはステージがあって、ゴスペルライブとかやるんですけど。これじゃ出演者の頭にぽたーりじゃんかw 音を出したら逃げてくれるかな?

« 北欧ニット展 | トップページ | クリスマス市とホワイトイルミネーション後編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

きゃー!!素敵heart04
ドイツのイベントなんてめずらしいなーって思います。
札幌の野外イベント、ドイツってイメージ
だけで寒々感じますが、ホットワインで身体温まり
プラマイゼロかな(私は飲めないけど(^-^;))

クリスマスってなぜか気分が高揚するねー
こんな市場に行ったら、きっと私は散財して
しまいそー。

わ~この市に行きた~い=3=3 雑貨屋さんも見たいけど
やっぱり「ジャーマンアップルパイ」だわ~食べた~い
・・・私も一番右下のヤツ(゚ω゚)(。_。)ウンウン
私の街にも来てくれないかな❤
残念ながらワインは飲めないからジャーマンポテトとソーセージだな~
キャンドルは並べて飾るだけでも可愛いしね~
これで、夜になればイルミ点灯でガラッと雰囲気変わるんだろうね❣
楽しみ~^^

うぁ~い 待ってたよぉ~ すごい詳しいレポで感激\(^o^)/
屋台の雰囲気とか、けっこう感じ出てるね!
ドイツの木組みの家をイメージしたデザインかな。

メニュー、いろんな意味で興味津々よ。
シャシリクはドイツの料理じゃないけど。。
たしかに串焼きのお肉はよく売ってるけどね(゚ー゚;
そそ、アプフェル♪これ大好きぃheart04うん、アッフェルと聞こえなくもないか。。
グリューワイン、ちよたんの力説がよくわかったわ!
この量でその値段は高いなー 次回、おいしいのに出会えるよう祈ってるわ♪
後編も楽しみに、気長に待ってまーす(^_-)-☆

おー!
面白いレポありがとう。

ツリーの名前が気になって気になって仕方ないけど、食べ物とか片っ端から試したくなるわね。
ワインは、暖かくなくていいから、ボトルごとよこしなさいよ!って感じだわね。

個人的にはドイツワインはあまり飲まないのだけど、なにかオヌヌメあったらおしえて~

>珈琲ネコさま
ここ大通公園では、このマルクトの他に、夏にはビアガーデンドイツ村、
秋にはオータムフェスト(10月じゃなくて9月からやってるのでオータムなのかな)
で、ドイツ(っぽさ)を味わえますbeersmile
食べたことないものも多くて、テンションあがるよねっ。
全部食べたい~っていってるカップルがいて、お一人様の私には^^;微笑ましい。
ちゃんと写ってないけど、雑貨かわいいのよ~。
うちにあるの紹介するわん。


>ヒマラヤンポピーさま
ぽぴちゃん呑めないのか~。大丈夫、ココアcafeも甘酒japaneseteaもあるよん♪
私は残念ながらアップル系果物が大好物ながらアレルギーで食べられないのだ。
cherryチェリー系のビールやワインもアウトwobbly
私の代わりに注文して写真を撮ってくれ~!


>kazamidoriさま
Kちゃんキタ───(゚∀゚)───!!
本国には遠く全く及ばないけど、こっちもそれなりに雰囲気あって好きなのよんxmas
名前にリンク貼ってくれたのねー。皆さん!!本場の美しいクリスマス
マルクトレポート(略してクリマル・レポ)が見れますよーっ!
ジョッキで提供される2.5ユーロのグリューワインに感涙っconfident

ドイツ料理じゃないけどドイツにある風、といえば、
夏のビアガーデンの時にはケバブの屋台も出るのよん♪


>えまーるさま
そそ、メニュー写真よりも量が少ないから^^;次々食べたくなっちゃう。
でも単価が高いから調子に乗って食べてると数千円いくぞ~。
ここは立食で、数十分もいると足先が痛いぐらい冷たくなって
体もガタガタ震えてくるから、室温のwineワインは会場を移してゆっくり味わうべし。

そういえば、最近ドイツワイン飲まないわね。飲むのはグリューばっかりだわ。
札幌のコンサートホールがパイプオルガンの関係でアルザスのワインを推してるよ。
はるか昔1本買ったけど、記憶にない・・・coldsweats01

いまはこんななのね・・・。
初回のホワイトイルミネーションの時(今とはくらべものもなく質素なものだったけど)、とてもきれいだけどこれがなければ泊原発いらなくない?って北電さんのエリートさんの友達に聞いて、「・・・・・・」って返事しか来なかったことを思い出しました。
観光資源としての大きさもあるでしょうし、全国に先駆けてイルミネーション始めたのもさっぽろっこなんだよなあとか・・・とにかくいろいろ懐かしいです^^ありがとー^^

>himi_chanさま
まちでも伺ったけど、・・・になるわなw
今年の開催にあたって何か協議とかあったんでしょうかね。
廃油とか風力で発電して、電球を全てLEDに替え、
設置場所を縮小したそうです。
(そのLEDを作るのに使った電力は何で作った電気かね)

暗いのも景気悪いし、たしかに観光の呼び物にもしたいしね。
見所は3丁目と4丁目くらいしかないけど、このくらいの規模で
いいんじゃないかなって思います。

小樽で2月にやる雪あかりの路は全部ローソクで、
あれはあれでとっても好きなイベントです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212355/53409517

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス市とホワイトイルミネーション前編:

« 北欧ニット展 | トップページ | クリスマス市とホワイトイルミネーション後編 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ