最近のトラックバック

« クリスマス市とホワイトイルミネーション前編 | トップページ | ラムレーズンチョコ(゚д゚)ウマー »

2011年12月 6日 (火)

クリスマス市とホワイトイルミネーション後編

後編は夜の写真です・・・とその前に、昼に撮った写真がもう1枚あるのを思い出しました。こちら↓

20111129_08

会場内のヴァイナハツパビリオンという名の休憩小屋の中にひっそりと置いてあるミニチュアの模型です。聖なる御子誕生のシーン。Kちゃん、クリッペちゃんとあったよ!!この厩(うまや)の横幅が50cmくらいなので、イエスさまは3~4cmくらいではないかと思います。

ドイツでは「クリッペ」と言うそうです。Kちゃんが教えてくれました。飼い葉桶という意味だそうです。本場ドイツでもクリスマス・マルクトには欠かせない物だそうですが、本物の動物を使ったクリッペには笑わせてもらいました。そんな本場のマルクト情報が満載のKちゃんことKazamidoriさんのブログはコチラ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

それでは、夜のシーンへ参りましょう。

20111129_18

昼よりも一層混んでいます。なんか会場が暗いな~と思ったら、カウントダウンが始まり・・・、

20111129_19

宇宙の調w・・・なんだっけ?ああ、「宇宙の領域」か、と周りの木に施したイルミネーションがパッと点灯しましたflair6時ちょうどだったのね。これ、毎正時にやってるみたい。ついた~という歓声と拍手を背に聞きながらシャッターを切り、会場内をまたぐるっと回ります。

20111129_20 昼間グリューワインを買ったところ。

20111129_21 しゃがんでも引いてもフレームに収まらない宇宙の領域くん。後ろのテレビ塔のイルミネーションは色を変えて輝いてるのに、あえて白いままの領域くん。(上の写真と比較してみて!)

20111129_22 ぐるっと回って反対側から。右の白いテントは雪と風除け付きの飲食スペースです。前編で雪のないハンパな日に来たと書きましたが、ここの公式ブログを見てみたら、吹雪の日にも撮影していて、斜めに降る雪の粒で光が霞んでいました。そりゃ視界悪くなるよな。この日で良かったかもしれない。

20111129_23 昼も撮ったアーモンド屋さんの前から。ドイツ人のおっちゃんだけ顔出してみた^^;

20111129_24 会場内にはサンタさんがいて、気軽に撮影に応じてくれます。結構人気者。親子で撮影している所を後ろから失礼してパチリcamera(豊かな白ヒゲを蓄えた外国人っぽい人が入ってますhappy01)あれ、サンタさん、今年はプレゼントの入った大袋を持ってないぞ?pouch←こんなやつ。公式ガイドブックによると・・・今年は日曜日に1,000円以上のお買い上げで抽選会に・・・有料か!dollarしかも抽選か!bell

全体的に大雑把な写真しか撮れませんでしたが、また来ることを誓い(グリューワインを飲みにね!)、クリスマス市の会場を後にして、隣の大通公園3丁目~4丁目に向かいます。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

続きまして「第31回さっぽろホワイト・イルミネーション」の写真です。公式ページはコチラ

クリスマス・マルクトは大好きで毎年何度も行きますが、イルミネーションの方は実はあまり来たことがありませんでした。けれどもここに載せる写真を撮ろうとやってきました。

20111129_25 3丁目会場。手前に白いゲートがあって、その向こうにある青い山は夏の間噴水だったところに設置したツリーです。廃油を燃料にして発電しているのだとか。あちこちで記念撮影をしていましたが、聞こえて来るのは中国語っぽいです。

20111129_26 ツリーの根元には沢山のスノーマンやらサンタさんやらの飾りが光っています。このツリーも青⇔赤に色が変わるみたい。

20111129_27 次は4丁目会場。信号を渡って見えてきたこの青い魚網のようなものは何だ??

案内のある方まで進むとなにやら人垣が。みんな撮影ポイントと書いてある、鉄パイプを組んで作ったやぐら?か歩道橋みたいな物に乗るために列を作って待っていたので、私も加わってみました。

20111129_28

うぉー!これすごいじゃん!魚網かと思ったら、「crystal river」と書いてありました。大河を表現したものだそうな。

20111129_29 順番が来て、やっとセンターへ。三脚にビデオカメラmovieを据えて動画を撮ってる人もいました。私もデジカメの動画で撮ればよかったかなー(しかしバッテリー残量が少なかったのだ!)。

20111129_36 ここから見ると、3丁目のツリーと2丁目の白いツリー「宇宙の領域」くんと1丁目のテレビ塔がちょうど重なって見えるのね~(領域くんは枝だけね)。不鮮明なのはコンデジの限界にて失礼。

20111129_31 そして手前の大河。銀色にキラキラしたものだけ残して、あ、消えた、と思ったら、

20111129_32 奥から青い光がザーッと迫ってきて

20111129_33 波になって押し寄せて来る!!

20111129_34 ザバババババーン!!wave あ、これ海じゃなくて川だったか。

20111129_35 橋の足下までこんな風に照らしてくれています。いや~これ綺麗だったわ~。初めて見たわ~。一通り見終わったので橋から降りて振り返ると、みんなセンターで詰まってました。いつまでも見ていたくなるよね。雪が積もるとどうなるのかも、ちょっと興味あるよね。

ここでカメラのバッテリー切れ。どうせ5丁目~8丁目はたいしたものもないし、節電で少し規模の小さくなった駅前通りや南1条通りは、クリスマス過ぎても雪まつりまでやってるし、で、ホワイト・イルミネーションのレポートはこれにて終了!待っている間に結構冷えた!地下に潜るぞ!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

話は戻って、ミュンヘン・クリスマス市で買ったものをご紹介。

20111206_02 中央のクリスマスカードが今回買ったもの。東京に住んでいる友達が毎年このシリーズのカードを楽しみにしてくれていますwink(オッサンタだけどね。去年はオバサンタだったw)。その友達は偶然にもKちゃんと同じハンブルクに住んでいたことがあって、やはりそこでマルクトにはまったそうで、懐かしく思ってくれているそうです。

カードを買うと上のカワイイ袋に入れてくれます。その横のカードは公式ハガキ、ブーツの絵のラリーカードともに人気絵本作家のそらさんの絵です。JR北海道のICカードKitacaのエゾモモンガの絵もそらさんの手によるものです。ほんわかでカワイイ。札幌市もマルクトが10周年記念で張り込んだらしい。

左のレースで出来た飾りは以前のクリスマス市で買ったものです。今年もスパイス飾りの隣にお店を構えていました。レースで出来たクリッペもあるんだって!これは本当は窓飾りだそうです。壁に掛けてたYO!!(裏表あるし・・・)

20111206_01 こちらはひつじのラムキンr-mark。手前左がサンタラムキン。クリスマスカードコレクションのブースで売ってます。

出会いはちょっと遡って、2003年だったかな、初めて行ったクリスマス市で初めて見かけたものの、その場では買わず、以後すご~く気になってました。春が来て、夏が来て、秋が来ようかというそのとき、ふとネットを検索してみたのです。

ラムキンという商品名を覚えていたのに助けられ、作家さんのブログを見つけることが出来ました。記事を読むと直近にご自宅で展示即売会をするとあり、突撃することに決めました!作家のおおいえさんは、突然の訪問で全くの初対面ながら、いきさつをお話すると歓迎してくれ、ともに手仕事と音楽の趣味を持つという共通点からすっかり盛り上がってしまい、以後とてもよくして下さっています。先日もひつじコミュニケーションでお会いしました(「ボレロその3」で書いた日の事です)。こちらは趣味であちらはお仕事ですけどねw

初めて買ったラムキンは手前中央の豆ラムキンですが、イベントごとに1つずつ増え、いまでは7匹に増殖。最近は増殖のペースも止まっているのですが、おおいえさんの会社はもっともっと大きくなって毎日忙しく活躍されています。ブログはコチラ。これもクリスマス・マルクトでの出会いがきっかけとなってつながったご縁です。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

後編の最後にもおまけ。

前編のおまけはカラスのカップルでしたが、こちらはイルミネーションの中にいる丹頂鶴のカップル。丹頂鶴は一度つがいになったら一生相手を替えないのだとか・・・。

20111129_30

昼もカップル、夜もカップル、おひとりさまで行った私に対するあてつけですか!pout

« クリスマス市とホワイトイルミネーション前編 | トップページ | ラムレーズンチョコ(゚д゚)ウマー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あてつけだYO!
ひぃ〜 shock

という つっこみはともかく,きれいだねぇ shine
チャンスがあれば行ってみたいYO!

夜の会場はまるで外国みたいね~
イルミネーションは光の河なんだ~しかも波が押し寄せるのね~~~
なんだっけ・・・宇宙の・・領域?色も形もシンプルで好きだけど
名前がさー、硬くないかい?もっと親しみやすい名前にすればいいのに。
吹雪の写真も見たけど あの中での飲食・ショッピングは ちと、ツライな・・・
(雪よけテントがあってもね~)
ひつじのラムキン・・・かわいいね~なんか温かそうで気持ちがホッコリするわ^^♡
クリスマスオーナメントやカードって少しづつ買い集めたくなるよね。
毎年小物をずら~って並べて飾ってるよ~

昨日あった時イルミネーションしょぼいとか言ってたけど
凄く綺麗じゃないのよ!とても可愛らしいしね。
クリスマス市はいろいろあって楽しそうね。
美味しいもんとかもいっぱいありそう。
前回の記事によると翌日に雪が積もったとか。
雪の中のイルミネーションも見てみたかったわね。

おぉ~クリッペもあるなんて、本格的!
レースでできたクリッペ、どんなんだろうね。見てみたい♪
crystal riverめっちゃきれ~☆圧巻だわ
こうゆうイマドキなイルミはドイツにはまずないわぁ(^-^;
やっぱ日本のイルミは見ごたえあるね
大河の奥にあるスズラン?のイルミもかわいいなー

ラムキンほっこりするぅーheart04いいね!
羊毛クラフトって言うんだっけ?
こうゆうふわっとしたやつ、こっちでもよく見かけるよ
今度見つけたら激写してくるねwink

>スゲネコさま
真冬の北海道、是非いらしてください。お一人様でもカポーででもhappy02
この公園はクリスマスの直後から雪まつりの準備に入ります。
雪を運び入れて自衛隊が雪像を作ります。
2月は繁忙期なのでご予約はお早めに!


>ヒマラヤンポピーさま
一時期は多言語が飛び交い(中国、台湾、韓国、大阪弁にドイツ語)
ここどこ?となったけど、震災以後ちょっと減りましたね。
領域くん、公募なのかな?あちこち調べてみたけど分からなかったです><
寒空の中での飲食もなんだか良いものよ。ありがたみが沸くよw
ラムキンもオッサンタも今日公式ブログの方に掲載されました。
http://sapporo.100miles.jp/gcmarket/article/65
ほかにも雑貨の写真が充実good↑こちらを見ていただこう。


>ばんころさま
ばんしゃんのあの西武園の写真を見てしまったら
何を見てもショボショボです。
しかし、おっしゃるように雪があるのがこちらの最大の武器snow
また行って来よう!積雪の心配よりも吹雪の心配をしなきゃね。
多分もう根雪ですじゃ。bicycle自転車は春までおあずけ~。
美味しいものいっぱいあるよ~。ソーセージ類が充実delicious
1店ずつ味見したくなるよ!


>kazamidoriさま
レースで出来たクリッペは、公式ガイドブックに小~さく写真が
出てるんだけど、白一色で1枚1,000円のようです。
公式webページの写真は文字で隠されちゃってる。
spitzenladenというお店だそうで、これまた、2つ↑ぽぴちゃん宛ての
コメに書いた公式ブログの雑貨の記事で紹介されています。
(クリッペは写ってない~)

大河のイルミは去年からなんだって。知らなかった!
札幌市の花スズランの他に、札幌市の木ライラックもあるよ。
クラフト物はどこでも人気みたいね。ふわふわラムキンは
選んでいるお客さんの顔を見るのも楽しみだったりする。
ふんわりしたものをみると触りたくなるのよねheart04
激写よろしく~camera

札幌には何回も行ってるけど、観光することもほとんどなくてこんなの
やってるなんて知らなかったわ~bearing

うーん、行ってみたい~~~airplane
でも期間中には行けそうにもないweep

そんなことを思いながら本日友人のために札幌行きの飛行機とホテルの
予約を代わりにしたのでしたthink

いいなぁ、こんなのやってるところの近くに住んでいるなんてhouse
うらやましぃ~ですにゃcat

>うぴにゃんさま
何度も行く所ほど観光はしないよね。でも大通だし、通りがかりに
明かりを見るようなことはよくあるよ。公園の中まで入って
青いイルミネーションを見たのは初めてだったけど良かったわ~。

クリスマス・マルクトの方は観光というより、そうだな、
日本で言うところの、酉の市とか歳の市みたいなもんよ。
熊手がオーナメント、綿飴を持つところをソーセージ、ラムネがグリューワインみたいなものでw
お友達にはお土産を頼みましょう。
クリスマスカードから、オーナメントにランプ、トナカイの毛皮までw
いっぱいあって迷うぞ~。

こんばんはmist

お邪魔致します。

イルミネーションすごく綺麗ですね。

札幌のホワイト・イルミネーションは毎年開催されているのでしょうか?

実際に見てみたいものですshine

>まったんさま
毎年この時期で、今年で31回目だそうです。
全国にも大きな規模のイルミネーションはたくさんありますが、
名前の通り、白い雪の中でやるっていうのが、いいところかな。
雪の中での写真が撮れたらまた載せますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212355/53417534

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス市とホワイトイルミネーション後編:

« クリスマス市とホワイトイルミネーション前編 | トップページ | ラムレーズンチョコ(゚д゚)ウマー »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ