最近のトラックバック

« スヌード計画[その3] | トップページ | キャベツときゅうりの塩麹漬け »

2012年1月19日 (木)

屋根の雪下ろし

例年より早い気がするのですが、屋根の雪がこんなになってしまったため、危ないので落とすことにしました。珍しくお天気もいいし、風もないし、好条件。

20120118_01
2本の線は、電線と電話線。切れたら大変だし、線が引っ張られて電柱が倒れても困るよねえ。雪が層になってるのは、何日も降ったり止んだりを繰り返したからです。もっとすごくなってる所もあるのですが、とりあえずお見せできる所だけ。

20120118_02

別角度から。

雪国にお住まいの方はよくご存知のことですが・・・、↑は無落雪の屋根ですが、屋根の雪って家の暖かさで溶け、上から積もりを繰り返し、全体で重さ何十トンにもなります。1m近く積雪すると押されて、フチだけ巻き込んでくるのです。そのままにしておいてもいずれ落ちるのですが、いつ落ちるか分からないのは危険なのと、このように、電線の真上に巻いて来て切れたら困るのとで、手動で小さく割って、落としてしまったほうが安全なのです。真下に落ちればいいけど、部屋のガラスに当たったら困るしね。

毎年屋根から雪ごと落ちる死亡事故があります。必ず2人組以上でやること、と喚起されています。私は下から監視役&落ちた雪を運ぶのを担当。ママさんダンプとスノープッシャーを持って待機。

「行くぞー!」「オッケ~!」 …あ、カメラを家に置いてきちゃった!∑(゚∇゚|||) 今取りに戻ったらものすごい怒られる。っていうか、つぶされる!(屋根の雪はそこらの雪の何倍も重いです)

というわけで、いきなりアフターdown

20120118_03

スコップを刺した瞬間に、景気のいい音がします。 ザッ ズルッ ドーン!! (たまにご近所さんからも聞こえてきます。)そしてバフ~ッと雪煙。dash

20120118_04

落ちた雪の一部。締まった雪だから、雪合戦に使ったら硬い玉が出来るぞw っていうかものすごく痛いだろうなあ。重いので、いつもの半分くらいの量にして回数を増やして運びました。

(お隣の隣の岩見沢市はこんなもんじゃありません。テレビで見ましたが、1階が埋まってました。屋根の雪を下ろしても捨てる場所がどこにもありません。でも下ろさないと家屋が倒壊します。のん気な記事を書いてごめんなさい)

« スヌード計画[その3] | トップページ | キャベツときゅうりの塩麹漬け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年は雪多いんだってね。
想像を絶するわ。
雪~とか喜んでるレベルじゃないね。

雪下ろし、お疲れ様です。
我が家も無落雪タイプの家ですが、適当なところで雪下ろしをしないとたいへんなことになります。
下した雪も、締まってるので重いんですよね。
外回りは夫の担当なので、私はほとんどやったことないですが…。

うーんwobblyすごいわぁ・・・この雪下ろしの緊張感。

ニュースで見ましたが
ちよちゃんのお隣の市なのね。

怪我のないよう気をつけてね~~sad

自衛隊出動の映像を見ましたよ!想像を絶する降雪量ですね。
これが冬の間 続くわけですから ほんとに大変なご苦労だと思いますよ。
どうかお怪我のないようにご家族で乗り越えてくださいね

こんばんは。
私(名古屋在住)には衝撃映像です!
こんな状態になったら、完全に都市機能が麻痺しますねsweat01
その前に我が家は崩壊するかも?
慣れていらっしゃるでしょうが、お気をつけくださいませ。。。

またすごい雪。
下ろすのも運ぶのも一苦労ですね。
おまけに寒いし。
これを冬の間に何度も繰り返しているとは、ホントにご苦労様です。
はやく春が来るといいですね。

皆さんお気遣いありがと~


>HIROKOさま
それがさ、平年より多くないのよ、札幌はね。
降雪量は平年並みで、積雪量が多い。
12月から寒すぎて溶けなかったかららしい。


>noriさま
私も下から見てるだけw
ご主人の腰、大事にしてあげてくださいね。


>わかばさま
あの大変な雪害の市は隣の隣なんですが、
うちの辺り、雪雲の通り道なんです><;
お裾分けを置いていってくれます><;


>ヒマラヤンポピーさま
毎日のように死亡事故のニュースが入ってきます。
うちは、フチを落とすだけで済んでるし、
私は見てるだけだけど、気をつけなくちゃね!
自衛隊は雪まつりの雪像を作ってる部隊とは別なのかしらね?


>Sivaさま
毎年こうですから、都市としてそれなりの準備があります。
広い道幅、除排雪体制、広大な雪捨て場、ロードヒーティング、暖房 etc.
昨年の除排雪費用は150億円ですと!
http://www.city.sapporo.jp/kensetsu/yuki/jigyou/budget.html
こちらで瓦屋根がないのはやっぱりこうなるからでしょうね。


>みつひろさま
うちはフチだけなので、スコップをぶっ刺すだけで
勝手に落ちてくれます。1時間もかからないですし。
屋根全部をおろさないといけないおうちは
本当に大変な重労働だと思います。

お疲れ様でした。

瓦屋根がないって、そういえば友達が言ってました。

バンクーバーはそれほど積もらないので、雪がたくさん降ると都市は一気に麻痺します。それ見てよその地方の人が笑います。カナダは、こことビクトリアを除いて、屋根より高く雪が降らないところなんてあまりなさそう。トロントとか、二階までほぼ埋まってるし。マイナス7℃であったかくていいね、と言ったのはエドモントンの友人。-33℃で吹雪。体感温度-40℃だそうです。

多分北海道だと思うけど、日本の驚愕写真がありました。蛇行する舗装道路の雪がどけてあって、車走ってるんだけど、その道路の両側が雪の壁で何メートルもあるんです。あれ、内側に崩れたら(if caved in ) 絶対命ないわ。でも日本人のやることだからきっと絶対安全なんだろうって、コメントしてありました。いや、こわいです。

ちよ呑さんもお気をつけて。

>猫まんなさま
ありがとうございますconfident
雪って日にちが経つほどに硬く締まってくるのよ。
車で突っ込んだら全損になるくらい^^;
だから路肩の雪が崩れることはあんまりないようです。
ご覧になった画像、もしかして春に除雪して開通する知床横断道路かな?
それとも、黒部渓谷かな?(富山県?)驚愕ですよね。
春先の景色ではないかなと想像します。

札幌も-7~8℃で騒いでたら、北海道の中央北とか
東の方とかが-30℃になってますから怒られちゃいます。

そこまで冷える内陸でも、さすがにこの所はオーロラは見えないようです。
カナダは本場でしょう!!

こちらも-8℃とかでしたが、一気に雨になり雪がとけ、+5℃くらいまで上がりました。
まだところどころ白く残ってるけど、車の表面に咲いた塩の花はほぼとれました。

私が見た写真、黒部か知床かわからないけど、画像検索で確認。うん、こういうのだった。空からみた写真でした。
思ってたより広いんですね。いやしかし、すごい雪ですよね。

春先だと、積もった雪がそれ自体の重みで圧縮されているだろうし、少し解けてはまた凍ったりしたところとか、かちんかちんになりますよね。

うちのあたりもちょっと雪が降ったらすぐに交通マヒするんで、カナダの中では例外的に軟弱です。

カナダ人は自分達のことを北国の寒さに強い人間だって誇りにしてます。True Northっていうんですよね。国歌にも使われてる言葉。The True North strong and free!
エドモントンはマイナス35度だそうですよ。体感温度はマイナス40℃。
住みたくない。

あ、前のコメントと同じこと書いてる。ボケたかも。('-'*)

このエドモントンの人、毎日フェイスブックに気温を報告してるんですよ。

>猫まんなさま
厳しい寒さのあと、気温がゆるんだ頃に、さまざまな疾患が
発症するそうですから気をつけてくださいね。

札幌も日差しのお陰か、中心部は路面が出て、汚い~雪になってました。
中央区にお住まいの知人は「今年少ないんじゃない?」だって!!ウッキー!

本当の極寒で暮らす人々は、忍耐強くて逞しいと思います。
誇りにもするでしょう。
道民は暑がりで寒がりの軟弱なので誰も誇りにしませんwww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212355/53773795

この記事へのトラックバック一覧です: 屋根の雪下ろし:

« スヌード計画[その3] | トップページ | キャベツときゅうりの塩麹漬け »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ