最近のトラックバック

« 屋根の雪下ろし | トップページ | あああっ!! »

2012年1月20日 (金)

キャベツときゅうりの塩麹漬け

なんか最近、巷で塩麹が流行ってません?テレビや新聞、某レシピサイトでも沢山見かけます。うちも母が飛びつき、冷蔵庫に保存してあるので、余った野菜をもらってこんなのを作ってみました。

20120119_04

キャベツときゅうりの塩麹漬け。彩りにニンジンも少々追加。

作り方は至って簡単。

20120119_02

ザクザクと刻んだキャベツときゅうり、千切りニンジンをポリ袋に入れ、塩麹を好きな加減で入れてモミモミ。

20120119_01

この状態で数時間置くだけです。最初の写真は7時間後の物ですが、冷蔵庫で3日くらい漬けたのも食べてみようと思います。

塩麹さえ出来ていれば超簡単です。塩麹で検索していただけると沢山の作り方がヒットすると思います。うちのは、乾燥麹200g水250cc塩40gと、塩分がかなり少なめだったため、野菜の合計250gに塩麹を大さじ1杯半入れてみました。最初は塩けが足りなくて、少しずつ足していって、最終的にこの分量になりました。塩梅はお好みで適当に加減すれば良いと思います。

20120119_03_2

↑たけのこ(笹竹の子)の水煮が入っていた瓶と思われる^^

ほか、塩麹で試したものは、焼き鳥chick(といっても北海道方式で豚バラ肉pig。漬け込んでおいた塊肉を切って串に刺して焼く)、紅鮭fish、鶏ムネ肉chick。いずれも焼いただけ。焼き鳥(豚ねpig)は評判良かった!鮭とチキンはなんだか私にはイマイチ。臭みが抜けなかった。レシピサイトによるとパスタなんかもいけるらしい。レシピもどんどん増えてるみたいだし、まだまだポテンシャルを秘めているようです。

« 屋根の雪下ろし | トップページ | あああっ!! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

巷ではやっているね~塩麹。
でもうちは、麹があるとついつい甘酒作っちゃうなー
塩麹はすごい興味があるんです。
また、お料理レポートよろぴくです。

初めての書き込みになります。 
昨晩は、チャットに付き合ってくださり、感謝致します。

料理と編み物、女性ならではのブログですね。
(20年位前まで、祖母が編み物の内職をしていました)

前記事の雪は、凄いですね! 空知管内って、毎年、こんな感じなんですか?
(北海道は行った事がないので、大きいという以外、想像がつかないので)

違うジャンルのブログを見るのも、気分転換になっていいですね。
これからも、遊びに来ますね。

>珈琲ネコさま
とりあえずクッ○パッドへGO!run
塩麹で検索すると1154品もヒットするよ!
スイーツに使ってるツワモノもいるわΣ(・ω・ノ)ノ!
甘酒japaneseteaいいですね~。一度やってみたいけど、うちの炊飯器は保温だけ
っていうのが出来ないのでどうしたもんか。私寝相悪いしw
塩麹お料理、またチャレンジしてみますからね!


>R.Ptarmiganさま
○×会場でお会いした方かな?こちらこそありがとうございました。
ご訪問頂きありがとうございます。好きなものを自由気ままに
のんべんだらりと綴ってく情報の薄い^^;;;ブログでございます。

元々は、まちで会った人たちと不定期に開催していた
「お料理選手権」の料理写真をUPするために再開したブログです。
この頃全く開催されなくなりましたが、男性も多数参加していました。
っていうか男性の方が多かったなあ( ゚ ゚)

編み物も、性別差はないのではないかと、個人的には思っています。
海外では男性の職業ニッターもいるようですし、
日本でも一昔前の漁師さんは網を器用に編んだとも亡祖母から
伝え聞いております。毛糸の靴下も編んだとか。現代でも
オネエではないニッターもいるはず!ただ私の身の回りにはおらず
取材でも出来たらいいのだけど、カタツムリな私にはそこまでの
フットワークもなく。。。

こちら札幌は石狩管内ですが、北西の偏西風が吹くと
石狩湾から隣の空知に向かって雪雲が流れてきます。
今年は細い帯状の雲になることが多くて拡散せず、南空知と
石狩北部に集中的に雪が降るのだそうです。
うちは石狩中部ですが、ちょっぴりその通り道になっております。

情報は薄いですが^^しばしお寛ぎ頂けましたら幸いです。
またまちでもお話ししましょう。

そうです。 ○×会場です^^

編み物の方は、「ニットの貴公子」 広瀬光冶 さん以外、知りませんが、
料理は、嵌ると、男性は熱中するかもしれませんね(親父がそうなので)

札幌は、石狩管内でしたか
(不勉強で申し訳ありません → ライブドアの地図で、さっと見ただけなので^^;)

北海道は、野生動物・野鳥共に、本州では見られない種類が多いので、
南西諸島と共に、憧れの地です(生きているうちに、エゾライチョウの写真を撮ってみたい)

お言葉に甘えて、時々、寄せて頂きますね(「まち」には、ほぼ毎日、顔を出しています)

なんか、興味津々。おいしそう!

でも、麹って手に入るかな。こんど日本食品店に行ったらきいてみよう。
日本で流行ってるものは、こっちでも入荷されるようで、確率は高いです。

>R.Ptarmiganさま
夕べはいっぱい書いてごめんなさいυ あれからSTRANGE BIRDERさん
お邪魔しました。水鳥さんがカワイイですね(。✿‿✿。)
雷鳥さんの撮影に備えて、北海道の山に慣れておきましょー。


>猫まんなさま
海外では麹菌はカビとみなされてるらしい。有用な微生物なのに~。
果たして検疫を通れるのか!!

甘くていいなら、甘酒ドリンクの缶が使えるかもしれない。
即席べったら漬けとかできるかも。←やっても調べても
みてないことを適当に言ってみた!^^;

カビってmoldとか、mildewとかいうとあのいやなカビカビさんなんですけど、fungusというと菌類全体のことで、きのことかなのよね。でも、学校ではカビはfungus と習った気がする。ちなみに、しいたけも水虫もfungus でっす(笑)

こっちで日本酒を造っているところがあって、残念ながらそのお酒はめっちゃ高いのにおいしくなかったんだけど、きっとそこの麹があるはず。月曜になったらはるばる日本食品店にいってみるかな。バンクーバーまで行かないといけないんで遠いんですけどね。運転それほど上手じゃないから都心はこわいし。

甘酒ドリンクの缶?そんなのあるんだ。いやしかし、甘そう。あれって量飲めない気がする。
うちのダンナは今コリアンストアにあるマッカリのモトが気になるらしいです。家で醸造できるようになっているキットなの。韓国って家で醸造していいんだ?日本だと密造になるよね。カナダは醸造はオッケーです。スーパーでビールやワインのキットが売られてます。地下室に醸造設備作ってる人っているよー。でも蒸留酒つくるのはやばいです。

マッコリは乳酸発酵でしたっけ。
日本もアルコール度数1%未満ならいいはずよ。
ビールやワインのキットも売ってます。
個人醸造もバブルの後だっけ、規制が緩和されて
60リットルまでなら・・・忘れちゃった^^;
そちらで良く出来たらUPしてくださいね!

発酵食品流行ってるよね。納豆腐ってないぢゃん!!って怒ってたちよさんらしい記事^^
広瀬さんはオネエって言われると直に経過を見てたものとしてはちょっと違和感ですな;
オネエが何を指すのかよくわからないけど、それが彼とイコールなのかどうかも知らないけど・・・広瀬さんはかわいいものやきれいなものが好きなんでしょう^^

自分の知ってる限りですが以前のこの国では家族のために靴下やセーターを編むのは男女を問わず子供の役割だったはずで、
現在身近にいるお年を召したかたがたには男性でも編み物経験あるかたが多いです。
草鞋を編むのと大きく違わない感覚だったと思います。
「おなかで赤ちゃんを育んでくれている奥さんへのサプライズに、ベビーニットを編みましょう」みたいな企画ものに来てくれる若い人も、男らしっぽい人もいっぱいいたよ・・・っても自分がそういうのやってたの20年くらい前だけどね。

男性で編み物をしている言えば、広瀬 さんしか、知らないという意味で書いたのですが、
いつ、「ニットの貴公子」こと、広瀬光冶 さんの事を、オネェ呼ばわりしましたか?

曲解にも、程があるのではないでしょうか?

>R.Ptarmigan さん
失礼、オネエ呼ばわりされているのは一般的なことで
あなたの書き込みに関しての反論と取られたなら自分の文章力不足です、
ご不快おかけしたようで大変失礼いたしました。
ブログ主に対して失礼なので、今後何かありましたら直接つぶくださいな。

>ちよさん
汚しごめんなさい><;

コラコラ。

オネエという概念を最初に話題に出したのは私です。
誘導やら誤解やら誘発させてしまったようでごめんなさい。

日曜の昼過ぎに、父が見ていた「パネルクイズ・アタック25」を横から
ボケーッと見ていたら、そこらのお父さんのような風貌の方が
回答者として紹介されるシーンで、
「ご趣味は編み物なんですか!男性で!?」「はい。子供や子供の
友達の帽子なんかを編んでます。」と答えていました。
(靴下も編むって言ってたかな、確か)

頑張れお父さん!!
クイズじゃなくてそっちを応援したくなりました。
(確かその後、無事にエーゲ海クルーズをゲットしたようです)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212355/53779368

この記事へのトラックバック一覧です: キャベツときゅうりの塩麹漬け:

« 屋根の雪下ろし | トップページ | あああっ!! »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ