最近のトラックバック

« 今頃お豆腐選手権 | トップページ | どんより/酒粕クラッカー再び »

2012年2月22日 (水)

Atelier Escargot アーカイブス ニット編

前のPCに入れていたデータをいくつか発掘しました。過去の写真で昔を回顧し、現在やっている作業から現実逃避するというコーナーですcoldsweats01

20120124_01

20120124_02s

「ラップランドの3色編み込みのミトン」
掲載本:嶋田俊之著「北欧のニットこものたち」←右サイドバーに追加しました
使用糸:ハマナカだけど指定のフェアレディー50ではなく、廉価のアーバンライフ・レディースFL<並太>

祖母のお見舞いに行く母を送り出した帰りに、ふら~っと立ち寄った書店で出会ったのがこの本です。以来すっかり北欧ニットに惚れ込みました。

この本にある中では、5本指で2色の「北欧の編み込みの手袋」が一番のお気に入りで、後に親戚にも色違いでもう2双編みました。最初に編んでいた自分用の物は、編みかけの時、今は亡き祖母に見せたら病院のベッドの上で、輸液カテーテルやらサージカルテープだらけの手を突っ込んでくれ(確か片方は完成していた)、私のうちにある道具をみんな持っていきなさいと言ってくれた思い出の品なのですが、その手袋は洗って仕舞って、ドコに行ったんだろう・・・w その5本指も上のミトンも同じ糸を使い、指定では3号棒針とありましたが、私の手だと4号でちょうどでした。

写真には収めていなかったので、知人が撮ってくれた写真をお借りして掲載(編んだのは私ね)。

20120124_06

左の青いミトンもこの本に載っているものです。「北欧の編み込みのミトン」の色違い。
使用糸:ハマナカの廉価品アーバンライフ・レディースFL<並太>

ついでですので、参考までに本場ラップランドのミトンをガラス越しに写メした画像も残っていたのでドウゾ。といっても画質が悪くてこの程度にしか写っていませんでした。

20120124_07_2

色々似てますね。このミトン、ものすごくデカくて30cm近くあったように思います。ある商業施設のフィンランド観光案内ブースで、セーターも展示してありましたが、ものすごくデカイの。北欧の人は体が大きいんだな~と一人たまげておりました。

続きまして、別の作品。

20120124_03

20120124_04

たた&たた夫の編み物入門から「ヘリンボーンの手袋」の編み図を書き直してちょっとアレンジしたもの。上が手の甲、下が手のひら側の写真です。
使用糸:NSK企画(内藤商事)クスコウール 中細と合太の間くらいの糸を2号針で。

このペルー製の糸、手触りはすごく良いのですが、太さにムラがあるのがやや難点。編み込みだと模様に影響してしまいます。しかし手触りと微妙な太さとお値段は優秀なので、さらにリサイズしてベージュ×オフホワイトでもう1双編みました。たしか手首も少し長くしたような。嫁入りして、写真には残っていないので今となっては分からず。

*****

本日最後の作品。

20120124_05

ドレッシング前でボコボコしてますが・・・、こちらは編みかけのベストの編地。

掲載本:ニットに恋して―嶋田俊之のセーターブック 伝統ニットの新しい伝説から「期待」
使用糸:例によってハマナカの廉価品アーバンライフ・レディースFL<並太>

本当はもっとお高い糸で、もっと色数も多かったのですが、廉価の糸をあちこちのお店から集め、チャートの色を全部塗り替え材料費を抑えて編んだものです。並太でみっちり詰めて編み込みなので分厚いです。ベストだけで自立します。

編み込みの一番いい所は、表編みばっかりのところ。チャートを見ながらじゃないと(しかも定規を置いて)編めないのがやや難点ですが、模様が出来上がっていくのが面白くてつい熱中してしまいます。この模様が終わるまで!この段が終わるまで!なんて止まらなくなります。今シーズンはまだ編んでないので早く着手したいところですが、まだ編みかけの物が一杯あるのよね・・・ヽ(´▽`)/

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

本日のおまけ。

20120213_01

おやつ!3度目に焼いた酒粕クラッカーと酒粕の甘酒です。こっちもはまってます^^

ところで、この写真・・・・・お茶の心得のある方なら気づいたかな?(私には心得がなく今頃気づきましたデス)

« 今頃お豆腐選手権 | トップページ | どんより/酒粕クラッカー再び »

趣味」カテゴリの記事

コメント

「ラップランドの3色編み込みのミトン」も「編みかけのベスト」もベリーグー heart04
写メ画像のも好き~ happy01
北欧らしい色使いがイイナ~sign03
どSの王女様がブットイ針でズブッズブッと編むのかなぁ bleah

お茶の心得無いのでわからんよ~weep 気になるよ~bearing
おせ~てください confident

>arakansinさま
このミトンも民族衣装ってことになるのかな?
本来のサーメの衣装は青・赤・白のようですね。青が濃くなる地域もあったかな。
(つい先日何かのCMで見ましたよ。おばちゃん3人がはしゃいでた)
嶋田先生はどの作品も現代的な色使いにアレンジしていらっしゃるご様子です。

さて、写真の回答ですが、ご存知の方がいらっしゃるかも
しれませんので、もう少しお待ちくださいね。
この写真、母に見つかったら怒られる・・・(多分)wobbly
今回気が付いて調べたので、もう間違わない!…ハズです。

ニットすごいなあ、本当に細かい仕事が好きなんですね^^
おやつ・・・お茶の心得はないけれど、お皿の向きかな?
正解待ってます^^

こんちーす!

おまけ、最高!!

酒粕のクラッカーなんて初めてです!
めちゃめちゃ美味しそうなんですけど!
うん!絶対に美味いぞ!
深夜に帰宅する事が多いい
僕にはクラッカーみたいな軽い
感じのおつまみがお酒のおともに
ちょうどええのら~Good☆
今度、作り方お願いしま~す(^^/

おまけ、楽しみにしてます!

すごい作品だね~芸術品だわ\(◎o◎)/!
もったいなくて使えないー!!!みたいな感じ~
作りかけのベストもステキだね❤
いいな~こういうのが編めるなんて・・・羨ましいよ~
お茶の心得ないけど、私もお皿の向きかな?って思ったよ~

>himi_chanさま
センセに褒められたらテレます~(/ー\*)
おやつ、そろそろ発表に参りましょう。
懐紙の折り方なんです。懐紙じゃなくてただのキッチンペーパーなんだけどさsweat02
思いっきり不祝儀の折り方してたYO!shock
検索してもあんまりヒットしないのよdown
時間かけて見つけたサイトさまmemo
ご紹介していいかな、お店だし(。・w・。 )

http://tsujitoku.kyo2.jp/e50188.html
辻徳 ~懐紙活用術~

↑写真では文字がズレて慶弔逆に見えるけど^^;;本文と憶え方をみれば
分かります。ここのブログ面白くて懐紙に興味を持ちましたです。


>ハマゴンさま
酒粕クラッカーは↓の方に記事があるので見てねん。
http://baroquedancers.air-nifty.com/atelier_escargot/2012/02/post-3047.html
詳細なレシピはリンクにしました。犬HKの方で作ってます。
食べ始めたらポリポリ止まらなくなって、すぐ食べきっちゃうよgood
材料広げて、計ってこねて焼いて、洗って片付けるまで1時間くらいです。
夕べまちに長居しすぎて焼けなかったから、今日辺りまた焼こうかな。


>ヒマラヤンポピーさま
ありがとー。この本の作品はどれも芸術的で亡き祖母も食い入るように見てたわ。
ベストね~、ゴム編みまでやって最後の糸始末だけなんだけど、
袖ぐりのゴム編みの開始場所を間違えたのよ。
解いてやり直すべきか迷っているうちに2シーズン放置…。
今となっては何号針でどのくらいの手加減で編んでいたのか憶えてないという始末。
間違ったまま着ちゃおうかな?でも結構目立つのよね・・・think

お皿の向きね、もしかしたら菓子は向こうとか、まだ私の知らない作法が
あるかもしれない。銘々皿でも茶碗でもないんだけどね。japanesetea
折り方は前にも天ぷらの時に間違えて怒られたんだけど、
今回↑の懐紙屋さんで納得いく回答があって、多分憶えたと思うw

せっかく綺麗に編んだベスト、完成させないともったいないわ~ FIGHTヽ(・ω・*)   なるほどね~。正解は折り方なのか・・・勉強になりましたわ^^;
日本ってスゴイよね~
開店祝いの花輪とかに ○○賛江 とか ○○与利 って書いてあるでしょ?
日本のステキな文化だよね~                        
相手の名前から送り主の名前まですべて漢字で、しかも縁起の良い文字で。 
吞さんが好きそうだな~って思ったよ^^

>喜馬拉雅芥子さま
いえ、珍走団文字も結構好きです(。・w・。 )
夜露死苦!

ベスト、ちょっと大変だけど、ほどいて編みなおすのが
一番悔いが残らないわね~
やるか~!ありがとー

喜馬拉雅芥子・・・そんな名前の人がいるんだぁ~って思ったら
ヽ(ヽ゚ロ゚)私のことか~~~い!!!ぷ。有利賀盗!

>ヒマラヤンポピーさま
喜馬拉雅・・・ヒマラヤの中国語だそうです。パッと見読めないよなあ。
世界一高山青芥子の方がいいかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212355/53965851

この記事へのトラックバック一覧です: Atelier Escargot アーカイブス ニット編:

« 今頃お豆腐選手権 | トップページ | どんより/酒粕クラッカー再び »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ