最近のトラックバック

« 黒ビールもどき再発売 | トップページ | 哀れなロボ一茶 »

2012年4月 1日 (日)

Atelier Escargot アーカイブス ニット編追記

Atelier Escargot アーカイブス ニット編」という記事に載せた手袋の写真がないと言っていましたが、前のPCのデータを整理したら出て来ました。ただし相当画質が悪いですけどねm(_ _)m

こういう作品が本当に好きなので、自分のためにcoldsweats01ここに残しておきます。

070223_1546 070317_1645 070321_1247 070321_1248

上は「北欧の編み込みの手袋」で、下は「北欧の編み込みのミトン」の色違い。

070328_1131 070328_1132 070328_1350

070416_1643 070416_1644

最後の写真の右端は、ミトンから目数を、五本指から雪柄をもらってアレンジしたものですが、拇指丘部分の増やし目は五本指の方がフィット感があるように思います。ふと思い立ったので、五本指をアレンジしてミトンにするのもやってみたのですが、目数が多かったのか、手がゆるくなったのか、ブカブカになってしまい完成はしませんでした・・・(。・w・。 )

掲載本:嶋田俊之著「北欧のニットこものたち」
使用糸:指定のハマナカのフェアレディー50ではなく、廉価品アーバンライフ・レディースFL<並太>

« 黒ビールもどき再発売 | トップページ | 哀れなロボ一茶 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

すごい∑(=゚ω゚=;)
民芸品まで作れてしまうのですか!
私もこういう柄好きよー♡

うわーっ
欲しいわぁ、、こんな手袋^^;
模様編みって無地と違って
まちがえられないもんね。。。happy01

すごいなあああ。根気要りそうですね。

私も以前編み込みやったんですが、このたび解くことにしてその前に写真とりました。
細かさはこの5分の1くらいです。それでももう二度とできないだろうなあ、とか思っちゃいました。

手袋の指の一つ一つに細かい模様。模様なしで編むのでさえ大変そうなのに。
でも編むにつれて模様が出来上がってくるのは楽しいでしょうね。

>えまーるさま
伝統柄にすっかり惚れ込んでおりますlovely
アレンジの前にまずそっくり再現してみたいなあ。
北欧はもちろん、スコットランド北部のシェットランド諸島にある
博物館にも行ってみたいわーん。
収蔵品展、日本でもやってくれないかな。


>わかばぁさま
ちょっとwお名前www
間違えたら気になるので、潔く解きます^^
なのでなかなか進みませんが、
五本指の方、1箇所の間違いを後から見つけてしまい、
メリヤス刺繍をしてごまかしましたcoldsweats02


>猫まんなさま
集中力も気力もない私は指1本編むのに1日とか
かかってしまいますbearing
糸は並太で棒針4号56目スタートなので(指定では3号)
そんなに細かい方じゃないですよ。
サンカ手袋も編んでみたいんですが、極細糸を-2号で88目スタート。
http://www.tata-tatao.to/knit/sanquhar/index.html
まだ覚悟が出来ていません。
一見複雑そうですが、表編みばっかりっていうのが楽でいいわ~んheart01

サンカ手袋、私もこのサイトを見たときにすごいと思いました。
編み針まで作っちゃう人っていないですよー。
ってか、自作しないといけないほどなの?

でもこういう細かいことするのは、本当は好きなんですね。
ただ、のめりこみが怖いです。受験戦争世代にとって、こういうことに時間をついやすのに罪悪感なしではいられません。手袋なんて百均で買えるでしょ、とか。

でももうこれはね、runs in the family の性癖です。

母は戦前オーブンなんて誰も知らないときにオーブンがほしくて、父親に天火のしくみを説明しました。祖父は見たこともないのに炭火天火(上乗せ)を手作りし、ちゃんとケーキが焼けたそうです。

母は刺繍でもなんでも細かかった。従業員の給料計算のノートまで超こまかくて、6ミリ罫のノートに、格段2段に数字を書き込んで計算してました。

叔父も細かいけど、説明が大変なので省略。その息子の従兄もそれに輪をかけて細かいです。カメラ2台を連動シャッターでつないで3D写真が取れるようにし、ビューアも作ったし、子供のころ、鉄道模型を階段の壁をくりぬいて作ったスペースに設置。ランドスケープも背景も細かく作り、しかもボール紙で建築模型なみのクオリティに作り、スイッチひとつで電車が動くようにしてました。中学生一人の作品です。

その妹も料理の飾り切りとかすごいけど省略。キャラ弁とか作るタイプですが、本職はピアニスト。

そして私は機械編みのセーターを手編みでやったり、タッティングを縫い糸やミシン糸でやってミニチュアドイリーつくったり。

きわめつけは息子かも。ゲームボーイカラー(古っ)のプラスチックケースおよび、ゲームカセットのガワ部分、A, B,ボタン、+ボタンなど、すべて竹を削って作り変えています。

なーんの役にもたたない、手間だけ異常にかかる作業。

うーん、サンカ手袋、やりたいねー。くわばら、くわばら。

>猫まんなさま
>でもこういう細かいことするのは、本当は好きなんですね。
はーい、じゃあ言い訳しな~い。
極細糸探してきてね。2plyでいいかな。
針は自作しなくてもドイツ製のが通販で買えますけど
好みの長さにしたい気もしますねぇ~。

前に知人に言われたことがあるのですが、
「普通“これなら作れそう”なんて考えにならないよ。
買えるか買えないかなら考えるけど。」ですと。
CMや店頭で物を見るとき、ふと気が付くと、これどうやって
作るのかなとか、仕組みとか考えてる自分に気が付きますw
いやもう生まれ持った性分なんでしょう。

というわけで、猫まんなさんも れっつとら~い!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212355/54365158

この記事へのトラックバック一覧です: Atelier Escargot アーカイブス ニット編追記:

« 黒ビールもどき再発売 | トップページ | 哀れなロボ一茶 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ