最近のトラックバック

« 黒ビール風炭酸飲料なるものを飲んでみた | トップページ | 6月4日の部分月食なんぞ »

2012年6月 4日 (月)

亜麻を植えてみた

昨年初秋、亜麻の種を9粒ばかり入手いたしまして、今年撒いてみることにしました。

20120531_01(5月31日撮影)

栽培用のきちんとした種ではないので、発芽するか自信がなかったのですが、一度半日ほど冷やした後で7日間水に浸けたところ、3粒の種から芽らしきものが1ミリくらい出てきたので、土に埋めてみました。ゴマよりも小さな種です。

すると出た出た!

20120604_02(6月4日撮影)

全部で5つ出てくれたようです。双葉の間から本葉も少し見え始めました。

亜麻ってご存知ですか?全くアブナイ植物ではなく、麻布(あさぬの)の「リネン」の原料です。種は食用になります。ブルーの小さくて可憐な花が咲きます。「亜麻」で画像検索していただくと沢山の写真がヒットします。http://www.google.co.jp/search?q=%E4%BA%9C%E9%BA%BB&hl=ja&rlz=1T4LENN_jaJP434JP434&prmd=imvns&source=lnms&tbm=isch&ei=kYTMT4PsMc2YmQXZ2O30Dg&sa=X&oi=mode_link&ct=mode&cd=2&ved=0CGQQ_AUoAQ&biw=1366&bih=637

↑長っ

毛糸紡ぎを練習中の私は、亜麻にまで興味を持ちましたが、さすがに素人がいきなり栽培して繊維を取り出して製糸してってところまでは出来ません。最近あちこちで植えてるようなので、ちょっと花を間近で見てみたくなっただけですcoldsweats01 それにこれ、観賞用の園芸種らしいし。(食用と繊維用と観賞用では品種が違うらしい)

これは某オンラインゲームcoldsweats01の絵down

O032002結構リアル!

このオンラインゲームは種を撒いて収穫して自分で紡いで布を織って服を縫うところまでやっちゃいます。憧れていたことをクリック一つで簡単にやってしまいます。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

札幌市の隣町では今も栽培が盛んで(種から採れる亜麻仁油のための栽培)、毎年7月には亜麻の里で亜麻まつりも開催されます。今年は7月15日だそう。公式HPはコチラ。配布してる壁紙カレンダーの写真やフォトコンテストの写真が可憐で綺麗です。

当別町でも札幌市でも、戦前まで亜麻栽培から繊維を作るまで生産していたそうで(北区に麻生<あさぶ>なんていう地名もあるしね)、その資料もこちらのページにあります。しかし復活した今は、亜麻仁油生産の方がメインで繊維の方はほとんど無い模様。ましてや個人でリネンを紡いで織るための情報はネット上ではほとんど見つけられませんでした。

個人でなくても、亜麻からリネン布までどうやって加工するのか、調べても有力な情報は得られなかったのですが、ふと手に取った無印良品のカタログが一番詳しく載っていました!オンラインにもあったのでご紹介。

無印良品の麻のページ(夏向けキャンペーンなのでリンクが切れたらごめんなさい)

やはり植物から繊維だけを取り出す課程がなかなか大変な模様。取り出した繊維はほんとに綺麗な北欧系女性の金髪みたいな色です。

北海道の気候は亜麻栽培に向いているそうです。油の生産もいいけど布の方も、クソ高いヨーロッパリネンには敵わないでしょうけど、なんとか味のある布の生産くらい出来ないものかなーと密かに期待しているのですが。

あっ、そういえば亜麻仁油は木製の楽器にも使うんだった!発火に気をつけないといけない油だけど、私も使ってます~。ドコ産か不明だけどね。

« 黒ビール風炭酸飲料なるものを飲んでみた | トップページ | 6月4日の部分月食なんぞ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おぉ、亜麻色の髪の乙女さんよ happy01
標題を見て、怪しいアブナイ言葉を投げかけようとしたら、
最初っからちよさんがブレ~キかけてるんだもの~ coldsweats01sweat01
リネンって言葉聴いただけで、清楚な清潔感が漂いますね confident

>arakansinさま
うちの父がしつこいぐらい聞いて来るのでね、予防線。
全然違う植物なのに一緒くたにするんだもん、思わず
「ホウレンソウとカブぐらい違うわ!」
と言っておきました(どっちも植えてます)。

リネンLinenはラインLine(線)の語源だそうですよ。ホワホワの繊維に
よりを掛けて丈夫な1本の線にするところから生まれた言葉だとか。
上質なリネンは全くチクチクしないそうですから、いかに
葉っぱや茎を腐らせて取り除き、細い繊維だけを取り出すか、
やはり難しそう。

亜麻の里のページ見てみました?亜麻まつりでは
「亜麻色の髪の乙女」歌唱コンテストもやってるんですってw
一曲いかがですか^^karaoke

亜麻の栽培を始められたこと、なんて羨ましいことでしょうsign01
このまま順調に成長するといいですね。
アイリッシュリネンのティータオルを使い始めて30年近く経っていますが
日本で栽培できるとは想像もしていませんでしたので、
その点北海道はかなり羨ましいですhappy01
寒いけど、それがヨーロッパの気候と酷似しているのでしょうね。

やってみたいことがたくさんあって、大変でしょう。
どうぞ体は大事にしてくださいね。
とくに飲みすきに・・・。

お花が咲いたらぜひcameraで撮って、しかもお花モード(?)で撮って
(高画質の)素敵なお写真をアップしてくださいねscissors

>こごろうさま
ありがとうございます。でもそんなに飲んでませんからw貧乏で・・・。
調べてみたら、亜麻は移植を嫌うので直播きせよ、と書いてありました。
ポットに播いちゃった~。
根が張る前に植え替えねば。
元々乾燥地帯の物なので水もいらないそうです。

亜麻の花は朝咲いたら昼にはもう散ってしまうのだそう。
たった5本しかないので、撮り逃すかも・・・(=´Д`=)ゞ

亜麻の種、亜麻仁(あまに)はキッチンに常備してます。
ゴマくらいのもので、これがまあ、ものすごく体にいいものなのよ。
カナダはけっこう作ってますね。

これ、蒔いた事ないけど、芽は出るらしいからやってみようかな。
青い花がきれいですよね。

ダンナの国、ポーランドでは麻はすごく一般的で、たくさん売ってました。
共産時代でも、これは不足なくあったみたいで、遠慮なく買いました。

Flaxseed oilは、オメガ3の油なので、熱に弱く、すぐに酸化するので、食用のものは作るのが大変です。真空で絞ったり、熱を帯びないようにゆっくり絞ったりしているのでけっこう高価。

調理には使えず、カレーやシチュー、パスタなど、食べる前に大匙一杯くらいかけて食べます。臭いがあるので、ドレッシングにはちょっと向かないかな。

あわわ、私に亜麻のこと喋らせるとエライことになるんですよ、ちよさん。
3ヶ月連載記事書いたくらいだ。ここでストップね。(´▽`;

>猫まんなさま
亜麻の糸の紡ぎ方も是非お願いします~!
日本のサイトでは情報を得られないと分かったとき、
猫まんなさんが浮かんだのですよ。
何かご存知かな、と。
えらいことになるまで語ってください~。
ただし繊維のことね^^;;と予防線^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212355/54876253

この記事へのトラックバック一覧です: 亜麻を植えてみた:

« 黒ビール風炭酸飲料なるものを飲んでみた | トップページ | 6月4日の部分月食なんぞ »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ