最近のトラックバック

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月26日 (木)

ラズベリーの収穫からジャムへ

夕べ3時間以上かけて書いた記事が保存ボタンを押した一瞬のうちに消えてしまいましたweep。なかなか気を取り直せなかったけど、書き直します。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今年もこの季節がやって参りました。大豊作だった昨年は7.1kgも採れて大変でしたが、今年は昨年より日照時間が少ないような気がします。どうなるかと思いましたが、不作だった年のように虫が発生したり、カビが生えたり、葉っぱが毛虫だらけ(!)だったりすることもなく、たまに虫食い痕は見られるものの、今年もどうやらたくさん採れるようです。

20120722_01

20120722_027月22日朝7時過ぎに撮影。まだ少し暗かったかな。写真はいつものようにクリックで多少拡大します。

木は私の背丈をゆうに超え、2m以上あります。

20120722_03手袋をはかないと(北海道弁だわねw)つぶれた汁が付いたり、時々はクモやカメムシといった虫をわしづかみにしてしまうので、お見苦しいですがご容赦を。大きさを見ていただこうと思いまして。結構大きいでしょ。頂いた苗木を増やしたものですが大小2種類あります。こちらは大きい方。

20120722_06この日は1.1kgほど採れました。

20120722_07ほれ、アップですよ~。甘酸っぱい香りが漂います。

この実を洗ってジャムにします。

マーマレードの記事にも書いたかもしれませんが、うちは甘味を極力控えています。実の重量の1/3しか使いません。ものの本には50~60%を使うようにと書いているレシピが多いかと思いますが、果実本来の甘酸っぱさをいかしてたっぷり食べたいと思っているので33%にこだわっています。その代わり瓶はよく消毒します。

酸に強い鍋に、水で洗ってよく水気を切ったラズベリーを入れ、平らに均(なら)します。その上から重量の33%のグラニュー糖を掛け、一面真っ白にしてフタをします。顔を出すとそこからカビが生えやすくなるので(夏ですし)、隙間なく砂糖でフタをしてやります。そのまま一晩置きます。一晩置いたほうが、果実から果汁が染み出てジューシーに仕上がると思います。

20120723_01時間が経つと、真っ白だったグラニュー糖が果汁を吸ってこんな色になります。夜中に時々フタをあけると、胸をすくいい香り!これが密かな楽しみだったりします。

鍋の底の方には、ラズベリー・コーディアル"Raspberry Cordial"が溜まっています。

『ラズベリー・コーディアル』と聞いてピンと来る方はいらっしゃるかな?かの小説「赤毛のアン」に登場する飲み物なのですが、私は昭和の翻訳で「いちご水」と書いてあるのを読みました。イチゴと聞くと、誰しもショートケーキcakeの上に乗っているあのストロベリーのプチプチした食感や香りを思い浮かべると思いますが、うんと後になってから知った衝撃の事実!ラズベリー・コーディアル(木苺シロップ)だったとは!!ストロベリーじゃないじゃん!全然違う!M岡H子さん!どうしてイチゴなんて書いたんですか!せめてキイチゴ水と書いてくれればよかったのに!強いて例えるなら、柚子と夏みかんを同じ物にされたような感じです。だいたいタイトルも「赤毛のアン」じゃ可哀相じゃないですか!(原題はAnne of Greengables)

・・・閑話休題。さて、煮ていきましょう。鍋を中弱火にかけて沸騰させます。

20120723_02砂糖が溶けるのが早いか、アクが出てきます。

20120723_03出てきたアクは徹底的に取り除きます。

20120723_04だいたい良いみたい。大変に感覚的にやっているので、何分間煮るというようなレシピもないのですが、写真の時刻を見ると10分くらい煮ていたようです。

ところで、市販のラズベリージャムって、たいてい種がそのまま入っていますよね。写真にもポツポツ見えてますが、ストロベリーと違って固いし大きいし、結構邪魔なので、うちではこれを全部取り除きます。

20120723_05こんな漉し器でちまちまと漉してやります。これがまた大変に忍耐のいる作業です。熱いし暑いし、なかなか終わりは見えず、手は痛くなってきますが、喜んでくれる人の顔や声や言葉なんかを思い出しながら気合を入れて作業します。

20120723_06こんな感じで漉し器の中に種を残して、下のボウルで果肉と果汁を受けます。いっぺんに沢山やらず、少しずつ漉して種を溜めたら出し、新しいジャムを入れてまた漉す作業を繰り返し、全部終わるまで頑張ります。

20120723_07全部終わったところ。ボウルにある目盛りを見ると果肉と砂糖は全部で1000ml近くになったようです。

20120723_08取り除いた種の方です。カスなんて思わないでくださいね。市販のジャムにはこれも丸ごと入っているのですから(うちはポイ(^o^)ノ⌒°ですけど)。まだ果肉が少し残っているようにも見えますが、あまりしつこくやると編み目から細かい種が入り込んでしまいます。だいたいもう既に手が痛くなっているので限界です。

20120723_09漉した果肉を鍋に戻し(鍋は洗ってね)、もう一度煮ていきます。またアクが出てくるので徹底的に取ります。

20120723_10これで煮上がりました。写真の時間を見たら大体12分くらい煮ていたようです。あんまり煮詰めると色が悪くなって固くなります。ちなみに果実にペクチンが含まれているため、添加しなくても自然にトロミが付きます。レモンも必要ないと思います。

20120723_11熱湯で消毒した瓶に詰め、熱いうちにフタをしてひっくり返して冷まして置きます。1.1キロのラズベリーが瓶4本になりました。

この2日後に今度は1450gも採れ、瓶7本分のジャムになりました。これだけ苦労して作っても、収穫するときに塀から落ちそうになったり、筋肉痛になったりしても、私はアレルギーなので食べられませーん。元々大好物なので、瓶に詰めるときにポトッと落とした赤い汁を思わずペロッとしたら、背中じゅうに蕁麻疹が出たことがありますcoldsweats02 でもその程度で済みますし、喜んで食べてくれる人がいるので、張り切って採って煮るのだ~。

今年も8月頭まで収穫が続くと思います。5キロくらい行くかな?

2012年7月25日 (水)

カルピスロールちゃん捕獲

前回のティラミスロールちゃんをまだ2回ほどしか堪能していないうちに、いつも買っていたスーパーからロールちゃんが撤退してしまいました。悲しみに打ちひしがれ、もはや徒歩圏内での購入は諦めていましたが、先日そのスーパーで両親が買ってきてくれました!復活したのか!?気まぐれの入荷なのか!?

期間限定の白いクリームロールちゃん!公式サイトはコチラ

20120718_01_2背景がなんだかきちゃなかったのでsweat02ちとボカしてみましたcoldsweats01

20120718_02このキャラクターは、「ピースロールちゃん」だそうです。カルピスのCMで言ってる“体にピース”から来てるのかな?scissorsしてるけど。

20120718_03記事とクリームにも夏を代表する飲料カルピスを練りこんだ、夏を意識した商品だそうです。そうか、夏の飲料なのかw そうそう、先日のNHKのガッテンでやっていた恐ろしく遅く切る方法で、断面が綺麗に切れるようになりましたgood

確かに生地はいつものシロールよりも白くて、ほんのすこーーーーーしサッパリした香り。クリームからは濃厚にカルピスの味がします。茶色の瓶に入った原液を水で薄めて飲んだ時代が懐かしいconfident←年がバレるなsweat01 濃い目で作ると怒られたけど、そんな感じの甘さです。濃いですhappy02

今は通常のシロールちゃん、クロールちゃんも夏休み限定パッケージになっていて、欲しいと思っているのですが、一度撤退してしまったスーパーでも再入荷してくれるのかな・・・。

ちなみに、こちら札幌ではイオン系には置いてある確率が高いようです。(円山のフードセンターにはばっちり3種類あったよ!)イトーヨーカドー某店では置いてませんでした。

他にも、地域限定が盛りだくさん出ていて、該当地域にお住まいの方が羨ましいです。
東北、関東、東海、関西、中四国、九州!見事に北海道だけ置いて行かれてます!crying 詳しくはwebで!(公式の商品情報ページはコチラ

【過去の関連記事】
好きすぎて(2011.11.05) ←秋の収穫祭、ダブルチーズ
今月のロ――ルちゃん(2012.1.14) ←いちご
じーじロールちゃん捕獲。(2012.3.12) ←抹茶&小倉
シロールちゃんも食べてみたけど(2012.4.11) ←ホイップクリーム
ティラミスロールちゃん捕獲。(2012.05.03)←ティラミス味

2012年7月24日 (火)

びぃるもどき☆北海道プレミアムを飲んで

20120711_01

サッポロビールから新ジャンル(リキュール類)で新商品が出ていました。7月11日に飲んでいたのを今頃記事にしますcoldsweats01 どうやら発売日に買って飲んだみたいです。ちなみにレギュラー缶が¥108円と少しお安い値段になっていました。

北海道PREMIUM【プレミアム】リキュール アルコール分5% 公式ページはコチラ

原料の一部に北海道産のものを使い(大麦とホップね)、北海道の爽やかさ?をイメージしたという商品のようです。明治時代にサッポロビールの前身の会社を興したことも、どうやら宣伝にこじつけているよう。

さて、飲んだ感想と言っても、それほど印象に残ったこともなく、一言で言うと「麦とホップそっくり!」と思ったくらい。こりゃー同時に飲み比べないと違いが分からんぞ、と思いました。そのくらい味の方向性が似ています。きりっとした強めの味です。前に飲んだ「ホップ畑の香り」のような香りや腰の柔らかさはなく、はっきりした味だと思います。テレビCMでは松嶋菜々子さんが草原でさわやかに飲んでますが、どちらかというと居酒屋で飲む雰囲気の男性的な味のように感じます。

ところでこれ、北海道限定発売とは書いていないのですが、全国で売っているのでしょうか?乳製品に「北海道」という文字を入れたら売れる、というのと一緒の戦略でしょうかね。

2012年7月10日 (火)

6月終わってるし7月も中旬だし

6月14日に撮った写真を載せないまま、気が付けば7月も中旬。速過ぎる・・・。いと疾し・・・。

本日、ごちゃ混ぜです。

まず、うちの庭写真つづき。今はもうとっくに終わってるけど、来年までは待てませんw

20120614_04都忘れ2色。

20120614_05てっせん。

20120614_06アリさん付きの牡丹?芍薬?いつも分からなくなる。何度調べてもすぐ忘れるのです・・・。

20120614_07関東のスゲ○コさんがちょうどこの頃、ご自宅のアジサイの花を撮っていたので、うちも撮ったのですが、蕾も蕾。まだまだちーーーさかったです。今現在、ポツポツと咲き始めうっすら水色になっています。

相変わらず取り留めない羅列ね・・・。

今は、雑草畑はドクダミが花盛りで(抜くとクサイよね)、ラズベリーも薄赤く色づき始めました。今年はなんだかカラッと晴れないので、甘さがイマイチだったり虫がついたりするかも・・・。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

前に載せたトールブッシュみたいな木ですが、その後また通りかかったら、少し枝がモサモサと伸びていました。

20120707_01(7月7日夕方撮影)

やっぱり職人さんが刈ったばかりの姿のほうが凛々しくていいわね。あ、それと写真左手は、近代美術館ではなく三岸好太郎美術館でした。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

昨年の夏、アバターに着せる浴衣を買わずにぐっと我慢したのだけれども、やはり後悔して1年待ちました(なきゃないでどうにでもなるんですけどね)。

今年の新作も出るもんだから、購買意欲がそそられて大変!それでも衝動買いしないようにじっくり検討して慎重に選ぶことにしました。

Yukatavatar2012どれがいいかな~~~~~と悩むこと半月?

左上は帯が可愛いけど少し若いかな、右上は涼しげだしリアル年齢だと妥当だけど人気が高くて他人とかぶる、左下は洋服だと好きな色だけどなんだか私が着ると落ち着きすぎというか浴衣っぽさがないな、右下の男装はアバター遊びの時に使えるんだけど(加トちゃんの時に欲しかった・・・)、今は余裕がありません。

左上のような白地の浴衣、ちょっと思い出があります。

2歳の頃なんですが(笑)、ある夏の夜、家の中でスッ転んでテーブルの角に頬から突っ込みました。頬は大きく腫れ、泣きじゃくって目も真っ赤になりました。それでも、盆踊りに行く!と強くゴネたそうです。記憶じゃなくて写真に残ってるんですけどね(スキャンできませんでした)。

その時の様子を、アバターで再現してみました。1歳編の続きだわねw

Yukatavatar2012_3_2こんな感じだったと思いますw(応募に間に合わなかったので、ここで一人アバコン^^;)この頃から踊るのが好きだったのね、と後になって妙に納得したことがあります。

さて、現在のちよ呑アバターの浴衣はどれを選んだでしょうか。まちでお確かめ・・・あ、サイドバーに出てるかw

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ