最近のトラックバック

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月23日 (日)

ミュンヘンクリスマス市(12月20日)のレポ

2回目行って来ましたよ~。今度は昼間です。去年と順序が逆です。sun曇りcloudでしたけど。
※写真の掲載忘れを追加しました(12/24)。

20121220_01昼間なら前回書いたcameraでも大丈夫かと思ったけど、なんだかどんよりした画ですね・・・まだ午後1時半なんですけどねcoldsweats01

とりあえず、ま、入ろうとしたら友達に「そこ気をつけて」と止められました。

20121220_02upwardrightこれなんだか分かります?

20121220_03雪の壁でしたw(友情出演:友達の足foot)普通の階段の1.5倍くらい段差があります。今年の札幌はこの時期にしては平年の4倍近い積雪を記録しております。この時期にこんなに積もったのは見たことない!気温も低くて1月みたい・・・。これを登って入場。降りるときもちょっと怖いよね。

クリスマス市にまだ来たことがないという友達と、ざーっと会場内を回って・・・、

20121220_06

20121220_13昼間のスパイスデコw

20121220_04ライトのお店もやっぱり昼間より夜の方が雰囲気いいわねsweat01でも明るいからよく見えます^^夜より暖かいしnote

20121220_07パパが使ってもママさんダンプとハンドラッセル。あまりに多い今年の雪のために、すぐ使えるように置いてありました。

20121220_08レースのお店は商品がだいぶ減ってスカスカしていました。クリッペ(厩の聖母子像)はやっぱり早くも完売。人気あるのねconfident

20121220_15昼間の屋台コーナー。

20121220_05小樽ビールさんとかぐるっと回ってメニューを見て、ソーセージやプレッツェルも美味しそうだったけど、お昼ご飯を食べたばかりで食指が伸びなかったcoldsweats01

20121220_09それでもグリューワインを買って、半分こw なんか今年はさらに容器が小さくなった気がする!!weep でも今年も味見が出来てよかったhappy01値段的にも量も今日は半分でよかったです^^

20121220_10この日もすごく寒かったので、テントの中に入ってお喋りしながら飲みました。甘すぎずちゃんとスパイスの香りがして美味しかったです。wine写真はテントの天井部分。タジン鍋みたいになっています。全景は去年と同じなので撮りませんでしたsweat01

20121220_11下を見下ろすと鳩さんがおこぼれを狙っていました。夏はとうきびワゴンのとうきびを狙っているヤツです。今は氷点下なのに逞しいな・・・。

20121220_14昼間の「宇宙の領域」さんにはまたカラスが止まっていました。やっぱりクリスマス市は寒いけど夜の方がいいわね。

20121220_12大通公園から1条南に行くと、某デパートの前にもうはや門松が!!fuji 気が早いな!!この二つが同時に並ぶ、しかも門松の方がVIP待遇なのに笑って1枚撮りました。

しかしもう歳末なのね・・・年賀状書かなくちゃね・・・。今年の記事もなんとかしなくちゃね・・・。

2012年12月16日 (日)

ミュンヘンクリスマス市(11月29日)のレポ

まずは、今頃11月のレポートかい!って自分にツッコミ。すみません・・・。今はもっと12月としては異例の積雪、平年の4倍近いそうですから、こんもりなんですが、11月29日でも既にうっすら積もってますね。

んで、ミュンヘンクリスマス市については、去年書いた通りなので、文末にリンクさせておいて、説明は省きます。それと、公式ページはこちら→「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo 2011」を見てね。

20121129_01今年は去年と反対側の入口からパチリ。実は訳あって、要修理のデジカメで撮ってます。SDカードが読み取れなくなったり、顔の色が変に写るので放置してあった家人のカメラを借りてるのですが、内蔵メモリなら使えるし(30枚くらいしか撮れないけど)、撮りようによってはそこそこ行けるのでこのところ使わせてもらっているのですが、夜景はやはりなんだかはっきり写らないのです。

20121129_02フルオートにするととんでもない色になるので、「夜景モード」ってのにしたんですが、なんですかね、この露出・・・。しかも手振れが半端ない・・・。三脚なんて持ってきてないわよっ。5枚に1枚使えるかどうか、という写真でお届けしますcoldsweats01

20121129_03そんで、クリスマス市の方は、今年もやっている事はほぼ変わりません(だがそれがいい)。今年はカメラ女子がいっぱい居て、混ざって撮ってきたのでいくつかご紹介しますね。去年と同じだったり、違う店だったり。写真は全てクリックで拡大します。

20121129_04へクセンハウスがボケボケ~。お店の照明が暗かったので手ブレです・・・sweat025枚くらい撮ったんですけどね・・・。

20121129_05クリスマスカードコレクションブースの窓に、にゃんこの切り絵が展示してありました。この建物の中には、クリスマスカードが沢山売られているのですが、今年は馴染みのカードの新作がイマイチで購入を見送りました。代わりに公式はがきをもらって友人に送ろうと思ったら、大人気で配布が終了してしまったとか。その後市内のあちこちで訪ねたんですが、入手できませんでした。今年も人気絵本作家の絵だったのかな(調べたけど分かりませんでした・・・)。

20121129_06宇宙の領域君もボケボケsweat02でも今年も健在です。

20121129_07飲食ブース。このボケ方なら顔モザイクいりませんねw

20121129_08昨年もご紹介したレースのお店、シュピッツェンラーデン。

20121129_09今年はちゃんとクリッペのレースが見れましたよ!!でも写真が上手く撮れなかった・・・sad 軒下についてる照明が透けちゃってます・・・。どういう露出だよ!annoy

20121129_10やはり目を引く、スパイスデコレーション。

20121129_11こちらの雑貨は・・・お、猫のサンタさん!クマもいます。

20121129_12なんか、今年は猫の物が多くない?なんて思いました。

20121129_13飲食ブースにあったあるお店の大看板のメニュー表です。昨年は小樽ビールのメニュー看板を撮りましたが、今年は別の場所だったために、大きいものは出してませんでした。(小さいのを撮ると店員さんが写っちゃいますからね^^;)

20121129_14今年もグリューワインの瓶をデコレーションしてました。かわいいheart04

20121129_15今年の公式マグはこちら。今年は少し径が大きくなったようです。yen500也。

大好きなグリューワインは、貧乏で飲めませんでした・・・weep。その代わりドイツワインwineの試飲をさせて頂きました。この白、美味しいですね!香りがとってもフルーティーなのに甘くなくてスッキリ!え?1790円・・・すみません買えません・・・。

【過去の関連記事】
クリスマス市とホワイトイルミネーション前編 (2011.12.5)
クリスマス市とホワイトイルミネーション後編 (2011.12.6)
再びミュンヘンクリスマス市へ (2011.12.15)

2012年12月15日 (土)

Atelier Escargot アーカイブス ニット編追記2

Atelier Escargot アーカイブス ニット編追記の追記!

今頃の追記は、なんでかというと、昨晩13日木曜日21:30~のEテレ「素敵にハンドメイド」を見ていたら、自分のと全く同じ手袋が出てきて、ミーハーのように嬉しくなってしまい、手元と画面を比べて喜んでいたからなのでした。

番組で編み方を紹介したのは、足首ウォーマーでしたが、全く同じ手袋が参考作品として紹介されました。編んだ先生は同じ人ですからね。そして足首ウォーマーと同じエイトスターが使われていたとは、テキストも見たはずなのに気が付かなかった私。

20121214_01前に「どっか行った」と書きましたがcoldsweats01、出てきてくれましたhappy01

20121214_02S田先生のと違って、新品ではなく、散々使用してますがcoldsweats01

20121214_03
この甲にあるエイトスターは別名セルブーの星というそうな。ノルウェーのセルブー地方の物だったとは、知らなかった。本に書いてたっけなあ?

足首ウォーマーの方は、中細で3号針で84目とちょっと目数が多いのですが、編みたくなりました。お揃いっぽくなると思います。そちらはテキストの表紙になっているので、気になる方は12月号を検索してみてくださいね。 (追記:アマゾンでは売り切れみたいですけど(^^;、右サイドバーに入れておきますね。)

この手袋の編み方は、右サイドバーにある注目の本「北欧のニットこものたち」に出ております。写真のは指定糸じゃないけど編み方は同じです。

この手袋にまつわる話はコチラ↓
Atelier Escargot アーカイブス ニット編

2012年12月12日 (水)

検索フレーズランキングにツッコミ(3)

12月12日、左サイドバーに出ていた検索フレーズランキングです。

1位:札幌 海水浴
2位:編み込みニット 北欧 ファブリック柄
3位:針供養の日
4位:編み図 手袋 無料
5位:札幌 海 bbq
6位:スピンドル 糸紡ぎ
7位:Spitzenladen 日本で買うには
8位:カラメルブラウン ビール
9位:明治 ラムレーズンチョコ
10位:毛糸 かせ 巻き方

あのね・・・、札幌市は海なし市なの!!
海水浴は小樽市か石狩市に行くのが一番近いけど、某県民性番組でやっていた「砂浜にテントを張って(中で着替える)、炭火を起こしてジンギスカン(焼肉)をする」っていう風景が見たかったのですね?残念ながら当ブログではそういう記事はありません。最後に海水浴に行ったの、もう10年以上前ですからwww

7位のSpitzenladenが何かと思ったら、ドイツのレースのお店のようですね。ただいま札幌市中央区大通2丁目で開催中のミュンヘンクリスマス市に出店しています。去年その記事を書いたから、ヒットしたのね~。
今年も行って、クリッペのレースの写真を撮って来ましたが、カメラの性能のせいでいい写真じゃなかったのです・・・。けど近々編集して記事にしたいと思っています。検索した方、24日までに札幌に買いにいらっしゃーい!

あと、無料の編み図は公開してませんw
図書館で本を借りてくださいね^^

【過去の関連記事】
検索フレーズランキングにツッコミ(2) (2012.3.9)
検索フレーズランキング(編み物関連編)(2011.11.27)

2012年12月 9日 (日)

メルティーキッスのラムレーズンチョコ

なぜか検索フレーズランキングで人気のある「ラムレーズンチョコ」。今年も食べたので記事にするのですが、はっきりいって、たいしたことのない記事です。ただ食べたよーsign01ってだけですんで、検索で来た方はガッカリしてください(笑)。

昨年の記事down
ラムレーズンチョコ(゚д゚)ウマー (2011.12.9)

昨年も食べましたが、今年は「さらに美味しくなった」という触れ込みにより購入!といっても168円でゲットしましたけどw

restaurant明治 「メルティーキッス くちどけラム&レーズン」<冬期限定>

20121105_01おお、パッケージにもラムレーズンのおいしさUPと書かれているではないか!これは期待しちゃいますhappy02

20121107_01

去年と形状は変わらず。

20121107_02口溶けは最高~!メルティなだけありますlovely とろ~んとしてそれでいてベタベタしつこくない! ・・・だがしかし、レーズンが少ない・・・。よってラム酒成分も物足りない・・・。thinkガナッシュ部分にも入っているそうですけど、レーズンを噛んだ時にラム酒がじゅわ~っと出てくるのがいいのにねえ。

20121107_03だいたい上の写真にもレーズンの断面がないもの・・・と切り直し、レーズン部分を探してアップで撮影。探さないと出てこない辺り・・・噛めば必ずレーズンに当たるという訳じゃないくらい、寂しい量しか入ってないのは相変わらずなのでした。

コスト的に無理なのかな・・・。チョコ部分が美味しいだけに、実にもったいない。

あ、そうそう、昨年はなんだかレーズンが粉砕されていた感じでしたが、今年はちゃんと丸ごと入ってましたよ。おいしさUPっていうのはこの辺のことなのかな。(もっと入れてくれ・・・)

どこかに、チョコ部分はほどほどビターで口溶けがよく、香りの良いラム酒をたっぷり含んだレーズンてんこ盛りのラムレーズンチョコはないでしょうかねえ。去年どこかの記事にも書いたけど、理想のラムレーズンチョコは、もう、自作しかないのでしょうか。

2012年12月 8日 (土)

針供養の日に寄せて(思い出話)

今日12月8日は針供養の日です。

普段硬いものを縫って疲弊した縫い針の労をねぎらうために、一日針仕事を休み、折れた針を柔らかい豆腐に刺して供養し、裁縫の上達を祈願するという風習です。2月8日に行う地域もあるようですが、札幌は12月8日に行うようです。

今から数年前、札幌でも供養が行われていないか、あちこち調べて唯一見つけたのが豊平神社。神社でご供養?と恐る恐る電話で問い合わせたところ、神社のすぐ近くにある文化服装専門学校の学校行事として行うとのこと。見学するだけなら後ろの方で見ていていいとご許可を頂き、当時、針仕事兼ダンス友達だった人と一緒にお邪魔させて頂きました。

境内の一角の広場に、ご供物がいっぱい載った祭壇が用意されており、その前に並んだ150人ほどの生徒さんの列から、4~5mほど後ろの階段の前に立たせて頂きました。この日の天気はまあまあでしたが、かなり冷え込んでおりました。

その寒空の下、神主さんがかしこみかしこみと供養と祈願をされる様子と、生徒一人ひとりが豆腐に針を刺していく様子をひとしきり見ていたら、生徒が解散してからですけれども、なんと学校の関係者の方が、私たちにも針を刺しても良いとお気遣いくださいました。

折れた針をこっそり持参していた私たちは顔を見合わせ、小躍りしました。

しかしそこで目にしたものに大変驚いたのです。8皿くらいあった半分は豆腐だけれども、残り半分はなんとコンニャクでした!!なんでしょうかこれ!!豆腐に刺すのは知っていたけれども、コココ、コンニャク!?しかも氷点下で、端の方は凍りかけています。

既に生徒さんたちが無数の針を刺していたのですが、どうにか隙間を見つけてブスリ、と刺しました。コンニャクに針を刺すなんて、人生初の体験!その初めての感触を指先に感じて、妙な感じがしました。

もう一つ驚いたのは、生徒さんがぶすぶす刺したのは、縫い針、まち針、虫ピン、ミシン針だけではなかったこと。

なんと!ロータリーカッターの替え刃までブッ刺しておりました!

(帰宅後、ネット上に報告すると「分かる。労いたいと思う程お世話になっている」というご意見を頂戴しました。私は未だに裁ちバサミ派なんですが、今の時代はそういうものなのかと感じ入りました。)

そして最後に、ハリネズミ状になった豆腐とコンニャクは、学校関係者の手によって境内にある供養塚の中に収められたのですが、折り重なるようにぎゅうぎゅうに詰められ、残った針はその塚の中に入った豆腐の上からざーーーーっとかけられて、無理やり蓋を閉められたのでした。

051208_1034(前のPCを探したら残っていました。今よりさらに性能の良くないカメラで撮ったものw)

撤収作業も終わったので、お声をかけてくださった方に、よくよくお礼を申し上げ、最後に神社の本殿にお礼の参拝をして我々も後にしたのですが、1時間弱、寒空に居たために、体の芯から冷え切ってしまい、その後、近くの喫茶店でお茶を飲んだくらいでは温まらず、お昼になってパスタを食べてようやっと暖まりました。

寒いのは分かっていたので、厚着をしていったのですが、全然足りていませんでした。神社からちょっと歩けば銭湯もあったのに、ちゃんと事前に調べておけばよかったと、今でも思い出します。そのお友達とは裸の付き合いではなかったですけれども、誘ったら行きましょう!と言ってくれたと思います。

翌年、翌々年は一人で行ったのですが、この供養祭は本当に学校行事の一環であったために、参列しては迷惑になると思い、終わってから行くようにしました。境内に着くと、雪の上にたくさんの足跡があり、供養塚の中にはやはり無数の豆腐とコンニャクと針が収められているのが確認できましたが、雪が早く、真っ白に埋まって凍っている年もありました。

071208_1127

昨年は行くのが遅くなり、社務所の方にお願いしたのですが、針塚も凍結しているし、とてもご面倒をおかけすることになったため、今年は遠慮しようと思います。土曜日なので、もしかして昨日やったのかな? (追記:学校公式ツイッターによると、6日に行ったそうですw)

祈願が届いたのか、供養と祈願をした年には、縫い物のお仕事も頂戴し、機会があればお礼の参拝をしていたのですが、最近はなかなか神社まで行く機会もなくなってしまいました。

なんだったら、自宅でひっそりとご供養してさしあげようかと思わなくもないのですが、今年は縫い物もあまりやってないため、まだ針を折ったり曲げたりしていないので^^;少し溜まってからにしようかな、とも思っています。ドレスを縫っていた時は、ストマッカーと呼ばれる胸当ての部分なんかを、針には申し訳ないですけれども、あまりの硬さにペンチを使って縫っていたため、ボキボキと数本折っていましたが、それもやらなくなったので折る機会も減りました。

それと!日本製の針を使うようにしたら、同じ作業でも折れにくくなりました。外国製のパッチワーク用の針はほんとによく折りました^^;;それから、まち針をしたままミシンをかけたら曲がるのは当然ですね。ちゃんといちいち外すようにしたら、こちらも長持ちするようになりました。

数年前、恐る恐るながらも参加させて頂いたおかげで、普段から針を労って使う気持ちも芽生えました。神社にも、あの時声を掛けてくださった方にも感謝していることを、今日この日に思い出したので記事にしてみました。

綺麗な写真はこちらで見てね↓

参考資料
http://www.city.sapporo.jp/toyohira/news/201012/20101208-1.html
豊平区ニュースより、2010年の豊平神社での針供養祭の様子

2012年12月 7日 (金)

ビールもどき新商品、カラメルブラウン

またまた更新をサボってごめんなさいsweat02先日…って先月か!また新しいビールもどきを飲みました。

beerサントリー カラメルブラウン リキュール類 アルコール分5%
公式ページはコチラ

20121128_01

これね!美味しかったんです!!

ブラウンですけれども、私が黒ビールに求めていた条件が見事に満たされている!!甘い香りがして、ライトな黒ビールにありがちな水のように軽すぎたりせず、適度なボディもあって、優しく丸く膨らむ感じ。ただ残念なのは、リキュール類ということで、飲み終わった後にエタノール臭を感じること。これがビールだったらなあ!

是非またリピートしたいと思っているうちに、暴風雪だのなんだので、スーパーにいけずじまい。限定醸造ですが、まだあるかなあ。苦味もマイルドなので、黒は好きだけど苦いという方にもオススメです。(私は苦いの平気ですけどね^^)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ