最近のトラックバック

« ミュンヘンクリスマス市(12月20日)のレポ | トップページ | 今冬は冷え込みが厳しーっ(追記あり) »

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年2013年

明けましておめでとうございますfuji

一昨年10月から始めて2度目のお正月です。平素からこの拙ブログをご覧頂きましてありがとうございます。昨年中に書くと言っていた記事もまだ書かず仕舞いでcoldsweats01(ごめんなさい風邪引いてたのsweat01)、相変わらずのスローペースのsnailですが、本年も宜しくお願い申し上げます。

兄家族が着ている中、ちょっと抜け出しての更新です。お昼に写真を撮ったので公開happy02

20130101_01restaurant北海道のというより、うちのお雑煮。よそのおうちで食べたことないしcoldsweats01

切り餅でしょうゆ味。具が全部で10種類(お餅込み)。記録として列挙しておきます。
えーっと・・・、

大根、ニンジン、ゴボウ、タケノコ(孟宗竹)、鶏肉、シイタケ、凍み豆腐、なると、三つ葉、餅。

大根・人参は短冊に、タケノコも薄くスライス、ゴボウはささがき、シイタケと鶏もも肉は4mmくらいの薄切り、前夜に仕込んでおいて、短冊の凍み豆腐となるとは朝足して煮ます。味付けは、酒、しょうゆ、砂糖、それにいつものめんつゆcoldsweats01 だしは母が最近あごだしにハマッって、鹿児島のあご合わせのパックで取りました。お餅をオーブントースターで焼いて盛り付けたら、食べる直前に三つ葉を2cm長さに切って乗せます。

後ろの紅白なます、黒豆のほかに、伊達巻も作ってあります(全部母が)。数の子は市販品を用意。

20130101_02restaurantこちらは、夜に食べるので、まだ盛り付けてなかったうま煮。

そういえばうちには重箱がありません。大皿に食べる分だけどん!と盛って終わり。お重に入れたら温め直しとかどうするのかな。汁気もなくなるだろうし。

うま煮の材料もついでに記載。お雑煮と結構共通してるけどcoldsweats01

里芋、レンコン、タケノコ、ゴボウ、鶏肉、シイタケ、人参、ツト(なると)、花こんにゃく。

こちらもあごだしで、味付けは、酒、砂糖、醤油、お願いして味醂も入れてもらいました。

・・・それがね。花こんにゃくなんですけど、3色あってお花の形をしていてカワイイcuteと、孫(姪)が喜んで食べるので毎年入れているのですが、昨年末に宅配で届いた時、冷蔵庫がいっぱいだったので、天然冷蔵庫に保管しておりました。

天然冷蔵庫・・・つまり外です(^^) 物置に箱を置いて、その中に入れていたのですが、昨年末は12月とは思えない異常なまでの冷え込みで、母が言うところの「ガンガラガンに」凍ってしまって(カチンコチンでした・・・)、凍みコンニャクになってしまいました。

冷凍コンニャクって初めて見ました・・・。パック全体が凍って、可愛い花形のコンニャクが氷の中で凍み豆腐みたいに、水分が抜けてシワッシワのくしゃくしゃになっておりました。

急遽普通のコンニャクも入れて煮たのですが、「まあ、食えるべ」とその花コンニャクも入れては見たものの・・・down

20130101_03煮ても一晩置いてもシワッシワのままshocksweat02

さっき食べてみたら、食感もボソボソ?で、乾燥させた寒天ってあるでしょ、海藻サラダとかに入れるやつ!あんな感じになっていました。歯ごたえは満点ですがね・・・。

これから食べるのですが、姪どころか、誰も食べないかも。

コンニャクって凍らせたらダメなのねdash 正月早々学んだのでした。

後はニシン漬けとか、べったら漬けを食べます。ではでは。

« ミュンヘンクリスマス市(12月20日)のレポ | トップページ | 今冬は冷え込みが厳しーっ(追記あり) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
昨年はお陰さまで靴下編みを覚え、大晦日の晩も編んでいましたよ。
お友達にあげる分も編み終えたら違うかかとの編み方を覚えたいと思います。
ところでコンニャク。
そうそう、私もおでん用のかまぼこたくさん入って売ってるのを見つけては買って冷凍しておくんですが、一度コンニャク入りがあって( ゚д゚)ポカーンそのまましょうがないので煮物に使ったのですが食べられなかったですよ。
だからそれ以降は買うときに見てコンニャク入りじゃないのを買うようにしています。
なんたって超田舎でスーパーが無いので都会で買出し。
だからストッカーも用意してあるんです。
助かりますよ。
札幌に居たらこんな苦労しなかったのに~
今年もよろしくお付き合いよろしくお願いします。
追伸
我が家はおせちを用意しない家なんです。先祖代々・・・
でも私が育った家はしっかりと作っていたので懐かしいです。
特に旨煮・・・メチャ美味しそうですね。

あけおめ呑 happy01
うちのお雑煮は醤油ベースのすまし汁に,焼き餅を少し煮て柔らかめにしたもの,小松菜,ナルト,ささみ,柚子の皮といったシンプルなもの.
椀に盛りつけた後に鰹節と青のり(粉じゃなくてほぐしたもの)をたっぷりかけて頂きます delicious
今年もよろしくお願いしますにゃ cat

明けましておめでとうございますっ!
旨煮美味しそう♡
我が家はお重に詰めていますよ〜。
温めたい人だけお皿に取ってレンチンしてます^^

>のらデジさま
新年おめでとうございますfuji
にゃんこに編み物に、北海道生活etc.,今年も
のらさんのブログ楽しみにしてますhappy01
やはりコンニャクはそうなるものだったのね。
札幌に居てもスーパーが遠くなってしまい、
雪の日はじっと篭るようになってしまいました。
旨煮もお雑煮も母作ですけどねw
旨煮、子供の頃は好きじゃなかったんです。
いわゆる「茶色いおかず」でしたしね。
この年になると、沁みますねえw ありがたいです。
最近はやりませんが、昔はよく余った具を使って
茶碗蒸しにリメイクしてました。


>スゲ○コさまw
静かな休日を過ごされてるのかな?
関東風のお雑煮はうなじーずのこごろうさんのところで
拝見したのだけれど、あれはやはり小松菜なのね。
上品なお澄ましだなって思いました。
鰹節と青のりは初耳。美味しそうね~。
にゃんとなく、にゃんこも喜びそう?
こちらこそ、今年もよろしくにゃcatface


>いちごさま
おめでとうございます。
今年もうなじを磨こうねっ♪
私はお手伝いだけで、作ったのは母w
いちごちゃんのブログ拝見しました。
すっごいご馳走の数々。すごいすごい。
お重に詰めたのも、本当に立派!
丸2日半お料理しっぱなしって業務用の厨房みたいね。
本当にお疲れ様でした。
後で雨風呂からコメ&ペタします^^へへっ

ちよちゃん、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお付き合いくださいませ♡

のっけから美味しそうな筑前煮?うま煮?
うまうまには違いないね♪

そっか、天然冷凍庫ってすごく便利だと思ったけど
モノによるのね、、、

あごだしも気になったわ。今度スーパー見て来よう♪

>わかばさま
おめでとうfujiこちらこそ、宜しくお願いします((○┓ペコリ
天然冷蔵庫で一番便利なのは、ビールを冷やし忘れたとき。
雪の中にずぼっと入れておけば(もしくは風雪に晒す)
30分も出しておくだけでキンキンに冷えますsnow
冷蔵庫で場所を取る大きなお菓子を作る時も便利なんだけど
最近作らないからなあw

あごだしは、コチラの「あご合わせ」down(パックです)
http://www.tennendasi.com/
おでんにはコレ!カツオだしのように魚くさくなくて、マイルドで
それでいて旨みが深くて柔らかくて、すっかりはまっております。
デパートの催事で買ったのがきっかけだったらしいです。

ここに何度もきて見てるのに
コメント遅くなってすみません^^;
天然冷蔵庫には笑いました!
今はもっと寒いそうで、今年はのっけから大変ですね。
お雑煮は具沢山でとっても美味しそうです!
孟宗竹ってそちらにはないですよね^^;
我が家はお煮しめにいれる予定で保存していた
昨年のタケノコの瓶詰、すっかり失念してしまいました^^;
おかげでいまだに電気冷蔵庫の中で待機中です。
「こんにゃくの悲劇」、しかと心に刻みつけました。
で、結局、その花こんにゃくって食べましたか?

>こごろうさま
いえいえ、ありがとうございます。
そちらで拝見した関東風のお雑煮の澄んだおだしが
とても美味しそうでした。

孟宗竹も、里芋も土地の物ではないです^^;
(それを言ったらコンニャクやレンコンもかw)

花コンニャク、食べてはみたのですが、最初はダシの味が
じゅわじゅわと出ていたのですが、いつまで噛んでもボソボソと
口に残り、最後は和紙でも噛んでいるかと思うような
舌触りになりました。
一緒に保存しておいた生蕎麦(の麺)や、紅白かまぼこなどは
水分が少ないのでなんともなかったのですが、水分の多い
コンニャクはダメだということ、シカと学習しました^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212355/56445618

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年2013年:

« ミュンヘンクリスマス市(12月20日)のレポ | トップページ | 今冬は冷え込みが厳しーっ(追記あり) »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ