最近のトラックバック

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

伊予柑☆いよかんマーマレードを作りました

いよかんマーマレードに挑戦(2012.3.10)
今度は甘夏柑マーマレードに挑戦(2012.5.13)
甘夏柑マーマレードに再挑戦 (2013.5.29)

を経て、やっとレシピが完成しました。甘夏柑も美味しいけど、伊予柑の方が断然味も香りも良いので重い腰をやっと上げ、そして2月中になんとか記事にしました。滑り込みですけどね・・・。2月下旬になると、伊予柑はそろそろ店頭から消えますよね・・・coldsweats01 でもほら、デコポンとかはるかとか、他の柑橘でも同様に作れますから~。

伊予柑(甘夏柑)マーマレードは、結構な手間と時間が掛かりますが、それだけの甲斐のある味とかほりです。lovely

20140221_12

作り方の前にひとこと。

マーマレード Marmalade の語源は諸説あるようですが、ジャムは果実のみで作るのに対して、マーマレードは柑橘系で、果実のほかに果皮も加え甘く煮た保存食のことを言うそうです。果皮を含んでいてもリンゴで作ればリンゴジャム、オレンジでも果実だけならオレンジジャム(見たことないけど)という事ですね。

それでは、作り方です。長いよ~っ。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

◆ちよ呑印snailいよかんマーマレード◆

<材料>ジャムの瓶大小8つ分 ←思い切って増量!

・伊予柑・・・8つ
(皮は半分のみ使用、果肉と種は全部使用)
・グラニュー糖・・・630g(材料の40%)

20140220_02伊予柑は良く洗い、皮のキレイなのを4つ選んで(全部キレイなの8個選んできたけどw)、

20140220_036等分に切り目を入れ、皮を剥きます。去年甘夏柑の時に4等分にしたら長くなってしまい、パンに塗りにくい!と思って改良しました。

20140220_04裏の白いところは取らなくてもいいし、伊予柑の場合はそれほど苦くないのですが(味見しました!)、毛羽立ちが気になるようでしたら、スジのある部分をごく薄ーく剥いちゃいます。あまり剥きすぎると、果汁を吸ってジューシーになる分が無くなるので、程ほどに。

これをひたすら薄ーく薄ーく千切りにします。

20140220_056等分で、これくらいの長さになりました。もちーっと短くてもいいのかな?ま、切っちゃったし、短いのも入ってるし、いっか。

20140220_06伊予柑4個でこのくらいです。

20140220_07果肉の方は8個全部剥いておき、種もすべて集めて一緒に仕舞っておきます。煮るのは明日なのですが、薄皮が乾くと剥きにくくなるので、先にやってしまいます。

20140220_08酸に強い大きめの鍋に湯を沸かし、千切りにした皮を3回茹でこぼします。沸騰したら1~2分煮てザルにあける、を繰り返します。別鍋やヤカンでお湯を沸かしておくと速いです。写真は1回目。

20140220_091~2回目の茹でこぼし汁は、リモネンが含まれていて、油汚れ落としや床掃除に使えるので取っておきます。いい香りがします。

今年も床を拭きましたが、すっかり拭いた後の床に、カレーうどんをぶちまけたりはしませんでしたよ(去年の甘夏柑マーマレード参照)。

20140220_10茹でこぼし終了。3回もやると白いところがなくなりますね。

20140220_11これを一晩水に晒します(アクと苦味抜きです)。晒さないで作るとアク取りが大変だったので、省かないことにしました。

親戚にこの話をしたら、栄養分がみんな無くなっちゃうじゃないの!と驚かれましたが、果実は8個全部そのまま使いますし・・・、皮の成分はそのままでは多分、人間が食べるにはかなり濃すぎるのでしょうね。現にこれだけ晒しても、まだ苦味は若干ありますし、香りも抜け切りませんよ。

ここまでが初日の作業です。ま、一晩といっても8時間くらい置けばいいと思いますので、朝やって晩や夕方に次の作業でもいいです。

20140220_12次の日。皮をザルに上げて水気を切り、果実と合わせて重量を量ります。全重量の40%の重さのグラニュー糖を用意します。鍋に皮と果肉を入れ、グラニュー糖をかけて数時間~一晩おきます。

20140220_13いつもグラニュー糖でフタをするようにかけますが、時間がない時はまぶすようにからめてもいいようです(やったことないけど)。

20140220_14およそ8時間後。お砂糖全体がじんわり水分を吸って、鍋の底にも果汁が溜まっています。いいニオイがしますhappy02

水分が出たので、さあ、煮ます。

20140221_01点火・・・してもなかなか溶け切らないので、

20140221_02今年もおたまでツンツン。

20140221_03そして、このように出てくるアクを丁寧に取りながら、煮詰めていきます。火加減は終始弱めの中火で良いです。

20140221_0430分後。今年は欲を出して8個で作り、張り鍋にしてしまったものですから、中火だと吹きこぼれそうになり、ちょっと弱めたため50分で終わらず・・・。

20140221_05煮詰めている間に、別鍋に種と水を100~150cc程入れ、弱火にかけてペクチン液を作ります。時々かき混ぜながら、種がふやけてドロッとするまで煮た後、ざるや茶漉しなどで漉します。

20140221_06ドロッとするのが分かりにくいようなので、画像追加。ややピンボケsweat02ですが、ヌルヌルしてるのが、お分かり頂けますでしょうか。漉した液体もゆるいトロミがついています。伊予柑の箱に入っていたメモによると、種は焼酎に漬けてハンドクリームを作ることが出来るとありました。昔どこかのサイトで見た気がします。

20140221_07漉したペクチン液をマーマレードの鍋に入れて混ぜ、トロミを確認しながら、さらに煮詰めます。さて、もうそろそろ・・・いいでしょうか。弱火のせいでここまで1時間10分もかかってしまいました(前回は50分でした)。あまり煮詰めると茶色くなりますし、ゆるいながらもトロミもあるので、もういいことにします。市販品よりゆるいです(だがそれがいいのです)。

20140221_08煮沸消毒した瓶に詰め、熱いうちにフタをし、逆さまにして冷めるまで置きます。

これで完成です。皮を剥き始めてここまで25時間!ひゃっほー。今年はオリンピックsnowboardを見ながら(聞きながら)だったので楽しく出来た方ですnote

20140221_13後は、こんな風に、ヨーグルトに入れたり~

20140221_16バターやマーガリンと共に、トーストにたっぷり塗ったりして頂きますrestaurant

40%の糖分で、ちょっと甘くなっちゃいましたが、これは好みなので・・・もっと低糖でもいけますが、ヨーグルトに混ぜるならちょうど良いかなと思います。

20140221_14

2月になると「いよかんマーマレード」を検索フレーズに、当ブログを訪問してくださる方が増えるようです(恐れ多い・・・)。レシピならこんなちんたら個人日記を見るよりも、クックパッドでも見てよね!と思っていましたが、そろそろ完成したので、自分でも書いてみようかと思っています。

そして翌日、使わなかった4個分の皮で、いよかんピールも作りました。伊予柑☆いよかんピールを作りました こちらも併せてご覧下さい。

2014年2月22日 (土)

予告その2・・・当ブログでいよかんといえば

20140222_01

写真を100枚近く撮ったので^^;ただいま1枚ずつ画像編集中です。壊れかけのカメラなので、一発でピントが合わないのです・・・。

しかもここ数日、インターネット回線が安定しないのです。通信障害ではないようなので、ルーターのせいか・・・。こちらの設定もいじらなければなりません。

時々つながる合間を見計らい、完成写真を1枚だけUPして、今日はおわりっ!

2014年2月21日 (金)

予告。当ブログで伊予柑といえば・・・

20140220_01

もう1/3くらい食べちゃいましたが、今年も取り寄せました(家族が)。愛媛産のEM栽培の伊予柑~。無農薬です。

当ブログで伊予柑といえば、アレですアレ。去年はめんどくさくてすっかり皮をダメにしてしまいましたが、やっぱり伊予柑が一番美味しいので重い腰を上げました。

写真もいっぱい撮ったし、挫折しないためにも自分にプレッシャーを掛ける!・・・そのための記事でした。

2014年2月18日 (火)

昼間のブリザード

しばらくは古いネタを載せると書きましたが、昨日撮った写真なんぞちょっと載せてみます。

週末、関東に2度目の大雪を降らせ、山梨など多くの集落を孤立させた南岸低気圧がこちらにも来まして、昨日は昼間からブリザードになりました。

降った量は、それほどでもないのですが・・・、

20140217_01

このくらいはよくあること。でもずっと風が強かったので、あちこちに吹き溜まりが出来て、雪が風圧で締まって硬くなっておりました。すべりが悪くて渋いの!

20140217_03

↑これは小さな吹き溜まり。風の通り道でこんな稜線みたいのが付きます。うちの前はもっと尾根高く吹き溜まっておりました。

20140217_02

↑なぜかツララにも雪がふっついちゃったよ~。こんなの初めて見ましたw(゚o゚)w

20140217_04

天気はめまぐるしく変わり、晴れ間が覗いたと思っても、ずっと風は強く、地吹雪になっておりました。見づらいですけど、雪煙が見えますでしょうか。空からは降って来ないのに、積もった雪が舞い上がって吹き付けます。

しかしまた降り出し、15分もたたないうちに、こうなりました↓

20140217_05

うひょーw(゚o゚)w あまりの猛吹雪さに、同じアングルで撮りそびれましたがcoldsweats01方向は同じ。歩道から車道を撮りました。普通に車が走ってくるのですが、よく前が見えるな・・・と感心してしまいます。この辺に道路と路肩がある、と勘で走るってやつですね・・・。

↓こっちは歩道。うんと奥に下校途中の小学生がいますが、見えませんsweat01 しかしこの後、雪を漕いで元気に帰って来ました(この後すぐ晴れましたし、降雪量がたいしたことなかったので、学校側も危険とは判断しなかったのでしょう)。

20140217_06s

普段吹雪というと夜なので、写真に収められないのですが、昨日は昼間だったので撮れました。実際に目で見るのと違って、分かりづらいけどね。 写真が暗いのは、壊れかけのデジカメを簡単お任せモードみたいので撮ったせいです^^;ちゃんと曇天でプラス補正しないといけなかったのね・・・。

写真を撮った前後に、雪かきをしておりました。風上に向かって歩いて雪を捨ててくるので、吹雪くたびに止めて休憩しました。続けようと思っても、前が見えず、フードや耳当ては飛ばされ、顔に容赦なく雪が吹き付けて痛いです。

昔のアニメで、必殺技にダイヤモンドダスト~!といって攻撃するのがありましたけど、本来ダイヤモンドダストはよく晴れてマイナス20℃程度に冷えた朝、無風状態で起きる現象。たしかに寒いですけど、鼻毛が凍る程度ですので、ブリザードの方がずっと破壊力があると思いました。あ、あれか。RPGのマヒャドか。

2014年2月 8日 (土)

余寒お見舞い申し上げます

すっかり放置してしまってごめんなさい。作品やネタは色々あって、写真を撮るだけ撮ってそのまま、というのも沢山あります。

時間が経てば経つほど載せ難くなるものですが、しかし、お友達のスゲ○コさんが、去年の出来事でもしっかり記録されてて臆することなくUPロードされてる様子をみて、勇気をもらいました。ここは自分のための記録だもんね。マイペースながらも時々UPしてみようと思います。

ってことで、新年を迎えたというのに、またも放置sweat01 もう2月かい!!

しばらくは古いネタで埋めてやります(笑)。

20140120_02

こちらは、1月中旬に某Wさんに宛てて書いた寒中見舞いの一部coldsweats01 いやあ、絵なんて久々に描きましたわ~。しかも植物園等でしか見たことのない椿(のつもり)なんぞを、色鉛筆で塗り塗り。あんまり上手くないのに、よく描いたなと驚いたことでしょうが、ちゃんと立春前に届きましたよ。

そして立春から4日過ぎた今日、関東では大雪、こちら北海道でも非常に冷えて、各地で開催の冬まつりでは溶けなくて嬉しいやら寒いやらで(もう痛いレベルですが)、日本中が冷えてます。

余寒お見舞い申し上げます。数日の事と思いますので、どうぞ無理せず、暖かくして乗り切ってください。

20140120_03

葉書の上の方にはステンシル風の雪輪を書いてみたんですが、ぼやけました~coldsweats01

お粗末!

こちらを投函したのは1月だからいいけど、2月に寒椿と雪輪では、野暮すぎますわね。まあいいのだ。今年もこんな感じでゆる~くやりますcoldsweats01

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ