最近のトラックバック

« 予告その2・・・当ブログでいよかんといえば | トップページ | 伊予柑☆いよかんピールを作りました »

2014年2月28日 (金)

伊予柑☆いよかんマーマレードを作りました

いよかんマーマレードに挑戦(2012.3.10)
今度は甘夏柑マーマレードに挑戦(2012.5.13)
甘夏柑マーマレードに再挑戦 (2013.5.29)

を経て、やっとレシピが完成しました。甘夏柑も美味しいけど、伊予柑の方が断然味も香りも良いので重い腰をやっと上げ、そして2月中になんとか記事にしました。滑り込みですけどね・・・。2月下旬になると、伊予柑はそろそろ店頭から消えますよね・・・coldsweats01 でもほら、デコポンとかはるかとか、他の柑橘でも同様に作れますから~。

伊予柑(甘夏柑)マーマレードは、結構な手間と時間が掛かりますが、それだけの甲斐のある味とかほりです。lovely

20140221_12

作り方の前にひとこと。

マーマレード Marmalade の語源は諸説あるようですが、ジャムは果実のみで作るのに対して、マーマレードは柑橘系で、果実のほかに果皮も加え甘く煮た保存食のことを言うそうです。果皮を含んでいてもリンゴで作ればリンゴジャム、オレンジでも果実だけならオレンジジャム(見たことないけど)という事ですね。

それでは、作り方です。長いよ~っ。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

◆ちよ呑印snailいよかんマーマレード◆

<材料>ジャムの瓶大小8つ分 ←思い切って増量!

・伊予柑・・・8つ
(皮は半分のみ使用、果肉と種は全部使用)
・グラニュー糖・・・630g(材料の40%)

20140220_02伊予柑は良く洗い、皮のキレイなのを4つ選んで(全部キレイなの8個選んできたけどw)、

20140220_036等分に切り目を入れ、皮を剥きます。去年甘夏柑の時に4等分にしたら長くなってしまい、パンに塗りにくい!と思って改良しました。

20140220_04裏の白いところは取らなくてもいいし、伊予柑の場合はそれほど苦くないのですが(味見しました!)、毛羽立ちが気になるようでしたら、スジのある部分をごく薄ーく剥いちゃいます。あまり剥きすぎると、果汁を吸ってジューシーになる分が無くなるので、程ほどに。

これをひたすら薄ーく薄ーく千切りにします。

20140220_056等分で、これくらいの長さになりました。もちーっと短くてもいいのかな?ま、切っちゃったし、短いのも入ってるし、いっか。

20140220_06伊予柑4個でこのくらいです。

20140220_07果肉の方は8個全部剥いておき、種もすべて集めて一緒に仕舞っておきます。煮るのは明日なのですが、薄皮が乾くと剥きにくくなるので、先にやってしまいます。

20140220_08酸に強い大きめの鍋に湯を沸かし、千切りにした皮を3回茹でこぼします。沸騰したら1~2分煮てザルにあける、を繰り返します。別鍋やヤカンでお湯を沸かしておくと速いです。写真は1回目。

20140220_091~2回目の茹でこぼし汁は、リモネンが含まれていて、油汚れ落としや床掃除に使えるので取っておきます。いい香りがします。

今年も床を拭きましたが、すっかり拭いた後の床に、カレーうどんをぶちまけたりはしませんでしたよ(去年の甘夏柑マーマレード参照)。

20140220_10茹でこぼし終了。3回もやると白いところがなくなりますね。

20140220_11これを一晩水に晒します(アクと苦味抜きです)。晒さないで作るとアク取りが大変だったので、省かないことにしました。

親戚にこの話をしたら、栄養分がみんな無くなっちゃうじゃないの!と驚かれましたが、果実は8個全部そのまま使いますし・・・、皮の成分はそのままでは多分、人間が食べるにはかなり濃すぎるのでしょうね。現にこれだけ晒しても、まだ苦味は若干ありますし、香りも抜け切りませんよ。

ここまでが初日の作業です。ま、一晩といっても8時間くらい置けばいいと思いますので、朝やって晩や夕方に次の作業でもいいです。

20140220_12次の日。皮をザルに上げて水気を切り、果実と合わせて重量を量ります。全重量の40%の重さのグラニュー糖を用意します。鍋に皮と果肉を入れ、グラニュー糖をかけて数時間~一晩おきます。

20140220_13いつもグラニュー糖でフタをするようにかけますが、時間がない時はまぶすようにからめてもいいようです(やったことないけど)。

20140220_14およそ8時間後。お砂糖全体がじんわり水分を吸って、鍋の底にも果汁が溜まっています。いいニオイがしますhappy02

水分が出たので、さあ、煮ます。

20140221_01点火・・・してもなかなか溶け切らないので、

20140221_02今年もおたまでツンツン。

20140221_03そして、このように出てくるアクを丁寧に取りながら、煮詰めていきます。火加減は終始弱めの中火で良いです。

20140221_0430分後。今年は欲を出して8個で作り、張り鍋にしてしまったものですから、中火だと吹きこぼれそうになり、ちょっと弱めたため50分で終わらず・・・。

20140221_05煮詰めている間に、別鍋に種と水を100~150cc程入れ、弱火にかけてペクチン液を作ります。時々かき混ぜながら、種がふやけてドロッとするまで煮た後、ざるや茶漉しなどで漉します。

20140221_06ドロッとするのが分かりにくいようなので、画像追加。ややピンボケsweat02ですが、ヌルヌルしてるのが、お分かり頂けますでしょうか。漉した液体もゆるいトロミがついています。伊予柑の箱に入っていたメモによると、種は焼酎に漬けてハンドクリームを作ることが出来るとありました。昔どこかのサイトで見た気がします。

20140221_07漉したペクチン液をマーマレードの鍋に入れて混ぜ、トロミを確認しながら、さらに煮詰めます。さて、もうそろそろ・・・いいでしょうか。弱火のせいでここまで1時間10分もかかってしまいました(前回は50分でした)。あまり煮詰めると茶色くなりますし、ゆるいながらもトロミもあるので、もういいことにします。市販品よりゆるいです(だがそれがいいのです)。

20140221_08煮沸消毒した瓶に詰め、熱いうちにフタをし、逆さまにして冷めるまで置きます。

これで完成です。皮を剥き始めてここまで25時間!ひゃっほー。今年はオリンピックsnowboardを見ながら(聞きながら)だったので楽しく出来た方ですnote

20140221_13後は、こんな風に、ヨーグルトに入れたり~

20140221_16バターやマーガリンと共に、トーストにたっぷり塗ったりして頂きますrestaurant

40%の糖分で、ちょっと甘くなっちゃいましたが、これは好みなので・・・もっと低糖でもいけますが、ヨーグルトに混ぜるならちょうど良いかなと思います。

20140221_14

2月になると「いよかんマーマレード」を検索フレーズに、当ブログを訪問してくださる方が増えるようです(恐れ多い・・・)。レシピならこんなちんたら個人日記を見るよりも、クックパッドでも見てよね!と思っていましたが、そろそろ完成したので、自分でも書いてみようかと思っています。

そして翌日、使わなかった4個分の皮で、いよかんピールも作りました。伊予柑☆いよかんピールを作りました こちらも併せてご覧下さい。

« 予告その2・・・当ブログでいよかんといえば | トップページ | 伊予柑☆いよかんピールを作りました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

今度は 4年後か? (。・w・。 )

きゃー、パチパチパチshine

すっごい丁寧に作ってますね。ペクチン、こんなにしてとるなんて知らなかったです。
カナダ人はペクチンとはパッケージに入っている粉だと思ってます。
自然のものだと知らないみたいで、化学調味料の一種だと思ってる人もいた。

いよかんの味とか、もう忘れたけど、何か別ので作りたい。
といっても、ここにはカリフォルニアやオーストラリアのオレンジくらいしかないのよね。
中国産の色をつけてあるポンカンみたいなのとか、使いたくないし。

でも、ライムがある。
ライムのマーマレードもおいしいよ。
ジャムのたぐいをすっかり作らなくなりましたが、ケーキの上に載せて焼いてもいいですよね。

素晴らしい(=´∀`ノノ゙☆
読み進むうちに伊予柑の香りがしてきました( '∇^*)^♪
欲し~い! 画面から1瓶飛び出してきてくれないかなぁ~

数年前から毎年友達が作って送ってくれます。
当たり前に食べていたけど、こんなに手間暇かかるんだ!(lll゚Д゚)
次回からありがたく頂戴しましょう~~
しかし実についてる薄皮のはがし方がとても上手!

>カブさま
そっか、オリンピックがないと作れないか(*^m^)


>猫まんなさま
ペクチン、わりと弱めです。市販のだとゼリーみたいに固まってるけど
これはかなりトロトロです。けど、伊予柑の種はよく取れますよ。
ライムもいいですね~


>沙羅さま
あれ、字変えました?^^
1個剥いただけでも部屋中にニオイが広がる伊予柑。
この時はピールも含めて3日間、台所中が伊予柑くさかったですw
爽やかだから家族にも許してもらえますけどね~


>のらデジさま
アクと苦味抜きを省いていきなり煮る方もいらっしゃるようですが
色々試した結果こうなりました~
この伊予柑、薄皮がすごく剥きやすいんです!!
甘夏柑の時は粒のお尻?外皮に面してる部分ね、が、
剥けなくて剥けなくて、グチャグチャにしてしまいますw
ま、果汁も使いますんで^^;開き直ってつぶしながら剥くか、
それでもダメな時は、ナイフで舟形に切って、皮に付いた果肉は食べちゃいます。

オットット!気付かなかったcoldsweats02 名前を間違えるようではオシマイだぁ~
変えたのはPC・・
変換しづらい名前にするもんじゃないですね(って言い訳ですが(〃∇〃)

伊予柑の香りは良いですよねheart013日間続いても文句無しですhappy01

いやはや…「こだわりの伊予柑マーマレード」ですなshine
素晴らしい~8888
売り物になりそう♪
ピールもいいなあ!!大好き~
チョココーティングも最高だよね~happy02

そうそう、種ね、ハンドクリームになるとかで…
ほら、うち、ちびすけがいるので普通のクリームとか使えないってこぼしてたら
教えてくれた方がいたんですが……
まったく無精者なくーろんでして~^^;

めっちゃ作ってみたくなった~~(≧∇≦)note
いよかん あるし~run って見に行ったら…
3個になってた(´・ω・`)びーシャが ガブガブ食べとる…。
丁寧に書いてあるから 初心者の私でも出来るかも~(。・w・。 )
あまり甘くないほうが好きなんですが、
砂糖 どのくらいにしたらいいのか ご教示下さい~ヽ(´▽`)/

>鯊螺さま
xp対策かな?いつもコピー&ペーストさせて頂いてます^^ふふふ


>くーろんさま
これだけの量なのに、目の下に隈を作りました…体力ないわ~。
種のクリーム?美容液??は作ったことがなくて、
塗ったあとはどうなるか分からんのです。
いいニオイすぎて、デコポンの味を憶えたちびすけさんに
かじられてしまうかもw


>みーしゃさま
これでも低糖な方だと思います。、一般的な本とかには50%どころか
60%も入れろって書いてます。脳天に来る甘さ(^^;
日持ちを考えたらそうなんだろうけど、たっぷり食べたい時は、
やっぱり低糖がいいですよね~。

材料の伊予柑自体の甘さにもよります。食べてみて酸っぱかったら
45%、甘かったら40%をオススメしてますが、
人によって甘さの感度が違うので、何度か試して頂くのが確実ですね。
もっと低糖がよかったら、ラズベリージャムの時に33%(重さの1/3)にしてるので
そこまで下げてもいいかと思いますが、お早めにお召し上がりくださいませ。

あー、とっても美味しそう!
けど自作は、おさーんには、ちとハードルが高いかなー。
今年も梅ジャム作りで修行してきます。
で、今回の小売り希望価格はおいくら?w

>可愛い猫様さま
刻んで1回ゆでたら、砂糖まぶしてレンジでチンっていう
レシピもあったので、探してみてね。

お待たせしました。価格ね。また原価計算しましょ。
この伊予柑、10kgで4000円だそうです・・・(送料込み)。
8個で1990gだったはずなので、まあ2kgとして800円、
グラニュー糖はセールを狙って99円でゲット。これを630g使用で62円。
作業時間が4時間半、北海道最低賃金が734円で、3303円、
めんどくさいのでガス代は計算せず(1時間半くらい使いましたが)、
8個作ったので・・・

(800+62+3303)/8=520
1瓶520円(ガス代&瓶代含まず)だそうです~

甘夏(1瓶500円)の時より時給がちょっぴり上がったこと、
甘夏は頂き物で値段が不明&送料を入れなかったこと、などから
若干上がったようです。

おぉ、去年よりお高くなりましたかー。
原材料費108円+人件費412円と、最低賃金で働いてもらっている(w のに労賃が割高ですね。
ここは1つ大量生産でスケールメリットを活かしてコストダウンを目指して欲しいす。
当社計算では、同じ時間で16コ作れると314円、24コ作れると245円になりますww

>可愛い猫様さま
去年の甘夏柑は頂き物だったので、正しくなかったのかも。その上で、
グラニュー糖のセールを狙うなどの努力はお認めくださいw

このマーマレードとピールの3日で、目の下に隈を作りました。
この量でもこんななので、大量生産には自信がありませぬw
皮を刻む量が増えたら、作業時間が増えるしー。
いや、目の前にニンジンをぶら下げたら、もっと効率よくなるかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212355/59213301

この記事へのトラックバック一覧です: 伊予柑☆いよかんマーマレードを作りました:

« 予告その2・・・当ブログでいよかんといえば | トップページ | 伊予柑☆いよかんピールを作りました »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ