最近のトラックバック

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

アーモンドの焼き菓子・・・名称は?

先日、母が頂いてきたこちらのお菓子↓

20140728_01

なんていう名前のお菓子だったっけ?焼き菓子だけど、はて・・・。

裏を見たら書いてるだろうと、ひっくり返してみたけど、

20140728_02

「焼菓子」しか書いてなーーーい!!それは見れば分かるちゅーねん!

あ、横からのも撮ればよかった・・・sweat01 キャラメルコーティングされたアーモンドとクッキーの二層になってます。

街の洋菓子屋さんcakeの、焼き菓子コーナーの一角によく、マドレーヌやフィナンシェなんかと並んでおいてありますよね?そんなに頻繁には買いませんが、たまーに見かけますよね?

ヌガーでもない、ガレットでもない、バタースコッチでもない・・・。○○なんとか、というのも出てこない。聞けばああって分かると思うのね・・・。

なんだったっけ・・・

年ね・・・って言われても返す言葉はない。だがしかし、そもそもちゃんと名前を知っていたのだろうか?

いくら考えても思い出せないので、ついにインターネットでpc検索してみることに。upwardleft

雰囲気とおぼろげな記憶からして、フランスの伝統菓子だと思うのね。その辺りからも見当をつけて、「フランスの焼き菓子の種類」みたいな検索キーワードで、菓子店や製菓学校のページを辿っても見当たらない。カヌレとか、薄いガレットや厚いガレット・デュ・ロワとか、フィナンシェなんかもあるけど、ないないなーい。

ヌガーもバタースカ(コ)ッチも画像検索して、どうも違う。

インターネットの検索って、名称を入力するものでしょう?その入力するものが分からないとなかなか苦労しますよね。

しかしついに、見た目から、「アーモンドの焼き菓子」と画像検索したら、そっくりな画像がいっぱい!やってみるものです。

その中からいくつかクリックしてみて、辿って辿って、やっと見つけました!shine

flag

「フロランタン」(仏語 florentins)

だって~~~~~!!

これは知らんかったわい・・・。

今度は「フロランタン」を検索キーにして、ウィキペを見ると、
>カトリーヌ・ド・メディシスがアンリ2世のもとへ嫁ぐ際にイタリアから伝えた菓子。『フィレンツェの菓子』という意味である。
とある。そういえばマカロンも元々はイタリア発祥でフランスに伝わったんだっけ。しかし、フロランタン・・・。聞いても、ああそうだった!それだった!ってならなかったよ・・・。

ご存知だった方いらっしゃる?上の写真を見て、「あ、フロランタンだ~」ってつぶやいた方いらっしゃいます?

私は、帯広の菓子メーカー「柳月」で出してる舟形の「防風林」の方がよっぽど馴染みがありますよ・・・。ま、せっかく判明したので、憶えるためにもこうして連呼して、記事にしてみた次第です。フロランタン、フロランタン。memopencil 風呂&ランタンspaflair・・・あれ?

cafe

伝統菓子は茶色の物が多いですよね。地味でもなんか落ち着きます。最近クッ○パッドのつくれぽ一覧を眺めたら、茶色のものばっかり作ってて、どーしてこうなった!って思ったけど、自分が好んで作ってるからなのねcoldsweats01

Ckpdmyktchn

ちょっと面白いから、画像加工して貼ってみますw これ以外にももっと沢山茶色の物を投稿してるんですよ(笑)。お菓子だけでなく、豚バラ大根とか肉うどんとかまで(笑)。

japanesetea

以下、すごくどうでもいい、ついでの話題。

前に掲載したら褒められた(?)ので、今回も調子に乗って掲載します。

20140728_03

48枚で一口というので、ビッシリ貼ってやりました。重なったり曲がったり、折れたりするのが嫌なのよね。ま~ここまでやれば当たるってものでもないでしょうけど。傘rainだけほしいんだけどな~。

2014年7月26日 (土)

杏がなってジャムにしました

先日の記事にも少し書きましたが、今年は数年ぶりに杏の実がなってくれました。それも結構な豊作wink 合計で3.5kgくらい採れたでしょうかね。

20140722_01

杏ジャムは私の管轄ではなかったので、写真はこれだけ~coldsweats01 中の種(杏仁)の写真を撮りそびれてしまいました。

ちと鳥に突かれたり、枝ズレとかで見た目の悪い所もありますけど、梅よりも一回りから2回りほど大きくて、アプリコット色になるんですよん。

写真はジャムを作る前に4時間水に浸けてアク抜きをしている所。この後痛んだところを取り去って、手で割って種を取り出し、グラニュー糖をかけて、数時間で水分が出ました。割とすぐ煮れるかも。うちは一晩置きましたけど。

翌日、火に掛けると出てくるアクを取ります。その間に種を割って中身の杏仁を取り出し、お湯でさっと茹でて茶色の薄皮を剥いたら、中の白い杏仁をジャムの鍋に加えます。ゆでたての杏仁は、なんというかマジックインクみたいなニオイなんですよ。アーモンドシロップのニオイにも似てます。

そうこうして、出来たのがこれ↓

20140724_01

鮮やかなアプリコット色~!瓶は再利用です^^ 1.2kgで瓶(今回大きめ)6本くらい出来ました。私は種を割ったり(やっぱりまた手をはさんだsweat01)、アク取りを手伝ったり、ちょっとアシストしただけですけどね。

一方、ラズベリーの方は採れてますが量が少なく、一度に450gくらいで瓶2本分です。小さい鍋で出来るし、裏ごしの作業が楽で速く出来ます。枝が短くて花数が少ないせいかな。去年一昨年の半量くらいで終わるかも。でも楽でいいや~。

2014年7月18日 (金)

今年もラズベリーの収穫が始まりました

今年ちょっと早いんでない?

いつもは7月下旬なんですが、1週間くらい早いかと思います。

んで、

20140714_11

こんな写真がやっと撮れたので、某レシピサイトにも作り方を載せました~。

このところ、このブログの検索フレーズランキングにもラズベリーって入ってたのよね。

トップ以外の写真は、このブログ記事の使いまわし(って2年前のだなw)。

ここの記事の方が細かく書いたけどね→コチラ

ただ、今年の木はどうも花数が少ないみたい。去年一昨年のように7kgも採れないと思われます。初回が420g、一昨日も450gでした。あまり大量に採れても大変なので、ほどほどに作って行きたいと思います。

代わりに、こちらが豊作かも!

20140716_01

毎年春先の霜にやられて、もう何年も実をつけてくれなかったんですが、今年は40個くらいなってます~!

これ、杏ですー。もうちょっと色が濃くなったら収穫です。いわゆる【アプリコット色】になります。母は杏ジャムを作るんだと張り切っています。大変なんだけどね。

4時間水に浸けてアクを抜いたら、実を皮ごと勝ち割って3等分くらいにして、鍋に入れ、重量の4割ほどのグラニュー糖をぶっかけて一晩置き、翌日アクを取りながら煮ます。その間に前の晩に取り出しておいた種を水道用のプライヤー(レンチ?)で割って(カナヅチだとつぶしてしまいます)、中の杏仁を取り出し、1~2分茹でたら、ジャムの鍋に加えます。杏仁豆腐のいいにおい~。少し煮たら消毒した瓶に移して完成。

参考レシピ:http://www.kyounoryouri.jp/recipe/2378_%E3%81%82%E3%82%93%E3%81%9A%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A0.html
(うちは低糖にして、果肉と果汁を分けないで一気に煮ます)

この杏仁を取り出す作業をするとき、かならず薬指を挟んでしまいます・・・w

昨日おっこちた実を拾って、少し食べてみました。バラ科なので私はNGですけどね…味見だけw 甘酸っぱくてプラムのような食感でした。

2014年7月13日 (日)

改良☆マーラーカオがもっと簡単に!(伊予柑パウンドケーキも)

マーラーカオ挑戦記3☆レシピ公開 (2014.6.14) に載せたレシピですが、改良してもっと簡単になりました。

材料は同じ。手順を変えただけ。

1.薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。← これは同じ。

20140712_01

2.ボウルに卵を割りほぐし、粉類以外の材料をすべて混ぜる。→ 粉類と牛乳以外の材料をすべて混ぜる。 牛乳は最後の最後に入れるのです!

20140712_02

3.粉類を入れてさっくり混ぜ、

20140712_03

ここ追記pencil 最後に牛乳を加えて軽くまぜる。

そして、→ 1時間ほど寝かせる(ダマがなくなります)。  ← これ削除

4.1時間経ったら、軽ーくひと混ぜして、シリコンカップなどの電子レンジ対応容器に流し入れる。

5.500Wの電子レンジで2分ほど加熱する。← これは変わらず。

ようするに、牛乳を最後に入れたら、ダマが出来なくなったので、生地を寝かせる必要がなくなったのです!!混ぜたらすぐ出来ます!

大体、ベーキングパウダーというものは、加水したらすぐに反応が始まるので、本来は寝かせてはいけなかったらしいのです(重曹の場合は加熱で反応)。膨らみが悪いと1/3→1/2に増やしましたが、必要なくなったので、また減らしたいと思います。

20140706_01

さらに、小麦粉の全量を米粉に変えて作ることもできます。若干ふわふわ感が減りますが、腹持ちいいんですよ~。しかもなんか表面がなだらかでイイ!(中に大穴が開いていたのは秘密coldsweats01

やっと完成と思うので~、改めてレシピを貼っておきますー。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

実は、手順改良のヒントは、パウンドケーキでした。

http://cookpad.com/recipe/698087 ←こちらの「サラダ油で作る☆基本のパウンドケーキ」を作ってみたところ、牛乳を最後に混ぜるのがダマにならないコツとありました。このマーラーカオも材料がとても似てると思い、試したところすごく上手く行きました!happy02 ありがとおおお!

このパウンドケーキは、簡単にアレンジが可能とあったので、いきなりアレンジしましたhappy01

20140618_01

この、前に作ったいよかんマーマレード(2度目に作った方ね)が、皮だらけっぽくなっていたので、

20140618_02

包丁で叩くように刻んで(この写真を撮ったあと、もうちょっとだけ叩きましたcoldsweats01 )、

20140618_03

最後に混ぜ込んで(牛乳よりも後です)、パウンド型に流して焼きました~。

20140618_04

焼きたてにラップをして、一晩おくとしっとりです。

私的備忘録:いよかんマーマレード60gを使い、砂糖は40gにしました。2度目のいよかんマーマレードは砂糖が1/3なので、20gくらい入っているだろうとの算段で、三温糖を40gにしました。しつこくない甘さでちょうどよかった!

20140618_06

いよかんの香りも高く、美味しくできましたーhappy01scissors

後日、一回り小さい型にしてもう1本焼きました。

20140704_01

高さが出て、焼き時間も少し短くなりました。180度30分。25分で下段に移して温度を下げたけど、25分で大体焼けてました。次回は26~28分くらいで出そうかな。

準備から後片付けまで1時間以内で出来るし、いいレシピですー。good

2014年7月11日 (金)

一年草の亜麻も咲きました

書きかけで保存してる記事があるけど、こっちを咲き、いや先に!

一年草の方の亜麻も咲きました~cute

20140711_01

といっても、もう3~4日前からポツポツ咲いていましたcoldsweats01 私の撮影が遅かっただけ。

しかももうお昼で、大型台風が逸れたとはいえ、また風もあり、

20140711_02

ほとんど散って落ちてましたwobbly 残ってたのが上記の1輪のみ。ちょっと虫食ってます??

20140711_03

宿根草の方はまだ花が残っていました。花の咲いている時間も長いし、期間も長いです。やっぱり観賞用なのねー。

一年草の方は油を採るための品種なのです。草丈はうちのは40cmくらいで思ったより短いうちに開花となりました。

さてさて、今週末の日曜日、またまた当別町で亜麻まつりが開催されます。昨年と一昨年にお邪魔しましたが、今年は残念ながら他に予定があって(午後からだけど・・・)行けそうにありません。(亜麻の里の方からコメント頂いたのだけどね^^;ゴメンナサイ)

亜麻の実を使ったマドレーヌやバーガーなど、美味しいものがいっぱいあるようですよ~。そして亜麻の花の絨毯のような美しい畑の景色が楽しめます!

と宣伝するから許していただきましょう・・・coldsweats01 朝7時からです~!

F7c63915 詳しくはコチラpcまで~!

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ