最近のトラックバック

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月26日 (火)

月下美人が開花

インターポットの話ではなく、リアルの話です。

夕べ、何年か…10年?もっと??…ぶりに、月下美人のつぼみをつけた!と家族に教えられました。

20140825_01↑17時頃 デカイ!マンゴーくらいの大きさです^^

20140825_06↑18:30頃、いよいよほころび始めた所をcameraと思ったらすごい手ブレの直後に電池切れsweat02

食事と充電を経て、20時過ぎにはほぼ満開!

20140825_07↑写真は21:30頃のものですが、20時過ぎと姿は変わらず、この後もしばらくこのままでした。

母が月moon1は出ているのか?と聞くので(月下のイメージ?)、調べたら夕べは新月newmoon!月の出が4:22、入りが17:50。今日の出が5:19。関係・・・あるのかな?

そして、開花し始めは分からなかったのですが、おしべが見え始めた頃から、甘~~い香りがするようになりました。このニオイ・・・嗅いだ事がある!なんだろう・・・、うん、薔薇に近いかも!ユリのよに甘ったるいだけでなくて、ちょこっとスパイシーさもあって、香水っぽいのよね。ほのかに南国系の香りもします。強すぎず、心地よい香りでした。

一晩で萎むというのですが、先ほど(7時)確認したら、直射日光を浴びているにも関わらず、まだ五分咲きくらいを保っていました。(写真ないです)

しかし突然つぼみをつけるし、デカイし、ドラマチックに咲くし、甘く香るしで、インパクトありますわ~。

2014年8月22日 (金)

杏仁(きょうにん)入り杏ジャム

7月の話を今頃ですみませんυ・・・特にMーしゃさん、「写真載せるから見てね~」と言っておいたのに更新が遅れてしまい、ごめんなさい。

7月下旬、数年ぶりに庭で収穫できた杏(あんず)を、ジャムにする過程を写真に収めましたので掲載します。杏仁(きょうにん)の写真もあるよ^^

20140728_111度に色付かないので、3回に分けて収穫。この日は1.2kgくらいあったと思います。プロの農家さんが作ったのと違って、シミだらけ^^;枝ズレだったり、鳥に突かれたりです^^;けどキレイなアプリコット色。

実は洗ったら、アク抜きのために4時間水に付けておきます。これをやっておくと、煮るときのアク抜きが随分楽です。しないと鍋から溢れるほどにブクブクと泡立ちます。

水気を切ったら、手で実を割ります。たしか金気の包丁を使うと変色するからではなかったかな(うちはステンレス鍋で煮ちゃうんだけど^^;)。

20140728_12手でかち割ったところ。中にタネが入っています。プラムと違ってきれいに剥がれます。

20140728_13実は3~4分割にして、種は種で集めておきます。

20140728_14実の重さを量ったら、鍋に移し、実の重量の1/3~40%くらいのグラニュー糖を掛けてフタをして一晩おきます。

20140728_15タネの方も洗って乾かしておきます。

20140728_16結構硬いです。

20140728_17数時間経つと水分が出てこんな風にヒタヒタになります。甘くていいニオイです。翌朝これを火に掛けて丁寧にアク取りをしながら煮ていきます。

その間に種を割って、中の杏仁を取り出します。

20140729_01こんな道具を使います。水道用のプライヤーと聞いてます。刃を2段目に設置。

20140729_02杏の種はこんな風に平べったくなっています。

20140729_03父曰く、この向きで挟むのが一番良いそう。これを見つけるまで、沢山つぶしましたが、今回3回目なので、一番良い角度を会得したそう(それでも手を挟んだりするんですけど・・・手袋推奨)。

20140729_04中身をつぶさないように気をつけながら割ると、こんなふうにカッチカチに硬い種が割れ、中からアーモンドのような仁(にん)が出てきます。これが杏仁です。杏仁(きょうにん)は咳止めの漢方薬なんですよ。

マジックインクのようなニオイがします。

写真のために出しましたが、飛び散るので、ポリ袋の中で割っています。

20140729_05今回は1つもつぶすことなく、全部取り出せた・・・と自慢されました。

これをお湯でさっと茹でて・・・という所を撮ろうとしていたのですが、ちょっと席を外している間に母はさっさと茹でてしまっていました。coldsweats01

20140729_06しょうがないので、皮を1枚拾って一緒に撮影coldsweats01 ゆでると薄皮がつるんと簡単に剥けます。薄茶色のやつね。で、ゆでると生のときの青臭さみたいのが取れて、アーモンドエッセンスのような独特のニオイがします。

しかし杏仁豆腐のレシピは、よくアーモンドエッセンスで代用するけど、似てるというだけで、杏仁はやっぱり杏仁のニオイなんではないでしょうか。生のアーモンドのニオイをかいだことがないので、確信は持てませんが・・・。

20140729_07それを、煮詰まってきた杏ジャムの方に投入します。

20140729_08混ぜ混ぜ。

アクも出なくなって、トロミも付いて来たので、ここらで出来上がりとしました。

20140729_09熱湯消毒してあった瓶に詰めて完成です。

20140730_01均等に詰めたつもりが、この瓶には杏仁がいっぱい入っちゃいました。

bread cafe restaurant

ついでに、杏仁豆腐の本来の作り方も検索してみたのですが、乾燥した杏仁が手に入るところまでは分かったのですが、その後どうするのかはイマイチよく分かりませんでした。

生の場合は茹でて皮を剥いたところで、すりつぶして・・・水で伸ばす?白くなるかな?それとも温めた牛乳に少しだけ投入して香りをつけるだけなんでしょうかね(入れっぱなしか、出しちゃうのかも不明)。乾燥しているものは、薄皮が付いたままなので、どこかのタイミングで剥かないと白くなりませんわ・・・。

杏仁豆腐(シンレンドウフ)で検索しても、アーモンドエッセンスを使用するものばかりでした。本物の杏仁は、滅多に手に入らないもんね。

2014年8月21日 (木)

ココログあるある

久しぶりの更新で張り切って記事を書き、保存ボタンを押したら・・・、

20140821

wobblywobblywobbly もうどこを押してもダメ~sad いきなり飛ぶよりはいいけどね(それも経験済み)。

この直前には、スクリプトが原因でcocologが反応しませんとか出ていたんで、恐る恐る停止ボタンとやらを押しました。

おかげで、テキストだけは救出できた(1行ずつコピペですよ)ので、気を取り直してまた書き(貼り付け)ます。

pencil

対策としては、こまめに下書き保存する・・・と分かってはいたんですがね・・・。

pc

pen

※追記:テキストは貼って、絵文字は貼り直せばいいとして、写真が面倒でした。ココログは、一度アップロードすると「マイフォト」という特殊フォルダに入ってしまい、記事の方が消えてもそれは消えないので、再び同じ写真をアップロードしてしまうと、重複してしまいます。上書きならいいけど、勝手に新しいファイル名を付けられて、同じ写真が並ぶことになります。上限あるフォルダ容量に影響するので、編集でhtmlタグを利用し、既にアップロードしてあるファイル名を入力するのですが、フォルダ名はアップロードした今日の日付になっているため、1つのタグにつき、全部で5箇所いじくりまわしてようやっと無事に表示!です。

(…/images/2014/08/21/20140729_01.jpg")←前半がアップロードした日付、後半が画像のファイル名 コピペして貼ってもファイル名を1つずつ手直しです・・・。

もっと賢い方法ありますかね。マイフォトの写真を一度全部消して、再度アップロードしなおしでもいいですけど、1枚UPするのに結構時間がかかるので、タグをいじるのとほぼ同じ手間かなあと。前にもやってみたけど、削除に時間がかかるのか、ファイル名が変えられてしまったことがあったし。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

注目の本

無料ブログはココログ